FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


〇中央大学

 A/バレエ音楽「ガイーヌ」より

 都大会では数多くのチームがこの「風紋」を課題曲に選んでいて
 色々な表情の風紋を聴くことが出来てとてもハッピーでしたけど、
 特にこのチームの演奏は別格でしたね・・・・
 優しさもあり、強さもあり、「懐かしさ」も感じさせてくれる様々な表情の風紋を聴かせて
 頂きました。
 しっとりもしいるのだけど音色が洗練されていましたし、
 一つの表情だけに囚われてしまうと全体とのバランスが壊れてしまうという中々面倒な構成の曲
 でもありましたけど、
 この辺りは「曲の中のストーリー性」が大変生き生きと雄弁に語られていましたので
 全く問題は無かったですね・・・・

 でもこのチームは林先生に指揮者が変わってからは急激に伸びましたよね・・・
 
 私が一年の頃は、先輩たちも
 「あんな学校、屁でもない・・」と言っていたような気もするのですけど(苦笑・・・)
 数年後には、雲泥の差が付いていましたね・・・・
 正直予選会でも「別格扱い」とか「王者の貫録」みたいなものはこの頃より既に
 付いていたような気もします・・・・

 林先生=中央大学の吹奏楽界に与えた影響の一つとして
 「ガイーヌ」のアレンジと表現方法の進化があると思います。
 「ガイーヌ」というと、それまでは藤田玄播アレンジの
 「アイシェの目覚めと踊り~レスギンカ舞曲」というやや泥臭い編曲しかなかったのですけど、
 (ま、厳密には東京佼成の稲垣卓三のアレンジ版もありましたけどね・・・・)
 林先生の高度に洗練され、且つレスギンカ舞曲での小太鼓2台による強烈なリズム感による叩き付け
 という大変インパクトある編曲によって
 この「ガイーヌ」は再ブレイクを果たしたような気がします。
 この年は、序奏~ヌーネの踊り~バラの少女の踊り~レスギンカ舞曲という構成でしたけど、
 やはりレスギンカのインパクトは相当ありましたね・・・

 中央大学の演奏が終わった際は、会場はかなりどよめいていましたからね・・・

 そしてこの中央大学の演奏以降は、林先生アレンジによる「ガイーヌ」は急激に人気曲となって
 いきましたから、
 「アレンジによって改めてその曲の魅力の掘り起こしが出来た」という好例の
 一つと言えるのかもしれませんよね。


〇青山学院大学

 C/トッカータとフーガ二短調

 課題曲C/コンサートマーチ87は、支部大会でも全国大会でも
 中々演奏される機会は多くは無かったのですけど、
 メロディーラインが魅力的で結構素敵な曲だったと思います。
 一見すると「ふわーーっとした甘いお菓子」みたいに聴こえる感じもしなくはないのですけど、
 このチームは元々洗練された音色を有しているため、
 過度にふわふわした印象も無く、比較的スマート&正攻法でまとめてくれたと思います。
 自由曲の「トッカータとフーガ」はある意味斬新な演奏・・・・
 出だしでチャラリーーという箇所の次でいきなりコンサートチャイムがコーンと鳴り響き、
 「なんじゃこりゃ・・・」と感じたものですけど
 (ちなみにこの時のアレンジャーは藤田玄播となっていますけど、藤田先生もこんな過激な
 アレンジをしていたのですね・・・・)
 課題曲と同様にサウンドがとにかく清潔&透明で、
 とこまでいっても「美しすぎるサウンド」が鳴り響いていましたから
 冒頭のチャイムの演出は、あまり尾を引きませんでしたね。
 表現自体は、正直「スピード感が無い」とか「鈍い」とか「少しおっとりしすぎている」など
 文句を付けようと思えばいくらでも付けられる「穴が目立つ演奏」ではあったのですけど、
 音が綺麗だから、
 結局は「何をしても許される」みたいな印象の演奏でもありましたね。

 だけど全体的には、協会のオルガンの音のように
 壮麗な音楽づくりをしていたのが大変素晴らしいと感じました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1656-8e0d8e7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |