FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇東海ウィンドオーケストラ

 D/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

 このチームは後年「プリモアンサンブル東京」と名称を変えていますが、
 元々は東海大学吹奏楽研究会のOBの皆様が母体であると思われます。
 東海大学吹奏楽研究会を長い間指導された上原圭詞先生が、OBチームの方も引き続き
 指導されていたようでして、
 東海大学の方はその後上原先生は勇退されても、引き続き、OBチームであるプリモ東京を
 上原先生は30年近くも一人で指揮され続けていますけど
 一人の指導者がこれ程長期間同じチームを指導され続けている事は珍しい事であり、
 それを続けられている上原先生に心の底から敬意を表したいと思います。
 特に最近は、プリモ東京は1980年代後半に都大会に出場していた頃以上の
 確かな技術と豊かな音楽性、そして何よりも上原先生の独特のアクの強い解釈を見せてくれ
 都大会でも素晴らしい演奏を今でも聴かせてくれることに
 本当に頭が下がる思いです。

 私自身、何度もこのブログで書いている通り、
 大学時代は、何とか都大会予選を突破し、普門館で開催される都大会本選に何とか出場したい・・・
 駒澤・中央・青山学院・亜細亜は無理としても
 何とか東海を撃破して、うちの学校が本選に出たい・・と4年間思っていたのですけど
 結果的に叶わぬ夢になってしまいました・・・
 だけど個人的な事を言うと、
 何度か書いている通り、私、上原先生が指揮された頃の東海大学のアクの強い演奏が
 大好きだったのですよね・・・
 花輪高校みたいな超マニアック路線でもあるし、
 当時としては珍しい邦人現代音楽を取り上げた事もあるし
 マクベスみたいなオリジナル路線の時代もありましたけど
 いずれも上原先生の独特の解釈とその深い音楽性は大変魅力的なものがありました。

 1980年代の東海ウインド(現・プリモアンサンブル東京)は、
 東海大学に比べると、
 ロメオとジュリエット・ハーリ=ヤーノシュ・ハムレットへの音楽などのように
 比較的正攻法というかスタンダードな選曲をされていたのは
 少し意外な感じもありましたけど
 少しというかかなりの変化球をピュンピュン放り投げてくる東海大に比べて
 東海ウインドの方は比較的「直球勝負」という印象も何となくありました。

 この年の課題曲はD/ムービング・オンなのですけど、
 実は都大会で唯一の課題曲Dでした。
 この「ムービング・オン」はある意味とてつもない名曲だと思います・・・・
 だって曲想はもろにポップスなのですけど、
 感じとしては、スロー&ダンスという感じもしますし、シンフォニックジャズと言う感じもします。
 優雅な雰囲気もあるのだけど、やっぱりポップス調という感じもしますし、
 聴いていて飽きる事は無いとても魅力的な曲だと思います。
 全国大会でも課題曲Dを選んだチームは極めて少なく、計4チームくらいだったかな・・・・
 ほとんどの方は「ムービング・オン」というと淀川工業か出雲第二中学校を推すと思いますが
 私の趣味では永山南を推したいと思います・・・・
 だけど「隠れた名演」としては、この東海ウィンドを推したいですね。
 というのも上原先生がこうしたポップス系の曲を選択する事自体珍しいし、
 何よりも演奏が実に自由自在・変幻自在・百面相というくらい音楽が大変生き生きと躍動していて
 メンバーの自発性をうまく誘導していたような気もします。
 だけど自由曲は、意外と表現が固くなってしまい、課題曲で見せてくれた「自発性」が少ししぼみ
 音は少し固いし、表現が少しぎこちない印象を受けてしまったのは
 惜しまれます。
 
 だけど全体としては全国大会でも十分に通用する演奏であり、
 このチームを銅賞にするならば
 むしろ葛飾の方が銅にした方が良かったような気さえします・・・・

 余談ですけど、確か1992年だったかな・・・・
 確か銀座周辺で開催されたこのチームの定期演奏会を聴きに行ったことがありますけど
 その時のメインがグールドの狂詩曲「ジェリコ」でした。
 ジェリコはたまにコンクールでも耳にしますけど
 それはあくまでカット版です・・・
 ジェリコのノーカットの演奏は実はほとんど聴いたことがないというか
 この東海ウィンドの定期演奏会で聴いたのが唯一の経験です・・・・
 だけどあのジェリコ素晴らしかったな・・・・
 特にラスト近くの城壁崩壊のシーンの打楽器・金管のノリノリさは「お見事!!」の気持ちで
 一杯でしたね。

 プリモ東京は今年の都大会は、ま、ちと残念な結果でしたけど
 来年以降も是非素晴らしい演奏を期待したいですね。
 そして出来れば再度全国大会で指揮される上原先生の雄姿を拝んでみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1722-3d332113
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |