FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


1987年当時、全日本吹奏楽連盟・東京支部の理事長とか
都大会の大会委員長を長い間歴任されていた方は、熊崎義章先生と言う方でした。
都大会とか全国大会は、自分一人で聴きに行く場合もありましたし、
高校・大学時代の友人と一緒に聴きに行く場合もありましたけど、
その当時仲間内でよく話題になっていた事の一つに、この熊崎先生の
大会開催前の挨拶とか成績発表前の注意事項等案内の際に、よく多用されていた言葉

「拍手は盛大に、かつ短くお願いします」というものがありました。

熊崎先生があの飄々とした雰囲気であの言葉を発されると
大抵会場内のあちこちで失笑が起り、
何か緊張した会場の雰囲気を瞬間的に和ませる効果があり大変良かったのですけど、
これに気をよくしたのか(?)
毎年毎年、都大会や全国大会の諸注意事項案内の際、毎回このフレーズを使い
毎年毎年失笑を起こしていました・・・・

あの言葉は、自分の仲間内でもちょっとしたブームを起こし(?)
吹奏楽部関係の昔の仲間の飲み会の際の締め言葉とかでもよく使用され
それなりに受けてはいました・・・・

熊崎先生も最近ご逝去されたと聞きますが
何かかなり惜しまれますね・・・
北中野中とか武蔵台ウィンドオーケストラ等で温かい音楽を何度か耳にしたことが
ありますけど、
何かあの温かいお人柄が「音楽」にもよーく出ていましたね。
熊崎先生は北中野中を率いて何度か都大会にも出場されていましたけど、
私自身は、
84年のC/アレルヤ! ラウダムス テ と86年のB/歌劇「リエンチ」序曲を聴きましたけど
アレルヤはとにかく爽やかで伸び伸びとした印象
リエンチは結果的に銅賞でしたけど、
大変音楽的なスケールが大きいのに出る音が大変温かいので、何か妙に「素朴さ」は
感じたものです。
ま、私自身、1985年~87年当時は中野区在住でしたので
何か中野区内の学校が都大会に出ると何か応援したくなってしまう身贔屓も多少は
あったのかもしれませんけどね・・・・(笑)
ま、私自身、育ちは仙台のド田舎ですので、こんな中野区みたいな都会の洗練された学校の贔屓と
いっても、ま、お門違いなのかもしれませんけどね・・・(苦笑・・)

当時の熊崎先生は都大会の運営サイドの責任者を務め、同時に片方では
コンクールの指揮者というプレイヤーの立場も果たされていましたので
結構当日は色々な意味で大変だったでしょうね・・・
大会の事務的な事もやらないといけないし、同時にこの日のために頑張ってきた生徒たちの
指揮者として、教師としての重責も果たさないといけない・・・
だけどそうした二つの側面の重圧も軽くこなしてしまうあたりは
「さすが・・・」という感じですね・・・・

ま、現在だったら
「吹連の役員(審査を行う立場)と吹奏楽コンクールの出場者(審査を受ける立場)が
同一人物と言うのは問題があるのではないか・・・」みたいに揚げ足取りをされる人も
いるかもしれませんが、
ま、当時はそのあたりはおおらかな時代だったのかもしれませんよね・・・
当時はPCも携帯もSNSもメールも何もない時代でしたから・・・・・(笑)


〇北中野中学校

 B/フェスティヴァルヴァリエーション

 上記の熊崎先生からこの年をもって大野先生に指揮者が変わりました。

 関係ないですけど、中野区って私は結果的に3年間住んでいましたけど
 本当に「暮らしやすい街」でしたね・・・・
 新宿区という日本の一大都市に隣接する街なのですけど、街全体がとっても
 気軽と言うか、飾り気が無く、
 近くのコンビニやスーパーに行くにもジャージで普通に行けてしまうという感じで、
 自分のように地方から上京してきた「おのぼりさん」が暮らしていくにはうってつけの街でしたね。
 現在の「中野」というと、「オタクの街」とか「サブカルチャーの街」というイメージが大変強いのですけど、
 私が住んでいた頃の中野は、まだそういう側面も無く
 中野→中野ブロードウェイ→まんだらけというイメージが現在では大変強いものと思われるのですが、
 私が住んでいた頃にも、確かに「まんだらけ」は存在していたのですけど
 その頃の「まんだらけ」はまだブロードウェイ内にわずか一店舗しかなく
 普通の「古本屋」というイメージしかありませんでしたけどね・・・

 まさかその数年後にああいう事になるとは・・・・・・

 またまた話が全然それてしまいました・・・・(苦笑・・)

 この年の都大会で唯一演奏された課題曲B/渚スコープですけど、
 感想は・・・・
 うーーん、全く無い・・・・
 なんていうのかな・・・・全体にとてもサウンドがぼやけていて
 見通し不明瞭意味不明という感じでした・・・
 中学生にとってこの課題曲は少し荷が重すぎたのかも・・・
 唐突にぼそぼそと音が鳴り始め、細々と曲がいつの間にか終わっていたという感じでした。
 スミスの「フェスティヴァルヴァリエーション」も大体課題曲と同様のイメージ・・・
 やはりこの曲も中学生には荷が重すぎたかな・・・
 ホルンのソロも金管も外しに外しまくっていたし、木管セクション、特にクラリネットは瀕死状態・・
 だけど中間部はとても美しく響いていました。
 ラストにかけてはかなり挽回し、とてもよく鳴っていましたけど
 時既に遅し・・・という感じだした。

 うーーん、申し訳ないけど「選曲ミス」という感じですね・・・・

 だけど翌年このチームは大きく化けます・・・・
 
 翌年はリードの「オセロ」という実力相応の曲を選び、大変端正に整然とまとめ
 Ⅲ.オセロとデスデモーナの部分もしっとりと歌い上げていました。
 指揮者の大野先生は、音楽の経験はあっても「吹奏楽」の経験はないと聞いたことが
 ありますが、
 それでも「さすが・・・」という感じはありましたね。

 2わずか年で熊崎先生から受け継いだものを見事に開花させていましたね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1674-0b075277
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |