FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


実は今更・・・という話かもしれませんけど、
中学の吹奏楽部に入部して初めてクラリネットを見た時、
(小学の時のマーチングバンドでは一応ポンコツ打楽器奏者・・・中学に入ったら是非管楽器を吹きたいと思い
 最初はトロンボーン希望でしたけど、入学当時は身長135cm/体重30キロくらいのおチビでしたので
 トロンボーンは体格的に無理と言われ、やむなくクラリネットへ・・・・)

「へー、クラリネットってリコーダーみたいに一つの部品で成り立っているのではなくて
こうやって5つの部分から構成されているんだ・・」と
感じたものです。

ま、これって確かにクラリネットの実物を見た事が無い方なら
あの楽器が複数のパーツに分解出来るという事は
ご存じない事が多いかもしれませんよね・・・・





実際は、上記のように5つのパーツから構成されています。

ちなみにこの楽器は、大学に入ってアルバイト等をして購入し
初めて「自分の楽器」というものを持つことが出来ました。
(それ以前は全て学校からのレンタルでした・・・・)

よくオーケストラの演奏会で、トロンボーン奏者が
スライドからツバを抜いている姿が目撃されますけど
どうしても管楽器の場合、楽器に唾が溜まってしまい、これを放置しておくと
音外し・音の濁りの原因にもなったりしますので
ああやって演奏会の本番でも唾を抜くことは仕方が無い事なのです・・・・

だけどクラリネットはそういう訳にはいきませんよね・・・・

唾を抜くためにマウスピースを一旦外してしまうと
ピッチ(音程)が狂ってしまい、再度チューニングをやり直す必要がありますし、
本番中にまさかマウスピースを外す訳にもいきませんからね・・・
ま、クラリネットの場合、ツバのほとんどは、
楽器の一番下のベルから、別に何もしなくしても
ツバがポタポタと垂れていきますから
演奏中に唾を抜く必要が無いのは助かります・・・・

田舎の県立高校の夏場の練習は、貧乏学校なので当時はエアコンも何も無く
また、住宅街の中の学校でしたので「騒音防止」の観点から
窓を開ける訳にもいかず、
室内気温が30~35度前後のくそ暑い中、吹いていると
床なんかは、汗なのかツバなのかよく分からない感じに
とにかくベタベタと水滴だらけでしたね・・・・
ま、男子校でしたので、とにかく暑かったので演奏中は短パン・Tシャツのみのスタイル・・・
酷い時は、ある奏者なんか全裸に近いようなスタイルで
吹いていましたね・・・・(苦笑・・・)

ま、滅多にありませんけど、
クラリネットのパート練習中についつい言い争いから喧嘩モードになってしまい、
激怒した一人のクラリネット奏者が
唐突にマウスピースを抜き、相手の顔面に向けてマウスピースを上下に振って
わざとそいつの顔に唾がかかるような事をしていた事もありましたね・・・
あ、それ私じゃありませんよ・・・
(どちらかというと被害者の方かな・・・・苦笑・・)

クラリネットの場合、
練習が終わると、楽器のメンテナンスを少しはするものですけど、
タンポにティッシュを挟み水分を吸収したり
上記の写真のように分解した各パーツに対して、
「スワブ」という重しが先端についた紐が付いている厚めのハンカチみたいなもので
楽器の内部の管のツバを吹いたりします。
ま、これを怠ったりすると
管の中に湿気が発生したり楽器不調を招いたりしますので
これはサボってはいけません・・・・

だけど、たまーにですけど
(というか滅多にないですけど・・・)
ポンコツ奏者が、楽器の中にこのスワブを詰まらせてしまい
抜くに抜けなくなり困っている姿を何度か見た事があります。
クラリネットの内部の管内をよーく覗いてみると
レジスター・テューブが突き出ています。
非常に強い力で引っ張ったり棒のようなもので突き戻そうとすると、
このテューブを痛めてしまいますので、
そういう時は楽器屋に持て行かざるを得ないのですけど
大抵修理代・メンテナンス代に5000円程度掛ってしまい、
これをやってしまうと、部内の会計担当が
「たたでさえ予算が無いのに・・・これはおめーのチョンボなんだからてめーで自己負担しろ!」
「えー、だって仕方ないじゃーん」みたいな
バトルが起きていましたね・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ゆっくり休んで近い将来復活して下さい・・・

U・ω・)犬 様

お久しぶりです・・・!!

そうなんですか・・・・ま、だけどいずれ近いうちにまだ戻ってきてくださる事を
信じてお待ちしたいと思います。
だけど、今はゆっくりとお休みしてくださいね。

またプリキュアをはじめ素敵なキャラ弁を見られる事を楽しみにしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1678-ea61152d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |