FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1991年の吹奏楽コンクールは支部大会も全国大会もこれまで一度も語った事が
ありませんでしたね・・・
うーーん、何でかな・・・
この年の課題曲があまり好きではなかった・・というのが一番の理由なのかな・・・??
前年度の課題曲が、ランドスケイブ・カタロニアの栄光など素晴らしいものが粒揃いだったのに対し
この年は何となく不作・・・・
課題曲A/斜影の遺跡は、いまだに理解不能な曲だし、課題曲B/コーラルブルーはとにかく鳴り過ぎの曲だし
課題曲C/ロックンマーチは、この曲のどこが「ロック」なのかいまだによく分からないし
課題曲D/そよ風のマーチは、関西人風に突っこむと
「この曲のどこがそよ風よねん・・・どーみても台風やあらへんか・・・」という感じだし
何かどの課題曲もしっくりこないのですよね・・・・
また中学の部の自由曲は「ダフニスとクロエ」ばっかりだし・・・・(苦笑・・・)
だけどこの年は、土気中の「シバの女王ベルキス」と
埼玉栄の「・・・・・・・・そしてどこにも山の姿は無い」の
歴史的名演を生んだ年でもありましたね。


〇宇品中学校

 D/サルタン皇帝の物語

 うーーーん、典型的なプログラム一番の悲劇という感じでしたね・・・
 やはり普門館の朝一番の演奏は辛そうですね・・・
 多分普段の練習の1/4も発揮できないまま、終わってしまったようにも思えます。
 多分吹いている本人たちも
 「あれれれ・・、普段と全然違う・・・」
 「まずい・・・、これは非常にやばい・・・」
 「何とか修正しないと・・・」と本番中に動揺している間に課題曲も自由曲も終わってしまった・・・・という
 感じが濃厚ですね・・・
 このチームは、1986年の「三つの夜想曲」~祭りと翌年の「海」において
 大変精密でチャーミングで可愛らしい素敵な演奏を聴かせてくれましたし
 翌年と翌々年の素晴らしい演奏を聴く限りでは、
 この年の不調はたまたまという感じなのだと思います。
 やはりプログラム一番は中学生にとってはシビアすぎますね。
 どうなのかな・・・・
 ハンディを与えるという訳ではありませんが、
 プログラム一番のチームに限って、舞台上で3分程度チューニングとか自由な音出しをしてもいいという 
 特権を与えても全然OKのような感じもしますけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1740-d97f911e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |