FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


前回の記事の写真をupするために
自分が一応保有しているヤマハのクラリネットのケースを開けて
久しぶりにこの楽器を何気なく見ていると
私が現役奏者だった頃の色々と「痛い思い出」がわんさか蘇ってきました・・・

やっぱ、こういうのって「三つ子の魂百まで」ではありませんけど、
今現在は記憶から消えていても、
何か当時の思い出の品を見るだけでも
色々と思い出すものですね・・・・(苦笑・・・)

最近の記事で、クラリネットの「リードミス」とか「リード削りの面倒くささ」とか「ツバ抜き」などを色々と
愚痴っていましたけど、
マウスピースにリードをリガチャーで固定する訳ですが、
リードやマウスピースは直接口に触れる訳ですので、どうしても「ツバ」といつた水分が
付着してしまうのは避けては通れない事・・・・
リードは大変繊細なものですので、あまり水分が付着してしまうと
あまりうまく振動せず、何かこもったような音になりがちです。
その為、奏者によっては
爪でリードをパンパンと弾いて水分を飛ばすものなのですけど
これが強すぎるとリード自体を割ってしまう・・・というのは結構あったような気がします・・・・

これ、信じられない話かもしれませんけど、
私が高校1年の地区予選の時かな・・・
隣の3年生の先輩が、コンクールの本番の際に、吹くのを一旦止めて
胸ポケットから予備のリードを一枚出し、マウスピースを楽器本体から瞬間的に外し、
リガチャーも素早く外し、リードを付け替えて、
再度演奏に戻っていましたけど
この間時間的に30秒くらいだったかな・・・
後で聞いてみると、リードを爪でパンと弾いたら本番中なのにリードがパンと割れてしまい、
やむなくリードの付け替えをやったとの事でした・・・・
でも、これって、結構危険な事で、
マウスピースを一旦抜くから、ピッチ(音程)も多少変化したと思うのですけど
後で聞いてみると
ニヤッとして「それは経験と勘・・」とか言って上手い事誤魔化していました・・・・

ま、リードは、本当に激薄の竹製ですので、ホント繊細なもので
些細な事でも割れたりするのですよね・・・
折角前日まで調子の良かったリードが翌日は全然ダメ・・・みたいな事も多く、
リードの調整というか扱いにくさにはほとほと閉口していた・・・・という感じでしたね・・・


リード


上記の写真のように
リガチャーによってリードは固定されているのですけど、
リガチャーの締め具合によっても微妙に音色は変化するものですし、
やっぱり、クラリネットは本当に神経質で扱いにくい楽器でしたね・・・・

そうそう、下の部分にコルクが見えますけど
そのコルクにワセリンというのかな・・・、要は滑りを良くするワックスみたいなものを付けて
バレル(俵管)と接続するのですけど、
クラリネットの場合、音程(ピッチ)を合わせる場合、
勿論アンブシュア等微妙に変化させていく必要があるのですけど
どうしても合わない場合は、
バレルとマウスピースの間を少し間を取るというか「抜く」という事もあったりします・・・

ま、そうした微妙な調整は結構面倒でしたけどね・・・

ま、別にクラリネットに限った話ではありませんけど、
楽器と言うものは、全音階のピッチを完全に合わすのは、どんな高級機種でも不可能だと
思います。
全体練習の冒頭でよくAやBの音で「チューニング=音を合わせる」という事をしますけれど
このAやBの音のみ合っていても何の意味も無く
他の音というか全体的に音が合っていないと
一人だけ浮いたような感じになってしまいます・・・
ま、その辺りはある意味「妥協」なのかな・・・・
ある程度の音は「楽器」自体で調整できますけど
微妙な音程は、自分自身の経験とか勘とか、自分自身の楽器の「クセ」をある程度掴むことで
何となく対処するしかなかったですね・・・・

だからそういう意味でも、プロの奏者の方って、ホーント凄いな・・・と思う事は今でもよく
ありますね・・・
特にプロのオケの場合、大抵2時間程度演奏時間はあるから、
例えばクラリネット奏者の場合
楽器が温まり過ぎてピッチが上がった場合どうするのかな・・とか
前述の話ではありませんけど、リードに水分(ツバ)が溜まった場合どうするのかな・・とか
見ているだけど時折ヒヤヒヤする事もありますけど
プロの方は、自分が感じるいかにも「素人的疑問」何か微塵も感じさせすに
長時間堂々と吹かれていますから
本当に感心しますね・・・・

やはりプロの方は凄い・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かに…

リード…。
家中に散乱してましたよ、我が家では。

2年生からbクラとアルトクラの両方を担当していた我が娘。
2種類のリードが、もう邪魔だったわ~。
このリード代が結構、嵩みますよね(爆)
「おか~さん」と呼ばれると、嫌な予感しかしなかった。

辛いけどとても楽しい部活も、今では過去のお話で。
毎週、毎週、模試に追われておりますよ(笑)

リード


mama.ikuko 様

自分が現役奏者の頃って、バンドレン・セルマーのリードが一枚180~220円くらいで、
1ケースで2000円前後ぐらいだったような・・・
確かに「安い消耗品」ではありませんよね・・・・(苦笑・・)
リードは気紛れだから、前日調子が良くても翌日は全然ダメ・・・という事も日常茶飯事でしたので
結局、次から次へと新しいリードに手を出しては
壊していく・・という感じでしたね・・・

そうですね・・・

wさんもいよいよ受験モードに突入ですね・・・・
ところでWさんのあのキャラは、母親譲り?、それとも父親譲り・・・??
どちらなんでしょうかね・・・・??

それは多分…。

わたし…かな。
でも、うちの旦那はあり得ないほどに天然だから…。
2人のお笑いの部分を、うまく(?)ブレンドして生まれてきたのでしょう(笑)

前向きなのは、間違いなく私!

予想通り・・・

mama.ikuko 様

あ、今更聞くまでも無い質問だったかも・・・・(笑)

まさに予想通りの「満額回答」でしたね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1679-bcaed103
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |