FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


チャイコフスキーの交響曲は、「マンフレッド交響曲」を含めると計7曲あるのですけど、
1番~3番までとマンフレッドは
うーーーん、正直人気はあまり無いですね・・・・
(最近の自分のブログでも書いた通り、私は1番「冬の日の幻想」はとても好きです・・)
最後の6番「悲愴」の人気がずば抜けて高く、
そして次に人気なのが5番、そして4番・・・・という順序なのかな・・・・
実際、チャイコの交響曲は、生演奏会では6番と5番の演奏頻度はずば抜けて多いですよね。
ま、だけど古今東西の人気ランキング・CD発売枚数・演奏会での演奏頻度は
多分6番「悲愴」が頭一つ抜けているというイメージがありますね。

私個人の好みでは・・・・

うーーん、交響曲は第5番が圧倒的に大好きですね・・・

勿論6番「悲愴」も嫌いではありません、いやいやむしろ好きな曲の部類に入ると
思います。
だけど6番は、指揮者の解釈や表現方法によって感じ方は全然異なってくるのですけど
どうも聴いていて後味が悪い・・・・
呟くような出だしと中間部で俄然オケが咆哮する第一楽章もいいし、
「死の行進曲」みたいな第三楽章も素晴らしいと思います。
だけど第四楽章がどうも後味が悪い・・・・
「死」をイメージした交響曲というと、マーラーの9番がありますけど、マーラーの場合
どちらかというと「死を全て受け入れる・・」とか「諦念」みたいな感覚が濃厚のようにも私には
思えます・・・
だけどチャイコの「悲愴」は、聴いていてすっきりしないというか
「ううーーーん、それでは自分は何のために生まれてきたのだ・・・」みたいな「この世への未練たらたら感」が
あまりにも顕著過ぎるような気もするのですよね・・・

ま、確かに「悲愴」は類稀なる名曲である事には全然変わりはないのですけどね・・・・

何か話が「悲愴」にばかりいってしまいました・・・・

前述の通り、私はチャイコフスキーの交響曲は
何と言っても5番が大好きですね!!

あくまで個人的な感覚なのですけど、
チャイコフスキーの音楽って何となく「死」を漂わせる何かがあるような気もします・・・
ま、それを最後の最後で開花させたのが「悲愴」なのかもしれませんけど・・・・・
うーーん、「死」というのかな・・・
何か「愛する二人は現世ではその愛を育むことが出来ない・・・・その愛を具現化させるためには
あの世へと旅立つしかない・・・」とか
「この世では結局理想を語る事も実現化させる事は何もできない・・・、だからいっその事あの世で・・・」みたいな
「死のエコー」を感じさせるのですよね・・・
それを強烈に感じさせる部分は、
あくまで個人的な感覚なのですけど
バレエ音楽「白鳥の湖」~終曲であるとかピアノ協奏曲第一番第一楽章であったりとか
交響曲第5番第二楽章であったりするのですよね・・・・

チャイコフスキーの交響曲第5番は、音楽史的には
大事なキーワードは「循環主題」なのかな・・・・

第一楽章冒頭でいきなりクラリネットがこの交響曲の「基本テーマ」とも言うべき主題を陰鬱に
吹くのですけど
この基本テーマは、その後第二楽章でも表れ、第四楽章でも冒頭やラストのコーダの大団円部分でも
再現されています。
つまり「一つのテーマ」が曲全体を循環するように貫き、全楽章を統一する要素になっているから
「循環主題」とも言われているようですね。
この循環主題が顕著に表れている曲の代表例は、フランクの交響曲なのかな・・・・
第二楽章の聴きどころは何と言っても
ホルンの長大なソロですね・・・・あの美しさと陶酔感とはかなさは、チャイコフスキーが残したメロディーの中でも
特に群を抜いた素晴らしい部分だと思います。
第二楽章では木管楽器も全般的に素晴らしい働きぶりを見せているのですけど
特にオーボエの美しさは絶品ですね・・・
ホルンとオーボエの掛け合いの部分は何度聴いても背中がゾクゾクとします・・・
だけど美しくはかない第二楽章も、結構唐突に金管楽器の咆哮の中に打ち消されてしまう部分も
あったりします。
第三楽章は、第一と第二楽章の暗い感じをさーーっとうちはらうかのような
すがすがしいワルツが唐突に開始されます・・・・
最初にチャイコの5番を聴いた時、この第三楽章の唐突なワルツに随分と戸惑ったものですけど
あれは・・・・
うーーん、何て言うのかな・・・・
「人生には深刻さと甘さが同居している・・・」みたいな事を意図させたのかな・・・・??
ても第二楽章までの陰鬱な雰囲気は第三楽章によって霧がさーーーっと晴れるように打ち消され
いよいよ第四楽章の行進曲みたいな大団円が始まります。
この楽章は一旦終わるような感じになるのですけど
瞬間的な間があって、次の瞬間に「コーダ」の部分で力強く華麗で生きる喜びに溢れた
「大団円的行進曲」が開始され、
第一楽章冒頭の陰鬱なテーマを
終楽章では力強く明るく華麗に再現させていきます。

この交響曲第5番の面白い所、気に入っている所は何なのかな・・・・

やっぱり第一~第二楽章と第三~第四楽章の対比なのかな・・・・
同じ「基本主題」を扱いながらも片方は陰鬱に、そしてもう片方は明るく華麗に力強く・・・・という風に
使い分けている事がとても面白いと思います。
そして何かそれは、
「幸せと不幸は縄目のごとく交互に訪れる」とか
「幸せと不幸は二つで一つ」とか
「人生、悪い事ばかりではない・・・、いい事もたまには起きる・・・」みたいな事を
メッセージとして伝えたかったかのようにも私には聴こえてしまいます・・・・
(ま、これはあくまで私の感じ方なのですけどね・・・・)

それにしても第四楽章は、本当にまさに「大団円」ですね・・・
曲全体をとてつもない「幸福感」が貫いていると思いますし、この楽章だけを聴くと
「生きる活力」とか「明るい希望」みたいなものを感じてしまいますね・・・
ま、実際はそこに至る過程が色々とあったのですけどね・・・(苦笑・・・)

「深刻さと明るさの対比」・・・・、チャイコの5番はそうした意味合いの曲にも感じられるのですけど、
例えば同じくロシアの作曲家のショスタコーヴィッチにもそうしたエコーは感じ取ることが
出来ますよね・・・・
例えばショスタコの交響曲第9番何かそんな例の典型なのかもしれません・・・・
第四楽章でファゴットが哀しげに呟いていたのが
第五楽章に入ると一転して明るく陽気なメロディーへと転化され
いままでうるうると泣いていたのに突然
「なーんちゃって!!、だまされてるんじゃないよ、パーカ!!」みたいにアッカンベーされているような
気持ちにもなったりもしますけど、
それと同じような感覚がチャイコフスキーの交響曲第5番にもあるのかもしれませんよね。

この曲は、正直CDよりも生の演奏会で聴く事をお勧めします・・・・
あの感覚は、正直ライヴでないと中々理解できないかも・・・・
個人的にチャイコの5番で一番感銘度が高かったのは
佐渡裕指揮/新星日本交響楽団と
小林研一郎/日本フィルの演奏でしたね・・・・
特に1996年の佐渡さんの演奏はまさに「神がかり」の感動的な演奏でした・・・・
CDで聴く場合
お勧めの盤は二つほどあります。
一つは、バーンスタインのニューヨークフィル
(このCDはカップリングの幻想序曲「ロメオとジュリエット」も素晴らしい出来・・・・!!)
もう一つが1990年のサントリーホールでのライヴ演奏を収録した
スヴェトラーノフ指揮/ソ連国立交響楽団ですね。
スヴェトラーノフの演奏では、特にオーボエの音色はまさに奇跡的としか言いようがない素晴らしい音色ですし
ライブ感満載の「生命力とスピード感の切れ」は最高ですね!!

最後に邪道かもしれませんが、
この曲を吹奏楽にアレンジし、全国大会で演奏した例から
1975年の秋田南高校の演奏もある意味凄いです・・・・
ま、アレンジが少しとんちんかんな部分もあり、
コーダの部分でなぜか小太鼓のロールが加わったり
原曲には無い大太鼓・シンバル・グロッケンが出てくるのは、ま、ご愛嬌ですね・・・・(苦笑・・)
だけどこの演奏、全体的に演奏がとても生き生きとしていて
いかにも「生命感溢れる演奏」というのか「生きる事を全面的に肯定した演奏」とも
言える事が出来ます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1752-5710d132
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |