FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1987年当時、
前年度に「サントリーホール」という日本が世界に誇るべき最高水準の音響を誇る素晴らしいホールが
誕生したものの、
この頃はどちらかというと、サントリーホールは外国オケが来日した場合とか
国内オケでも何か特別な記念コンサートが
サントリーホールで開催される演奏会でしたので、
現在のように、普通に都内のオケが普通に定期演奏会とかプロムナードコンサートで
使用されるようになるなんて、
当時としては、あまり予想は出来ませんでした・・・・
だって、あまりにも立派なホールでしたので
「ここのホール、使用料相当高いのだろうな・・・・
こんな素晴らしいホールを都内の貧乏オケが日常的に使用できないだろうな・・・」と思ってはいたのですけど
一度サントリーホールでの素晴らしい残響音に耳が慣れてしまうと
やはりあのあまりにも音響が悪い上野の東京文化会館とかNHKホールの貧弱な音響では
指揮者も楽員も何よりも聴衆も
「もう無理・・・」と思ってしまうのかもしれませんよね・・・・

私が大学生をしていた頃、
都内のオケは、
N響・日本・新日本・東京・東京都・東京シティ・東京フィル・読売・新星日本と実に9つも
オケがあったのですけど、
N響以外は、ほとんどのオケの定期演奏会は
東京文化会館でしたからね・・・・
だけど東京文化会館の改修前の残響の悪さは、ホントあまりにもひどかったですね・・・・(苦笑・・)

吹奏楽コンクールというとどうしても「普門館」というのが
私の凝り固まったイメージなのですけど
あの場所では二度と開催できないのはとてもさみしいものがありますよね・・・
普門館って
残響音が良いのか悪いのか
正直今でも判断に迷う時があります・・・・
5000人収容の大ホールなのですから
音の広がりはとてつもないものを感じます。
だけど元々が音楽ホールとして設計されたものではありませんし、
あくまで宗教施設ですので・・・・・(苦笑・・)
広がりはあるし残響音も申し分ないけど
サントリーホールみたいな「凛とした森の響」という訳にはいきませんよね・・・・


〇東京正人吹奏楽団

 A/交響的舞曲第3番

 ここの指揮者の方は確か鈴木正人氏という方だったと思いますが
 吹奏楽団の名前は、この指揮者に由来するっていう事は
 まさかないですよね・・・・・??
 確か鈴木先生は現在でも明大明治高校を振られていましたね。
このチームは、全国にも何度か出場し、現在も都大会に出場し続けていますね。
 あ、でも最近確か名称が
  Tokyo StackArt Wind Ensembleに変わりましたね・・・・
 確か指揮者も鈴木先生から別の方に変わっていたようですね。
 このチームは一度、品川のきゅりあんで開催された定期演奏会を聴きに行ったことが
 あるのですけど、
 まー、とにかく凄い大人数の一般チームですね・・・・
 音量もすさまじいものがありました・・・・

 1987年がこのチームにとって初めての都大会になった訳ですけど
 当時の自分の記憶では、
 確か演奏人数は40人前後の少人数だったと思います。
 このチームは数年であっという間に巨大編成になっていましたね・・・・

 結果的にこのチームは初出場のこの年から1996年までは
 毎回毎回出場すると「銅賞」という評価を受けていましたけど
 決してこれはこのチームが下手くそとか技術が劣るという訳では全然なく
 むしろ毎年毎年高度な技術と自分達の方向性をしっかりとアピールできたチームで、
 これは都大会の一般の部のレベルの高さと
 金・銀・銅を相対評価として正確に配分していた結果なのだと
 思われます。

 この年の初出場の年は
 楽しさは溢れていたけど、
 何か「すっきり感」が今一つだったような印象もありますね。
 当時は大編成ではないから、誰か一人がミスるとそれが即全体にサウンドに
 影響を与えてしまうような感じで
 多少「線が細い」というサウンドではありましたので、
 その辺りがすこし「頼りない・・」という印象を与えたのかもしれませんよね。

〇豊島区吹奏楽団

 A/ローマの祭り

 前年度、まさかの都大会銅賞で全国大会に進めなかったので
 相当気合が入っている感じの演奏でした。
 ま、だけど前年度はプログラム一番というのがかなり影響したのかもしれませんよね・・・
 でも私はとても素敵な「海」だったと思います。

 でもこの年は・・・・・

 指揮者の八田先生としては珍しい部類だと思うのですけど
 毎年毎年八田先生の厳格なコントロールが高度に機能しているチームなのですが、
 ま、「ローマの祭り」という大音量&派手な曲を選んだせいもあるとは思いますが、
 とにかく印象としては「とにかく音量がすさまじく大きすぎて八田先生をもってしても
 制御不能に陥った・・・」という感じでしたね・・・・
 聴いていて、「よく鳴っているな・・・」とも思うのですけど
 明らかに鳴らし過ぎ・・・・
 全体として機長を失った飛行機がコントロール不能となって
 普門館を彷徨っているようなイメージ・・・・

 確か、この当時の人数は何と・・・・90名を多分超えていたと思います・・・
 (現在においては、一般の部には人数制約が設定されています・・・)
 ま、確かに多過ぎですね・・・・(苦笑・・)
 吹奏楽団の場合、当然ながら全員「管楽器」で構成され
 これだけ人数が多いと響自体が「生の音丸出し・・・」みたいな感じになって
 サウンドが大変生々しいむき出し状態になってしまうのですよね・・・・

 結果的に都大会代表となり全国にも行ったのですけど
 評価はやはり銀でしたね・・・
 1987当時、全国の一般の部で、
 やはり「ローマの祭り」を自由曲にした山口ブラスソサイェティが
 豊島とは対照的に極めてコントロールが徹底され、清廉な響きを出していたのとは
 全く対照的な感じでした・・
 
 ま、翌年は「ダフニスとクロエ」第二組曲で
 いつもの繊細でコントロールが徹底された八田先生=豊島のサウンドに戻るのですけどね。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1709-05e6bdcb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |