FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


〇乗泉寺吹奏楽団

 E/シンフォニック・ラプソディー(鈴木憲夫)

 乗泉寺が全国大会で3年連続金賞を為しとげた際の自由曲は
 ローマの祭り・ベルキス・ディオニソスの祭りとかなり鳴る曲だったのですけど
 (ま、ベルキスは第三曲・暁のベルキスを中心に構成していましたので、比較的しっとりとした印象は
 ありましたけどね・・・)
 この頃の乗泉寺は比較的地味な選曲をし、内省的な演奏を目指しているというイメージがありました。
 前年度の保科洋の「バストラーレ」も
 かなり地味でおとなしい曲を静かに吹いていた光景が
 後の乗泉寺豪快な演奏と全く対照的でもあり、何かそのあたりも大変興味深いものがあります。
 要は指揮者の時任氏が、
 「うーーん、こうした地味な曲を控えめに演奏してもコンクールではインパクトに欠けてしまうし
 全国大会という次のステップに中々つながらない・・・」と判断したのかな・・・
 1991年以降は、このチームはガラッと方向性を変えてきたようにも思えます。

 この年の自由曲、鈴木憲夫の「シンフォニックラプソディー」は
 これまた「地味」を絵に描いたような曲ですし、
 コンクールで演奏する曲としては極めて印象度が薄い曲のようにも感じられます。
 この曲は1983年にも天理高校が自由曲に選曲し、
 結果的にスカ金で終わり、
 名門・天理としては初めて「関西大会予選落ち」という結果になってしまいましたけど、
 何かそれも原因はこの選曲にあったような感じもします・・・・
 
 この曲、地味だけど表現は中々難しそう・・・

 だけど聴く方はとてつもなく退屈で判断に迷いそうな内容の曲です・・・・

 当時リアルタイムで聴いていた立場として言わせて頂くと、
 「うーーーん、何か眠くなってきそうな音楽・・・、だけどこういう曲をここまで音楽的に仕上げてくる
 このチームとこの指揮者は凄い・・・」と感じずには
 いられませんでしたね。
 ついでに書くと、1990年の自由曲、
 ヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」の中で、あの地味で退屈極まりない
 第三楽章を持ってきましたので
 やはりこのチームは只者ではない・・・・
 (第四楽章・行進曲で多少鬱憤は晴らしていましたけど・・・)
 

〇葛飾吹奏楽団

 A/火の鳥

 翌年は同じくストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を選曲していましたので
 結果的に2年連続でのストラヴィスキーという事になります。
 だけど2年間このチームのストラヴィンスキーを聴いた者の感想としては、
 「細部ぶっ潰れ・・・」という印象でしたね・・・

 聴いていてもとにかく木管セクションの指が廻っていないというか
 消化不良気味がとにかく気になって気になって仕方がない感じがありました。
 終曲はかなり豪快に鳴っていただけに
 何か少し惜しまれるというか残念な演奏でしたね・・・・

 個人的には、このチームを銀にするなら
 東海ウインドのD/ハーリ・ヤーノシュを銀にした方が良かったような気もします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1717-115782f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |