FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年の年末以来、株価上昇・円安基調が続き、何となく新年早々は久しぶりに
「活気」とか「夢の再現」とか明るさが戻ったようにも感じられます。
何か、13億円程度の補正予算を組むとか、公共事業で地方を潤すとか色々と景気の良い言葉も
出てきます。
ここ数年があまりにも悲観的なニュースばかりでしたので、たまにはこうした強気の話題が
出る事は喜ばしい事だと思います。

だけど心配なことがあります。

つまり日本の危機的な財政状況が何の解決もしていないどころか、その解決の方向性も
明示されていない。むしろ逆に債務が増える方向ばかり話が進展している事に
何か危機感を感じています。

確かに短期的に見てみると、大型補正予算を組み、赤字国債を目一杯発行し、その結果短期的に
景気が良くなったとしても、それはあくまで「一時しのぎ」に過ぎないのです。
その結果、一時的な景気回復の為に、未来の日本の債務が右肩上がりに増えていき、
最後には、本当に「国家破綻」という最悪の結果を迎えてしまう可能性が高い事になぜ私達は
目が向かないのでしょうか?

世界には、誰にもその実態・本質が分らない「市場原理」という魔物が牙をむいています。

仮に、その魔物達が
「いずれ日本という国自体が債務超過に陥る。彼らの国は人口減少が止まらないし、
これ以上国家の産業が発展しそうにもないし、むしろ縮小傾向になる。そんな中、債務だけが
増えていく。次のターゲットは日本」と牙をむけた瞬間に、
日本は、株安・金利高という集中砲火を受け、立ち直ることが出来ないほどのダメージを受ける
可能性が高いと思います。

今は確かに短期的には、「景気回復への道筋を付ける」というのは全員の共通認識で
構わないと思います。
ただ、その先をどうすれば良いのか、という「道筋」はそろそろ全員が冷静になって
考える時期に来ているのではないかと
思います。

それではどうすれば良いのでしょうか?

これは色々と難しい複雑な理屈はあるのかもしれませんが、それを全て無視して
単純に考えるべきだと思います。
つまり、債務を減らす方法は、ただ一つしかない。
単純に支出を減らし、収入を増やす。それしかないのです。

支出を減らすとは、「国家予算」を減らす事。
現在の日本の社会は、正直、国家も民間も「過剰サービス」の傾向にあると思います。
年金→高齢者に配慮しすぎ、というか支給額が多過ぎ⇒これではいつか「破綻」するのは当然
医療→今後は「予防医学」に重点を置くべき
失業保険→働けるのに働こうとする人達に配慮しすぎ
行政サービス→民間との重複が多過ぎ、しかも過剰サービス

収入を増やすとは、「国家としての収入」を増やす事
税収を増やす事とは?→富裕層の課税強化・消費税アップ・相続税の税率の格段の引き上げ・
          企業の極端な内部留保への課税
          各個人の一定金額の金融資産への元本に対する課税

                   +
          国家として、直接「事業」を行い、ここから利益を出し、国家予算に
          計上する。

でも、その為にも「個人情報の一元管理→国民背番号制度」は前提条件となるかも
しれませんけど・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/162-dd2d290b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |