FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


アメリカの吹奏楽オリジナル曲って
結構シンプルなA-B-Aの三部構成の分かり易い曲が多い上に
その中間部のBの部分が「ゆったりとした叙情感たっぷりのメロディー」が多いから
結構大好きだったりします。
やはり人間、「分かり易い曲」になんだかんだいって惹かれるものですね・・・

例えば、
リードだったら、春の猟犬・パンチネルロ・インペラトリクスあたりの中間部のメロディーラインは
本当にうっとりとさせられますし
バーンズの「アルヴァマー序曲」とかエリクソンの序曲「祝典」の美しくて同時に躍動的な
中間部のメロディーラインは本当に
いつ聴いてもうっとりさせられます・・・・

でもやっぱりリードの曲って名曲が多いですよね・・・

春の猟犬のあの中間部のしっとりとした歌&ロマンティックさは、本当に不滅の名曲と言う感じも
あります。
やはりこの方は本当に「魅力的なメロディーライン」を多くこの世に残されましたね。
でもリードの「魅力的なメロディーライン」というと
個人的には、
「オセロ」、特に第三楽章の「オセロとデスデモーナ」が本当に素晴らしいと思います。

この「オセロ」は、残念ながら全体では吹いた事は一度もないのですけど、
高校・大学の部室にフルスコアとパート譜が置いてありましたので
特に第三曲「オセロとデスデモーナ」の部分は
個人的によーく吹いたものです・・・・
でもこの「オセロとデスデモーナ」なのですけど、
吹いている内に自然にどんどんどんどん「感情移入」してしまうある意味「魔性の曲」だと
思うのです。
自然と音楽の中に引きずり込まれるような感覚がありました。
最近、このブログ内で、
吹いているだけで自然と涙が出そうとか感情がこみ上げてくる曲の例として
ミッチェル/海の歌、1987年課題曲A/風紋をあげましたけど、
まさしくオセロ~Ⅲ.オセロとデスデモーナもそうした曲の一つでしたね・・・・
特にラスト近くで激しく盛り上がる部分があるのですけど、
あれは本当に
「こみ上げてくる自分の感情をどうやってセーブできるのか・・・」みたいな不安感もあり
何か自分自身との戦いというか「葛藤」もありました。

「葛藤」とか「嫉妬」・「人間のどうしようもない嫌な部分」は
この曲の元ネタというか
シェークスピアの四代悲劇の一つ、「オセロ」の主要なテーマとなっているのですけど
この「オセロとデスデモーナ」は
まさしく「葛藤」を大変上手に音楽にしていますよね・・・・
本当に、この曲を作曲したリードは偉大だと思います・・・

ま、自分自身もこのリードの「オセロ」をきっかけとして
シェークスピアを読むようになり、
他の作品に触れるきっかけを作ったくれたようなものです。
その意味でもリードに感謝という感じですね。
ま、ついでに書くとシェークスピアをきっかけにブロンテ姉妹の作品も読むようになったのですけどね・・・

話を吹奏楽に戻しますと
リードの「オセロ」の全国大会初演は
一般的には1981年の天理高校と思われているようですけど
実は1978年の長野高専です・・・・
だけどこの長野高専の演奏は、Ⅰ.Ⅱ.Ⅳの組合せであり
この曲全体の白眉であるⅢ.オセロとデスデモーナは割愛されているのですよね・・・
うーーん、ありえない・・・・(苦笑・・)
Ⅰ.Ⅱ.Ⅳだけだと
知らない人が聴くと
「あ、オセロという曲は明るい快活な曲なんだ・・・」と誤解されそうで怖いです・・・・(笑)
ま、このⅠ.Ⅱ.Ⅳという組合せは1988年の嘉穂高校もそうでしたけどね・・・

吹奏楽コンクールでは、Ⅲの「オセロとデスデモーナ」は2/3程度にカットされることが
ほとんどなのですけど、
出来ればノーカットの演奏も聴いて欲しいものですね・・・
ついでにコンクールではまず演奏されないⅤ.終曲も機会があれば是非聴いて欲しいな・・・とも
思います。
Ⅰ~Ⅴの全曲版を聴くと
「オセロ」は決して聴き易い音楽ではないという事がよく分かると思いますし
かなり「内省的」な感じが強い曲という事がご理解いただけると思います。

勿論、コンクールとして聴く「オセロ」も魅力的なのですけど
作曲者、ひいては元ネタの戯曲の原作者の意図を理解するためにも是非全曲版は
聴いて欲しいな・・・とも思ったりもします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

リードのオセロをきっかけに、シェイクスピア、ブロンテですか、、、。
尊敬します。私は、恥ずかしながら「オセロ」の大筋しか知らないのですがそれでも リードのⅢは、胸を締め付けられそうになります。
ぬくぬく様のように、原作も読み込んで、なおいろいろな作品に触れて  聴かれるとその感慨やさぞ深いものでしょうね。

音楽でも小説でも美術でも、心を揺さぶられるほどのものにであえることは幸せだと思います。

オセロ

ゴーヤーサンド 様

素敵なコメントをありがとうございます。

「オセロ」~Ⅲ.オセロとデスデモーナは指揮者にとっても奏者にとっても聴衆にとっても
自然に感情移入が出来る曲ですので
人の心には確実に「何か」を伝える事が出来る素晴らしい曲だと思います。
でもそういう名曲をお嬢様のようにコンクールで演奏できたことは、
本当に羨ましいですし、生涯の誇りとして感じて欲しいとも思いました。

私の場合、吹奏楽コンクールで、吹奏楽用にアレンジされた管弦楽曲を
「原曲はどういう感じなんだろう・・他にはどういう曲を残しているのだろう・・」と
興味をもったことが
一つのきっかけでしたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1668-5b1b0e5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |