FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


この時代、都大会においては中学と高校の部においては
「B組特別演奏」というプログラムが設けられていて
都大会予選のB部門(35人編成以内の少人数)の上位2チームが、
賞とか評価は無いのですけど
名誉的な意味で「普門館」で演奏するという「特典」が与えられるのです。

1986年と1987年のB組特別演奏の2チームは、
偶然ですけど女子高で、自由曲にリードの「エル・カミーノ・レアル」を演奏していて
(確か共立第二女子と富士見ヶ丘女子だったかな・・・・)
両校とも大変サウンドに切れとスピード感、躍動感・音の洗練さが漲っていて
大変素敵な演奏を聴かせてくれていました。

前回も書いた通り、1980年代の都大会・高校部門は少々の低迷期・・・
都大会代表として全国に出場しても銅賞ばかり取り続けるA部門よりも
よっぽどB部門代表の方が素晴らしい演奏をしているのだから
こちらを代表にすればよいのに・・・・とすら感じてしまう感じでした・・・・


〇関東第一高校

E/バレエ音楽「ロミオとジュリエット」

この年の都大会高校5チームは、正直関東一高以外は全て銅賞でもいい感じの演奏なのですけど、
その関東一高だって、決して褒められた演奏ではありませんでした・・・
以前から何度も書いている通り、この時代の関東一高は、まだまだ「つぼみ」の時代で、
これが開花し始めるのが1990年に入ってからで満開になったのが1993年からの3年間でしたね。

この年の都大会の演奏は、一つ大きな不満事項がありました。

何かと言うと、クラリネットセクションの「リードミス」が極度に多かったです。
特に「モンターギュ家とキャブレット家」のクラリネットの高音がすっぽ抜け気味で絶えず誰かが「リードミス」をして
キーキーしているような感じでした。

でもこれ分かるのですよね・・・・

私自身も吹奏楽団に在籍当時の10年間は、クラリネットを9年間、アルトサックスを1年間吹いていたのですけど、
特にクラリネットは、先端部分の「マウスピース」に竹製のうすーい「リード」というものを付けて
そのリードを振動させて音を出す特性上、金管楽器やフルート・オーボエ・ファゴットではありえない
「リードミス」といって、高音がキ――――ッとこの世のものとは思えない「絶叫音」というミス音を出してしまう事が
多々あるのですよね。
(だって、プロのオーケストラのクラリネット奏者ですら、私は何度かこのリードミスを耳にし、
「あー、やっぱりリードミスの悩みはアマもプロも同じなんだ・・・と嬉しくなったのを記憶しています)
しかもリードは大変繊細で神経質なものであり、
前日まで絶好調だったリードの状態が、翌日になってその日の気温・湿度によって全然ダメになってしまう場合もありますし、
リードは大変薄いもので、少し歯に引っかかっただけでリードに欠けが生じたり割れたりすることもあり、
そうした場合は、新品のリードを一からと草でしこしこと削り取る作業をし、
リードを自分の口と楽器の状態に合わせて調整をしないといけないのでかなり面倒で神経質な楽器でもあります。

クラリネット奏者にとっては「リードミス」はある意味、誰もがやってしまう事故であり、こ決して責められるものではないのです。
コンクール・コンサートでは大抵誰かがリードミスをやらかし、金管奏者から
まーた、クラリネットがミスりやがった・・・、ちっ・・・!!」と陰口を叩かれるものです・・
ましてや関東一高は男子高校で、
多分高校に入って初めてクラリネットにコンバートされたという方が多分多いと思いますので
初心者にとっては、なかなか厄介な楽器ですよね。

元クラリネット奏者の私にとっては、クラリネットのリードミスの多」は、「うんうん、そうだよね、わかる分かるよ」と
なってしまうのですけど、それにしてもこの年の都大会の関東一高のクラリネットは、
リードミスがちょっと多過ぎた印象があります。

全体的には特に個性もうまくもないけど
上手にまとめてあるという印象でしたけど、やはりクラリネットのリードミスがあそこまで頻発すると
印象は悪くはなってしまいますよね。
名誉のために言っておきますが、全国大会では、このチームのクラリネットセクションは無難にまとめてくれて
目立つリードミスは無かったと思います。

この年の全国大会の関東一高は少し気の毒でしたね・・・・

分かっている方はもうお分かりだと思いますが、
メンバーの一人が付き添った トラックが、普門館ではなく違う会場に行ってしまって、
本番に間に合わなかったんだそうです。
レコードジャケットの裏面の演奏写真では、ばっちりとわずか1名のチューバ奏者が写されています・・・・
ゆーすけ様、この件の情報提供ありがとうございました。

しかもこの年の関東一高の一つ前の演奏が「天理高校」で、悪い事に、課題曲も自由曲も全く同じでした。
(厳密に言うと天理は、モンターギュ家とキャブレット家を短くカットし、
タイボルトの死の後に「ジュリエットの墓の前で号泣するロメオ」を入れて
最後はしんみりと終わらせていました・・・・)
さすがに両校の違いは一目瞭然という感じもあったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

関東第一トラックの件

jubilant1984.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
さすがに荷降ろし中に閉じ込められる事は無いので、こちらも訂正された方がよろしいいかと。当初ここだけ読んで閉じ込みを信じていました。都内移動なのにお粗末な話では有ります。演奏に関する評価は、同感です。
twitter.com/y_umetsu/status/501684878442655744

訂正

おじさん 様


ご指摘恐れ入ります。ご指摘の箇所は訂正済です。

訂正ありがとうございます。関東一のカンタベリーコラールが好きで、何度も聞きます。

関東第一

おじさん 様


関東第一は1990年の「華」より急激にサウンドが充実し95年まで年々技術的にも音楽の内容的なも
進化を重ねていたと思います。
ご指摘のカンタベリーコラールも大変美しくしっとりと聴かせるものでしたし、
翌年のベトナムの回顧も大変渋く内省的にまとめていたと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1665-775cc057
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |