FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


全日本吹奏楽コンクールの課題曲って、4~5曲の中から一曲選択するのですけど、
年度によっては、大変な不作の年もあれば(顕著な例→1982年)
1986年とか1992年のように全ての課題曲が大変魅力的という年もあったりします。
そんな中、1990年の課題曲は、A~Dまで全てが名曲揃いという感じで
大変素晴らしかったと思います。
課題曲D/マリンシティーも2分半程度の大変短い曲ながらも大変躍動感と若さ溢れる感じが
とても良かったし、
課題曲B/風の黙示録も作曲者の悲惨な戦争体験を悲痛に反映させた内容でもあり、背筋が
凍りつくような大変厳しさ溢れる曲でしたし
課題曲C/カタロニアの栄光も、異国情緒溢れる不思議な感覚のマーチでした。

もしも、自分が指揮者だったとしたら、
ま、文句なく課題曲C/カタロニアの栄光を選んだでしょうね・・・

この年一番の人気課題曲は、「A/ランドスケイブ-吹奏楽のために」でしたね・・・
この課題曲が全部門を通じて人気があり支持された理由は大変明白だと思います。
第一にメロディーラインが大変美しいし、第二にスピード感溢れる展開、第三に中間部の
「鳥のさえずり」を思わせる音の揺れ具合・・・・
確かにこりゃ人気が集中するのも分かりますね・・・・
構成もA-B-Aと大変分かり易いし、
前半と後半のAの部分は、「都会の喧騒」的なイメージ、中間部のBの部分は「自然の営み」という
イメージもあり、AとBの対比が極めて分かり易く
人の心にス―――ッと入り込んでくる「分かり易さ」がこの課題曲にはありましたね。

出だしからしてとにかく格好いい・・・・
あのスピード感あふれるリズム感抜群の切れ味は、とてもインパクトがありました。
出だしのティンパニーもとにかく格好良かった・・・・
それに続くトロンボーンとホルンの「細かい刻み」は結構大変そうでしたね・・・・
中間部の感覚も、何か黙って目を閉じていると
自然と勝手に色々な風景が頭の中を駆け巡るという感覚もありましたし、
何か現在の視点から「過去のさまざまな自分」を瞬間的に振り返るといったイメージも
感じられます。
ラストの冒頭の再現が、実にこれまたシャープで素晴らしかったですね。

というか、こんなに格好いい課題曲って他にあったかな・・・・??

うーーん、あんまりないような気も・・・・

他には、79年/フェリスタス 83年/インヴェンション第一番 92年/フューチュリズム
00年/吹奏楽のための序曲ぐらいしか思い浮かばないけど
この課題曲の「洗練された格好よさ」には遠く及ばないと思いますね・・・・

この課題曲の作曲家は、むかーし「N響アワー」の名物司会者でもあり、日本を代表する作曲家の一人でもある
池辺晋一郎氏です。
この方の作風はかなりバラエティーに富んでいて、
オペラ「死神」などのように現代音楽風に難しいものもあれば、
「未来少年コナン」の主題歌とか、1987年のNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」のテーマ音楽のように大変
分かり易いものもあったりします。
でもこのお方の素顔は、意外と面白いのかも・・・・
だって「N響アワー」なんて
当時、別名「オヤジギャグアワー」なんて一部で陰口を叩かれたほど
池辺さんのしょーもない駄洒落が炸裂していましたね・・・・(苦笑・・)

そのくだらないダジャレの一例を記してみると・・・・

〇ハ短調だけあって、演奏は破綻していた・・・

〇四重奏団は、「始終相談」ばかりしていた・・・・

〇ベートーヴェンの「大公」に対抗できるピアノ三重奏曲は存在しない・・・

〇「白鳥」を演奏した後は、もうタバコは「スワン」・・・

うーーん、コメントの仕様がないけど、何か楽しそうなお方であるのは間違いないと思います。

このお方は、実は一度だけ生で見た事がありまして、
確か2001年4月のNHKホールで開催されたNHK交響楽団の定期演奏会だったと思いますが、
(曲目は、マーラーの交響曲第4番がメインだったと思います・・・)
当時の番組のパートナーの壇ふみさんも横にいました・・・・
何か見た感じ、終始ニコニコされていて、いかにも「穏やかな紳士」という風格でした・・・
横にテレビカメラが張り付いていましたので、
多分「N響アワー」の収録だったのでしょうね・・・・

池辺さんにとって「ランドスケイブ」は初めての吹奏楽作品ではなくて
実は1982年に「アマデウスのピアノが聞こえる」という曲も書いています。
この曲を初演した際のバンドジャーナルの記事の中で
「記者はこの曲はモザイク作品のようにしか聴こえない・・」といった記事に激しく抗議され、
「他の記事は客観的に書いているのに、なぜ自分の曲だけ主観的に書いているのだ・・・」と
かなり激しく咬みついたようでして、
翌月、音楽之友の社は、「謝罪記事」を掲載させられていました・・・

うーーん、ダジャレ先生も、中々難しい側面もお持ちのようですね・・・

池辺氏は、2000年にも吹奏楽コンクールの課題曲Ⅲ/胎動の時代を書かれていますけど
こちらも素晴らしい作品です。

「ランドスケイブ」は全国大会でも多くの名演を生んでいましたね。

一般的には、この課題曲の名演例として、埼玉栄高校・常総学院・土気中学校・神奈川大学を
あげる方が多いと思いますが、
あくまで私の感想なのですけど、
この「ランドスケイブ」の最も素晴らしい演奏は、結果的に銀賞だったのですけど、
愛工大名電高校だと思っています。
この名電の演奏は、実に神がかっていると思います。
出だしのシャープ感、トロンボーンの細かい刻みの確実性、ピッコロのさえずり、
Bの部分が終わってAが再現される際のクラリネットセクションの高音のひそやかさ・・・・
どれをとっても「名演」の名に恥じないと思いますし、
何よりも演奏から「心象」というのか、ある人の心の動きがはっきりと伝わってくるかのような「鼓動」があり
私はとにかく大好きな演奏です。
ついでに書くと、この年の名電の自由曲の矢代秋雄の交響曲も大変素晴らしい出来栄えで
特に前半のピッコロとファゴットの掛け合いは当日の「ベストデュエット賞」を
あげたいくらいです。
名電は88年にも矢代秋雄の交響曲を自由曲に選んでいますけど、この時は最低最悪の演奏・・・
だけど2年後に再度同じ自由曲を取り上げていますけど
見事リベンジを果たしています。

「ランドスケイブ」にはたまーに珍解釈もあったりします・・・・

一例が出雲第二中学校かな・・・
Aの展開部分が終わった瞬間に、何と意図的に「間」を取り
Bの中間部が始まるまでの間に間隔をわざと開けています・・・
うーーん、これはどうなのかな・・・・
個人的にはAの緊張感がかえって叩き斬られたような違和感があるような気がします。
更にいうと、中間東中のランドスケイブもある意味凄かったな・・・・
後半のAの再現時には、「メインテーマ」を二回続けて奏でるのですけど
一回目を弱奏にし、二回目を極端なffにし、その対比を演出しようとしたのでしょうけど
これはかえってやり過ぎ・・・・・
結果的にネリベルみたいな「ダイナミックスレンジ」みたいな感じの演奏になってしまい、
池辺さんが求める「心象」ではなくて
単に「機械的な音量の対比」だけになってしまい、
これも相当の違和感がありましたね・・・

だけどコンクールのこうしたさまざまな「解釈の違い」は聴いているだけでも
色々と楽しいものはありますけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

マリーンシティーと胎動の時代について、それぞれ思い出話。
自分の中ではどちらも、コンクールで演奏されなかった幻の課題曲であるイメージです。
まず、マリーンシティーですが、ちょうど楽器を始めた年の課題曲でした。
当時、諸般の事情で一般B部門で出場したため(候補にはあがったと思うのですが)コンクールでは演奏することはありませんでした。
次に胎動の時代ですが、とある市民バンドに在籍していたときに、コンクールに出場予定があり、課題曲としてこの曲が選ばれたのでしたが、コンクール当日が指揮者と自分が仕事の都合で参加不能となり、コンクールそのものに出場することがありませんでした(当時バスクラを吹いていたことと、ファゴットもバリサクもメンバーにいなかったため、冒頭の唯一メロディーのあるパートであった)。
偶然にも、その年でそこのバンドを退団したため、デビューと引退(?)の節目の年の課題曲であったというのも、なんともいえない皮肉です。

胎動の時代

某大学の卒業生 様

マリーンシティーは、極めてコンパクトな作品で打楽器も4人で十分なので
全国各地の小編成チームにとってはありがたい課題曲でしたね。
胎動の時代は、比較的曲のイメージがしやすいし、曲の雰囲気がかなり前向きな感じも
しましたし、結構好きな曲でした。
この課題曲でもって引退されているのですか・・・・
何か勿体ない気はしますね・・・
機会があれば是非現役奏者として復活して頂きたいものですね。

ま、私は27年以上遠ざかっていますので無理ですけどね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1687-9aa2f99d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |