FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


全日本吹奏楽コンクール・東京都大会は、
確か2006年からてしたっけ・・・?
開催日を二日間にし、各部門ごとの出場チームを約倍増させたのは・・・・
それまでの都大会は、
中学・高校・大学・職場・一般の部をたった一日で行う大変な強行超過密スケジュールでしたから、
この改訂によって
出場者・審査員の負担も減るし、
出場チームが増える事で支部大会出場のチャンスも大きくなるから、
結果的に大変良かったと思います。

だけど1987年当時は・・・
前述のように各部門を一日で開催し、
このスケジュールの中に、
小学校特別演奏とか中学と高校のB組特別演奏なんてのもしていたから
今にして思うと無茶苦茶な過密スケジュールでしたね・・・
ま、聴いている立場としては、多くの部門の個性溢れる演奏を普門館で一日通して
聴けるメリットはかなり大きかったですけどね・・・

あーあ、しつこいようですけど、
私も一度でいいから「普門館」で演奏をしたかったな・・・
例え銅賞でもいいしタイムオーバー失格でも構わないから
あの普門館のステージから、どいう客席が見えるのかその雰囲気を一度でいいから
味わいたかったな・・・・

1987年当時の高校部門の出場枠は6団体のみで
数日間にわたって開催される「予選会」の上位6チームが本選に出場していて
金2 銀2 銅2と賞の配分が明確に定められていて
大変分かり易くて明確な評価基準になっていたと思います。
だけど、1987年だけは少々例外・・・・
というのも元々出場予定があった明大付属明治が理由は分かりませんが出場辞退・・・
(当時のプログラムにはしっかりと出場チームとして明記されていて、
 確か自由曲は、サン=サーンスの交響曲第3番だったような・・・・)
その結果例年と違い5団体のみの出場・・・
最初は、金2 銀1 銅2という配分にするのかな・・と思っていたら
最終的には、金2 銀3という
都大会にしては極めて異例な「銅賞なし」という結果になっていました。
これは教育的配慮なのかな・・・・?
(ちなみに都大会の場合、当時は、金賞イコール代表で、スカ金という概念はありません・・・)

だけどね・・・・
当時の都大会の高校の部は、現在と違って、限りなく「残念なレベル」・・・・
お粗末な演奏が本当に多かったですね・・・
この傾向は80年代末まで続きましたけど、
90年代に入って、「都立永山」・「都立片倉」という馬場大先生の出現により、大分
解消されましたね。
90年代に入ると見違えるように関東一高も恐ろしいほどレベルが上がっていましたし・・・・
でもこの年の都大会・高校の部は、
私の個人的評価は、関東一高のみ銀・代表、あとはぜーんぶ銅賞でもいいんじゃない・・・?という
感じでした・・・・

〇東京朝鮮

 A/祝典序曲

 一言で言うと大変「おっとりとした演奏・・・」
 このチームは前年度はB部門に出場し、B組代表として都大会の特別演奏も披露していましたが
 この時の自由曲が、
 確か指揮者の自作自演の「不平等歌」という何やら意味深のタイトル・・・
 ま、演奏自体は「攻める感じ」で中々良い演奏だとは思っていました・・・
 だけど翌年A部門にあがっていきなり本選出場はお見事なのですけど
 前年度の攻める演奏は少々影をひそめ、
 どちらかというと控えめで「守りの演奏」に入っていたのは少し惜しまれました。
 「風紋」は曲の性格上、このチームの特性にはうまくはまったものの、
 自由曲のショスタコは、さすがに「うーーーーん・・・」という感じの演奏になってしまいました。

 正直、「金賞・全国大会代表」みたいな演奏ではないのですけど、
 他に上手い学校が無いため、
 このチームが全国大会代表になりました・・・・

〇駒澤大学高校

  C/組曲「惑星」より木星

  2000年代以降に入ると、全国大会・金賞の常連校になるこのチームは
  当時はまだまだ「模索の時代」だったのかな・・・・
  課題曲Cの「柔らかい感じ」はよく出ていましたし
  木星の中間部の歌い方もたっぷりとしたものがあり、悪くは無かったと思います。
  だけど、「これが自分達の持ち味」みたいな「個性」を演出するには至らず、
  美しいのだけど、何かスタスタと通り過ぎてしまったかな・・みたいな
  印象がありました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1661-538eaa6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |