FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


〇志村第一中学校

 E/ハンガリー狂詩曲第二番

 いやーー、とにかく「可憐」という言葉がよく似合う本当に可愛らしいキュートな演奏でしたね。
 このチームの素晴らしいところは、音色が大変洗練されていて
 サウンドの響きにほとんど濁りが感じられず
 大変透明度の強い演奏というのが第一印象でした。
 課題曲の爽やかな感じと明るさがよく出ていましたけど
 圧巻は自由曲かな・・・・
 とにかく前半の音の伸び伸びとした感じとサウンドの透明感は大変な説得力を持っていまし。
 「あれれ、もしかしてこのチーム、全国大会に初出場するのかな・・」とさえ思ったほどでした。
 前半のクラリネットのソロとか低音セクションの支えも大変優れていたと思います。
 だけど後半の速いテンポ以降は、少し崩れてしまったかな・・・・
 特に木管セクションの細かい動きが幾分不明瞭になってしまいもたつきが感じられたのは
 大変惜しまれるものがありました。

 ま、最後は爽やかに決めてくれましたので
 「もしかしたら全国大会に行くかな・・」と思ったりもしたのですけど、
 この年の中学の部は大変レベルが高い激戦となりましたので、あと一歩の所で
 全国大会を逃したのは少々勿体ない感じもしました。
 ま、このチームは翌年から村上先生に指揮者が変わり、この2年後に
 初めて全国大会に出場するのですけど、
 この時の課題曲(WISH)と自由曲の「サロメ」は大変見事な演奏で、個人的には大変大きな感銘を
 受けました。
 87年のサウンドの透明感と可憐な感じをそのまんま指揮者が変わっても
 良い所のみをそっくり受け継いだみたいな感じの演奏で、とても好感を持てたものです。

 話は変わるのですけど、
 この志村一中の当時の指揮者の中澤先生は、後年、「板橋区吹奏楽団」の指揮者に就任
 する訳ですけど、
 この板橋区吹奏楽団の当時の音楽監督は、
 吹奏楽界のスーパースターというか大御所大先生でもあり、豊島第十中学校にて
 兵庫の今津中学と共に1960年代~70年代の吹奏楽コンクールを牽引し続けた酒井正幸先生
 だったのですけど、
 板橋区吹奏楽団の定期演奏会で、この酒井大先生の姿を見られたことは
 大変貴重なものでした・・・
 酒井先生は、私が中学の頃は既に豊島十中を去っていて
 あの伝説の名演奏は結局生では一度も聴くことが出来なかったゆえ、
 ああやって生の酒井先生を見る事が出来ただけでも、当時は「わー、何かラッキー」とさえ
 思えたほどでした・・・

 またまた話は脱線するのですけど、
 1960年代あたりは、
 関東の「洗練され、ええ格好しーの豊島第中学」と
 関西の「下品でどこが悪いねん・・・」みたいな感じの今津中学は
 ホーント対照的でしたよね。
 だけど両校とも中学生とは思えない素晴らしい名演を数多く後世に残していますよね。
 個人的には、今津の「スラブ行進曲」とか「ニュールンベルクのマイスタージンガー」とか
 「運命の力」とか「エル・サロン・メヒコ」とか課題曲ですけど「高度な技術への指標」は
 ホーント大好きな演奏です。
 今津の指揮者の得津武志先生の影響度は、すさまじいものはあったと思います。
 得津先生のあの独特なスパルタ教育(例/アサター・ヒルタ―・ナイターとか天ぷら棒の指揮など)は
 1960年代~70年代の全国各地のスクールバンドに悪い点も良い点も含めて
 多大な影響があったのは間違いない事でしょう・・・

 ま、私の中学の当時の指揮者もその一人だったのかもしれませんけど、
 全体練習中に指揮棒をへし折り、代わりに小太鼓の撥を指揮棒代わりに振り回したり
 ミスった生徒への懲らしめ的意味合い(?)で鼻にニンニクを押し付けたりするのは、
 ま、なんというか・・・、得津先生の独特な指導方法を誤解悪用した例なのかな・・・・(苦笑・・)
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1685-ffd89d3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |