FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ数年の吹奏楽コンクールって圧倒的に邦人オリジナル作品に人気が集中する傾向にありますけど、
邦人作品・オリジナル作品・アレンジ物と
バランスとしては中々良いものがあり、
例えば1991年の全国大会・中学の部で見られたように
特定のクラシック作品のアレンジ物に人気が集中している感じではないから
これも一つの時代の進化なのかな・・・と思ったりもします。
私が中学生だった1970年代後半~80年代前半は、
比較的、ワーグナー・ヴェルディ・チャイコフスキーといった重厚なアレンジ物に人気が集まる傾向に
ありましたけど、
1991年の頃は、レスピーギ・ドビュッシー・ラヴェルあたりに人気がかなり収集していましたね。
この年、1991年の自由曲をよく見てみると
「ダフニスとクローエ」第二組曲が何と計6チーム、ストラヴィンスキーの「火の鳥」が3チーム、
レスピーギの「ローマの祭り」が2チーム、オッフェンバック=ロザンタールの「パリの喜び」が2チームと
かなり選曲の被りが生じていますね・・・・
というかダフクロにこんなに人気が集中してしまうのは何かある意味異常と言うのか
「何か他にいい曲無かったのかな・・・」
「演奏効果が高いし人気曲だからついつい選びやすいのかな・・・」
という感じもしますし、
何よりも6団体も同じ自由曲を聴いてしまうと
正直どれもこれも皆同じような演奏&解釈に聴こえてしまいます・・・・
そんな中、6チームで唯一金賞を獲得した出雲一中の演奏は群を抜いていましたね・・・・
あれは本当に文句の付けようが無い演奏だったと思います。

でもこの年は吹奏楽オリジナル曲はあまり演奏されませんでしたね・・・・
アルメのパートⅠと神話とチャンスの二番だけですからね・・・・
残りが全てアレンジ物・・・・
やはり選曲のバランスは極端に悪い感じがしますね・・・・


〇中間東中学校

 A/ダフニスとクローエ第二組曲

 このチームは90年から92年まで3年連続して全国大会に出場していますけど
 良い意味でも悪い意味でも「強烈な個性」を感じさせてくれています。
 というかかなりクセが強いチームですし、
 正直好き嫌いも評価も分かれると思います・・・・
 前年度90年の「海」第一楽章は、ホントまじで奇妙奇天烈な表現のオンパレード・・・・
 あれは・・・・うーーん、「珍演」の部類ですね・・・(苦笑・・・)
 92年の「イベリア」は何よりもソロ楽器の音程不良がかなり全体の印象を悪くさせています・・・
 正直、90年と92年の銅賞は、至極当然としか言いようがないのですけど
 この年、1991年は全然別の顔を見せてくれています。
 本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれ、同時に「これが自分達の音楽!!」というものを
 間違いなく普門館の聴衆に伝えていたと思います。

 課題曲は、こんな難解で意味不明な「斜影の遺跡」をかなり明確な形でアプローチしていました。
 冒頭からして
 「あれ、何かこのチームは他とは何かが違うな・・」と漂わせていましたし、
 序盤で金管楽器が咆哮する際に、トランペットセクションが全員ベルアップをしていましたけど、
 これは演奏効果云々と言うよりは視覚的効果としては
 抜群のものがあったようにも思えます。
 土気中の課題曲Aのように曲の隅々まで「積極的姿勢」がガンガン伝わり、
 決して気楽には聴けないけど何か気合が入りまくった課題曲だったと思います。
 自由曲のダフクロもかなり気合と気持ちが入った演奏・・・・
 前述の通り、この年はダフクロは計6チームも演奏していましたけど
 結果として金賞は出雲一中のみ・・・、残り5チームは全て銀賞でしたけど、
 個人的な感想としては、銀賞5チームの中では一番印象に残る演奏を聴かせてくれていたと思います。
 夜明けのひそやかさ、森のさえずりの中から徐々に夜が明け霧が晴れていく様子を
 大変音楽的にスケール豊かにたっぷりと感情をこめて演奏をしていたのは
 とても素晴らしかったと思います。
 全員の踊りも、隅々までコントロールが効いていて、細かいところまでよく気を使った
 見事な演奏だったと思います。
 ま、部分的にテンポをヘンにいじくったり、急激な音量変化を見せたり 
 たまにヘンな表現もあったりはしましたけど、
 課題曲・自由曲共に「奏者のガッツ」で全てを乗り切ってしまった・・・・
 そんな印象すらあります。

 私は「もしかしたら金賞かな・・・」とも思ったのですけど
 やはり審査員の評価も分かれてしまったみたいで銀賞に留まり、少し勿体ないな・・とも
 思ったものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1743-5d1c160e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |