プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
27位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇東海大学

 B/ローマの祭り~主顕祭

 本年度の全国大会でも金賞を受賞され、これで3年連続金賞となりました。
 本当におめでとうございます!!
指揮者が福本先生になって以降の東海大学の「快進撃」は止まりそうにないですね。
 特に最近の邦人作品に対するほぼ完璧なアプローチ・表現方法の奥深さは
 まさにため息ものですね・・・・
 今年も残念ながら生演奏は聴けていませんけど、
 後日、実況録音のCDが発売されたら、是非ゆっくりと味わってみたいと思います。
 私、今の住まいの地元が川口市ですので、
 その縁で何度がアンサンブルリベルテの演奏会を聴いたことがあるのですけど、
 福本先生=川口アンサンブルリベルテの関係は、何か今が「最高のパートナー」という感じがしますね。

東海大学と言うと、個人的な話で申し訳ないのですけど、
1987年当時は、
自分の大学が都大会予選会を突破し、本選に進むためには
東海か創価あたりを超える演奏をしないと到底不可能・・・・
でも自分の「普門館での演奏」という夢の実現のためには、
何とか「東海大学」には負けられない・・・・という気持ちの方が強かったです・・・
だけど反面個人的には、当時の東海大学は
上原圭詞先生という大変マニアックな選曲を独特の世界観で演奏される大変「個性」の強いチームでして、
私自身は、自分自身のコンクールという事は抜きにして
当時の東海大学のサウンドは大好きでしたし、
上原先生の大ファンでした・・・・
何か、私、昔も今も東海大学吹奏楽部のファンなのですよね・・・・

「大好きな学校を蹴落とさないと、自分自身の夢が実現できない・・・・」

うーーーん、なんて「ハムレットの世界」みたいな感じなんだ・・・・(苦笑・・・)

というか、社会人になってから当時甲府に転勤してからも何度か、わざわざ甲府から伊勢原市まで
車を飛ばして定期演奏会を聴きに行ったものです・・・・
特に1991年の定期のリードの「メキシコの祭り」は大変素晴らしい演奏だったな・・・・

当時の上原先生=東海大学は、
どちらかというと、花輪高校の小林先生の路線と少し被るような側面があり、
何か私としては、花輪の小林先生、東海の上原先生という
「吹奏楽界の二大偉人」という独特の世界観&解釈をされるお二人の先生は今でも
深く深く敬愛していますし、大好きですね。
上原先生は今でも現役で指揮をされ続けていますし、
その後活躍ぶりには本当に頭が下がる思いです・・・・

でも東海大学時代の上原先生の選曲は素晴らしくマニアックでしたね・・・・(笑)

1979年  B/ローマの祭り

1980年  C/交響曲第四楽章(矢代秋雄)

1981年  B/バッカナール(黛敏郎)

1982年  B/交響曲第2番「鐘」第一楽章(ハチャトゥーリアン)

1983年  B/交響曲第一楽章(松村禎三)

1984年  B/交響組曲「能面」

1985年  B/第七の封印

1986年  B/神の恵みを受けて

1987年  B/ローマの祭り

1990年  A/バレエ音楽「まりも」(石井歓)

1991年  B/舞踏曲「サロメ」(伊福部昭)

どれもこれも素晴らしい選曲&演奏でしたね・・・・!!

私、これらの東海大学の過去の演奏を聴くために、
当時世田谷区にあった「トラヤ」というカスタムテープ制作会社(既に倒産・・・)に
「大人買い」というか、
「東海大学のみの演奏を収録したテープ作成」を依頼したくらいですから・・・・(苦笑・・)

1981年の「バッカナール」なんて課題曲と合せて大変レヴェルとテンションが高い名演で
この頃の東京支部は、亜細亜&駒沢という超名門チームが闊歩していましたので、
あの名演が全国でも聴けなかったのは何か勿体ない気がしますね・・・・
ハチャトゥーリアンの「鐘」は、
花輪高校の1980年のカットをそのまんま使用した感じで、
第一楽章をメインに演奏し、ラストは第四楽章の「咆哮」を使用するというパターンです。
もしかして、上原先生は小林先生に何かしらの影響は・・・・
多分あったのでしょうね・・・・・
圧巻は松村禎三の交響曲・・・・
とにかく「内面的緊張感」の持続は戦慄さえ感じます・・・・
前年に屋代高校がこの交響曲の第三楽章を全国で演奏していますけど、
この東海の第一楽章も、
前半とラストの静粛さと中間部の緊迫感の壮大な対比が極めて素晴らしいです!!
84年の「能面」は、78年の前橋商業とほぼ同じカット&男性コーラスを利用していましたけど、
前橋商業に比べて、「サウンドの透明感・洗練さ」を感じさせるため
「おどろおどろしい」印象よりは「スマート」みたいな印象があります。
90年の「まりも」が本当に素晴らしい演奏でしたね・・・・
前半の内面的緊張感、中盤の踊り、ラストのたっぷりとした歌い方・・・・
正直代表・金でも全然おかしくない演奏でしたけど、なぜか都大会では銅賞で
私は客席でぶーたれていました・・・・(苦笑・・・)

あ、話が全然それましたね・・・・

1987年の演奏は、全然悪くないと思いますよ・・・・
むしろ銅賞という評価が厳しすぎ・・・・
79年にも「ローマの祭り」を演奏していますが、
こちらは何か全国大会初出場という事もあり、今一つノリが悪いのですけど
(課題曲B/プレリュードとの静と動の対比と言う意味では大変面白いものがありました・・・・)
87年の演奏は、とにかく聴いていて面白かったです!!

というか、ここまでやりたい放題、鳴らしたい放題の演奏を聴かせてくれると
聴衆としてはむしろコンクールの成績云々よりは
「ここまで自分達が表現したい事をたっぷりと演出出来て演奏者も大満足なんだろうな・・・」という
感じもありましたけど、
とにかく「スカッ!!」とした演奏でしたね・・・
ま、確かに明らかに音量過剰なのですけど・・・・
課題曲の「風紋」はもっとしっとり感が欲しかったというか、
表現が鋭角的&直線的なため、
少しと言うかかなり雑な印象もありました・・・だけどその分「ローマの祭り」で
大爆発を起こしてくれましたので、
ま、よしとしておきましょう・・・・・
とにかく朝から普門館の聴衆の眠りを吹っ飛ばす豪快極まりない演奏でしたし、
「あれれ、上原先生、こういう演奏もやっちゃう事もあるんだ・・・」みたいな意外感があったのも
何か楽しかったですね。
ローマの祭りの前半で、
ホルンがユニゾンで大活躍をする部分があるのですけど、
東海はこの部分のホルン奏者は体を横向きにしベルアップをし、
朝顔の部分を客席に向けての高らかに鳴らしていたのがとても印象的です。
ラストもまさに「ズド――――ン」と決めてくれ
個人的には拍手喝采の演奏でしたね・・・・

現在の洗練された東海大学では考えられない演奏家もしれませんけど・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上原先生の伊福部サロメ

上原先生の伊福部サロメは凄く好きです。予選&都大会聴きましたが、超興奮しましたよ(笑)賞の割り振りで仕方なく銅賞でしたが…十分に全日本でも銀賞以上のレベルだと自分は思いました。
近年、プリモアンサンブルで相変わらず痛快な音楽造りで頑張ってらっしゃいます。二年前の八木澤作品は名演でしたよ!

リベルテには友人も所属しており、新潟の全国大会聴きに行きましたが、素晴らしい名演を聴かせてくれました。

福本先生の振る東海大学、リベルテ、本当に安定した上手さが素晴らしいですね。

Re: 上原先生の伊福部サロメ

渚スコープ 様

上原先生時代の東海大学の演奏を褒めて下さる方に久しぶりに出会えて
とても嬉しいです・・・!!
何か個人的には「上原先生時代の東海大学は不当に低く評価されている」と今でも
感じる面が多々あります。
91年の東海大は素晴らしかったですよね。
私なんて、あの都大会の演奏に感動し、その年の11月に伊勢原市で開催された
東海大学の定期演奏会を聴きに行ったほどでした。
都大会も定期のどちらも圧巻の「サロメ」でした。
伊福部サロメは、シュトラウスのサロメの世界と違って
いかにも「和風のおどろおどろしさ」があるのが痛快です!!
何となくあの世界は、「妖艶なサロメ」というよりはむしろ「ゴジラ」の世界だと
思います。
前年の「まりも」も私は大好きな演奏でした・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!

鍵コメ 様


こんな古い過去記事をご覧になって頂きコメントまで頂きありがとうございます!

いやいや、私は当時の指揮者の先生の個性的な選曲とか解釈が大好きでしたし、あのマニアックさが大好きでした!

当時の関係者の方からコメントを頂けた事に感謝します!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1653-eea7c7f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |