FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


私が初めて都大会を聴いたのは確か1985年だったと思います・・・
当時は上京して2年目でしたけど、
最初の年は埼玉県大宮市に住んでいて、二年目以降に都内に住みついたから
実質的にはこの年が「都内での一人暮らし」のスタートの年でした。
上京して最初に戸惑ったのは、都内の地下鉄の種類の多さと乗り換えの複雑さ・・・・
私が仙台に住んでいた頃は、まだ地下鉄すら無く、
移動の主流はバスと言う大変遅れた地域でしたので、
メトロ系地下鉄・都営地下鉄・JR・私鉄などが複雑に入り組んだ都内は
当時の自分にとっては「すごい・・・、仙台では絶対にありえない光景・・・」とホントまじで
「お上りさん感覚」一直線でしたね・・・・(苦笑・・・)
だって、当時、例えば「小田急線」一つとっても
普通・快速はいいとしても
急行・特別急行は「乗車する際は急行代金を別途払う必要があるに違いない・・・」と勝手に思い込み
急行には絶対に乗車しなかったとか
JRの中央線の中には、「特快」というものがあり、
普通の中央線は新宿の次は中野なのですけど、三鷹まで停車しない種類のものもあるとか
その辺は全く分からず、
その度に廻りの吹奏楽部員とかバイト先のおねーさん達とか
チアガールの人達に色々と教えて貰い、その度に
「やーねー、ホントこれだから地方出身者は・・・」みたいな視線も感じたものです・・・・(苦笑・・)
あ、そうそう何でチアガールが出てくるかと言うと、
うちの大学の吹奏楽部は、一応構成上は、何と「応援団」直結ということになっていて
正式名称は、確か「〇〇大学応援団吹奏楽班」という名前だったかな・・・??
そして応援団の下部組織として、吹奏楽班とチアガール班が組織されていたと思います・・・

話がそれました・・・・

初めて普門館で開催される全国大会や都大会を聴きに行った際も
普門館の最寄駅の「方南町駅」までの行き方がよく分からず、
チアガールのお姉さんに聞いたところ、
「新宿駅から丸ノ内線に乗り換えて四つ目が方南町」と教えて貰ったのですけど
ま、都内に住んでいる方はピンとくるかもしれませんが、
確かに新宿から四つ目なんですけど、
新宿から次の駅の「中野坂上」で降りて、同じ丸ノ内線系列の「方南町線」に乗り換えて
更に三つ目が方南町駅ですので、
当時そうした細かい事がよく分からない自分は、
新宿から中野坂上で降りないで、四つ目の「新高円寺」で下車し、
「あれれれ、ここはどこ・・? 私は誰・・・??」みたいなミステリーゾーンに入り込んだような
感覚に陥った事は
今となっては何だか懐かしい思い出ですね・・・・(苦笑・・)
ちなみに昔は、新宿駅から次の駅は中野坂上でしたけど、
現在は、新宿と中野坂上の間に「西新宿」という新しい駅も出来ています。

大学2年から中野区に住んでいたのですけど
ある日思ったのですけど、
中野から方南町に電車で行くとすごーく迂回してしまうけど
よくよく地図を眺めていると、中野駅と方南町は意外と近距離・・・
「なーんだ、これなら自転車でも行けるじゃん・・・」という事にやっと気が付き
それ以降は自転車で普門館まで行くようになりました・・・・


〇豊島第十中学校

 A/ディオニソスの祭り

 オールド吹奏楽ファンの方ですと「豊島第十中学校」という名前を聞いただけで

 「懐かしい・・・」
 「1960~70年代の中学校の部で、関西の今津中学校(兵庫県)と共に大変な名門チームとして
 名をはせ、当時の中学の部のリーダー的存在として牽引し続けた・・・」
 「1966年のエルザの大聖堂への行列は歴史に残る名演」
 「西の得津先生、東の酒井正幸先生」
 「とにかく伝説的名演を数々残した・・・」
 「今津は、下品でどこがわるいっちゅーねん!!みたいな比較的ワイルドな演奏をしたのに対し
 豊島は終始洗練され上品な演奏を聴かせた」

 などといった感想が出てくると思います・・・

 私自身の中学自体は1970年代~80年代前半ですので、やはり「豊島十中」というと
 とにかく「神様」のような存在でしたね・・・・
 
 そんな伝説のチームも、酒井先生の勇退後は没落の一途をたどり、
 1984~85年は全国大会銅賞、86年は予選落ち・・・
 そんな経緯をたどって、この年2年ぶりに都大会に臨んだのですけど
 結果は・・・・

 うーーん、コメントの仕様がないほど「残念な」演奏となりましたね・・・
 
 やっぱりかつての全盛期の豊島を知っているだけに
 こうした演奏はあまりにも痛い・・・・痛すぎる・・・
 やはり「栄光と実績は永久ではない・・、栄光に一度到達すると必ず転落する時期はくる・・・」
 みたいな事を実証する演奏になってしまいました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1701-879da7c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |