FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1987年というと俗にいう「バブル絶頂期」の直前の時代・・・
だけど当時の感覚としては「景気が良い」という意識はあまり無く
どちらかと言うと、1985年の「プラザ合意」に端を発する「円高不況」という感じの方が
強かったかな・・・・
1987年と言うと、就職活動の時期でもあったのてすけど、
印象としては「まだまだ大変・・・」という感じでしたね。
就職活動が「超楽勝」とか「誰でも簡単に2~3社程度は三日以内に内定は貰える」という
夢の時代は、自分達の世代の二つ後の年以降の話ですね・・・
だけどここ数年の学生さん達の「超氷河期」とか
大学3年の時から既に事実上就職活動が開始されているみたいな相当シビアな状況でも
ありませんでしたし、
ま、時代がまだのんびりとしていましたし、
現在のようにパソコンも携帯もメールもラインも何もない時代でしたので
少なくとも現在のような「世知辛い感じ」とはほど遠く、
何かまだ「人間の感性」みたいなものが優勢という時代でもありましたね。

だって自分とか周囲の仲間のような「ポンコツ学生」でも普通に1~2週間程度
企業説明会~面接とこなしていれば
そんなに重度な問題がなければ大抵は1~2社程度はすぐに内定をもらえたものでしたし、
むしろ複数企業の内定を頂いた場合、どうやって本命企業以外の会社にお断りを入れるかのほうが
神経を使っていたような気もします・・・

だからそういう意味でも現在の学生さん達は「本当に大変・・・」という思いがありますね。

この都大会の際、当時の自分はというと・・・

この時点では既に内定を頂き、卒業してからの進路も決まり、後は卒論を仕上げて
無事に卒業するだけ・・・
だけど卒業してからの自分は色々と社会の荒波にもまれて苦労が絶えないのだろうな・・・・とか
これからはこんな気楽な気持ちで吹奏楽コンクールを聴きに行く事は出来ないかな・・・などとも思い、
「もしかしてこんな平和な気持ちで吹奏楽コンクールを聴いたり
趣味を楽しむのも今年で最後かな・・・」とも思ったりもして、
これまで散々書いているように「結局四年間で一度も都大会予選を突破できず、普門館の本選で
一度も演奏できなかった・・・」という大変悔しい気持ちと合せて
平和な気持ちなんだけどどこか複雑な気持ち・・・・という心情だったのかもしれませんよね・・・・

だからなのかな・・・・

1987年の都大会と全国大会の演奏は、今でも異常に記憶が鮮明と言うか
クリアに覚えています・・・・
やっぱり「今年で最後・・・」みたいな意識がそういう感じになっているのかな・・・・?


〇足立第十四中学校

 A/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り

 この演奏凄すぎる・・・・
 前年度の「魔法使いの弟子」も抜群の名演を聴かせてくれましたけど
 この年は更に進化した感じでした・・・・

 音色・サウンドの完成度が極めて高く、出てくる音も極めて透明感&清涼感に溢れているのですけど、
 その表現が実に色気たっぷり・・・・
 中学生らしい「愛くるしい可愛らしさ」もあるのですけど
 出てくる音が大人の香り・・・・
 例えは極めて下品なのですけど、
 服装は子供服なんだけど、衣服を剥いで見ると体つきは大人そのもの・・・
 何かそんな風な演奏でした・・・・

 全国大会でも都大会に負けないような素晴らしい演奏を聴かせてくれたのですけど
 何とタイムオーバーにより失格・・・・
 うーーん、これは極めて勿体ない感じがしました。
 時間内に収まっていれば、多分100%の確率で金賞を取っていたと思いますので
 悔やんでも悔やみきれない感じはあったと思いますね・・・・


〇武蔵村山第四中学校

 E/ローマの祭り

 これは足立第十四とは極めて対照的な演奏でした。
 足立十四が中学生離れした「大人の香り」とか「妖しい香り」・「危険な香り」を
 漂わせていたのに対して
 こちらは「子供そのまんま」の大変伸び伸びとした演奏でした。
 正直、音色・技術・サウンド・表現力、全てにおいて足立十四の足元にも遠く及ばないのですけど
 普段の練習場での「楽しい雰囲気」をそのまんま普門館でも披露してくれたような
 感じでしたし、
 とにかく聴いていて「楽しい!!」と感じさせてくれる演奏でした。

 足立十四が、ドレスアップとか十二単でもって「正装」しているのに対して
 武蔵村山第四は、Tシャツにジーンズという普段着でお客さんをもてなしている・・・
 そんな感じの演奏でした。

 だけどどちらも素敵な演奏で、両校とも全国大会代表に選出されていたので
 とても良かったと思います。

 余談ですけど、「ローマの祭り」は最低でも打楽器奏者は7~8人程度は必要なのですけど
 (プロの演奏会で何回かこの曲を聴きましたけど、打楽器奏者は11人程度使っていました・・)
 武蔵村山第四は、確か6人で乗り切っていました・・・
 だからとにかく打楽器奏者の楽器の持ち替えがとにかく凄まじかったですね・・・・
 だって、ティンパニー奏者ですら、途中で一旦マレットをおろし、タンバリンに持ち替え
 タンバリンの出番が終わった次の瞬間から
 再度ティンパニーのマレットを握っていましたから・・・・

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1692-36ca44bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |