FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


「ディヴェルティメント」を邦訳すると「喜遊曲」または「嬉遊曲」という事になり、
要は楽しく軽妙に親しみやすく作られ、極力悲しい部分や深刻な部分は避けるという事が
お約束になっていると思います。
よく「ディヴェルティメント」と「セレナーデ」との違いは何という事が問題になる事もありますけど、
正直特に違いはありません。
ま、強いて言うと、室内用に作られたのがディヴェルティメント、屋外用がセレナーデという所なのかな・・・・
この「ディヴェルティメント」という音楽形式は、ハイドンやモーツァルトの頃に盛んに作曲されていたものの
19世紀以降は急速に廃れていったような気もします。
しかし20世紀に入ると、
ストラヴィンスキー・イベール・バルトーク・ルーセル等の大作曲家がこの「ディヴェルティメント」という
ジャンルに曲を残すようになり
(個人的にはイベールの「ディヴェルティメント」が実に軽妙で洒落っ気があり素晴らしいですね・・・・
 この曲、最近ではよく佐渡裕さんが取り上げています・・・)
吹奏楽のジャンルでも、この「ディヴェルティメント」というタイトルの曲もいくつかあったりします・・・

一例を出すと・・・・

〇パーシケッティー/吹奏楽のためのディヴェルティメント

〇兼田敏/吹奏楽のためのディヴェルティメント(1967年吹奏楽コンクール課題曲)

〇増田宏三/喜遊曲「踊る行列」

20世紀後半にこの「ディヴェルティメント」のジャンルにまた一つ素敵な作品が登場する事に
なるのですけど、
それがバーンスタインの管弦楽のための「ディヴェルティメント」なのです。

1980年4月、ボストン交響楽団(BSO)はその創立100周年を記念する作品をバーンスタインに委嘱し、
その時に書かれた作品が「管弦楽のためのディヴェルティメント」なのです。
当初は「ファンファーレ」と発表されていましたけど、最終的には短い8つの楽章から成る
「管弦楽のためのディヴェルティメント」となり、バーンスタインの愛弟子、小沢征爾が9月25日に
ボストンでシーズンの開幕として初演されました。
第8曲「行進曲」の副題が「BSOよ、永遠なれ」となっているのは、
そうした初演の経緯によるものと思われます。

この曲は以下の8曲より構成されています。

Ⅰ.ラッパの合図とファンファーレ

Ⅱ.ワルツ

Ⅲ.マズルカ

Ⅳ.サンバ

Ⅴ.ターキートロット

Ⅵ.スフィンクス

Ⅶ.ブルース

Ⅷ.マーチ「BSOよ、永遠なれ」

第一曲はいきなり冒頭から全金管楽器が咆哮し、燃え上がるように開始されます。
第二曲は第一曲とは対照的に弦楽器のみで演奏され、とてもチャーミングな感じがします。
第三曲は、決して陽気なマズルカではなくて、何かどこか思いつめたような感じがします。ラストの
オーボエの何か寂しくつぶやくようなソロが印象的です。
第四曲はいかにもバーンスタインらしい楽しさ溢れる曲ですけど、いかにもブルジルのサンバっぽい
情熱も伝わってきます。
第五曲は、木魚など打楽器の使い方が巧みで、実に粋で洒落っ気たっぷりの音楽です。
第六曲は全曲の中でも異色のすこし物悲しい音楽です・・・
タイトルの「スフィンクス」は正直、このタイトルとこの悲しげな音楽を結ぶものは何も無いようにも
感じられるのですけど、
バーンスタインによると「私がスフィンクスを笑っているジョーク」とのことですけど、
うーーん、実際は意図不明の音楽です・・・・
第七曲は、いかにも「ウエスト・サイド・ストーリー」の作曲者らしい音楽です。
ジャズっぽい感覚と、ドラムセットとソロトランペットのくすんだような感じが実にいい味を出しています。
第八曲は、いきなりドラが不気味に静かに鳴り、静かに開始されたと思ったら
サスペンダーシンバルの長いロールに乗っかる形で
金管楽器がどんちゃん騒ぎを開始し、祝祭的な雰囲気のまま楽しく曲は閉じられます。

演奏時間も14分程度で短く、
使用される打楽器も、木魚・ボンゴ・コンガ・ウッドブロック・シロフォーンなど多種多様なものを使用しますので
視覚的効果も十分です。

この曲は一度だけ確か1994年頃だったと思うのですけど
新星日本交響楽団のサントリーホールでの定期演奏会で聴きました。
この時はサントリーホールのP席という一番安い席というか、演奏者の後ろ側の席だったのですけど
そのおかげで自分の目の前で
打楽器奏者が木魚・ウッドブロック・シロフォーンを叩いていましたので
その生の響きがいかにも「ライヴ感満載」という感じで大変エキサイトしたのをよーく覚えています。

一つこの曲で気になっていることがあるのですけど、
この新星日本の演奏もそうでしたけど、
吹奏楽アレンジ版によるこの曲の演奏(例/1996年・駒澤大学、2002年・福岡教育大学)もそうでしたけど、
第八曲のマーチ「BSOよ、永遠なれ」の際は、金管楽器がラスト近くでスタンドプレイになってしまっているのですけど、
あれは作曲者の楽譜上の指定なのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

スタンドアップについて

93年に全国大会で演奏した者です。
記憶の限りではTrp・Trb・Euphの楽譜に
「stand up」と書かれていたようです。

金管のスタンドアッププレイの前にピッコロソロがありますが、
そこにも「stand up」の指定があったはずです。

訂正します

93年と書きましたが、92年の間違いでした。

Re: スタンドアップについて

某大学卒業生です 様

コメント頂きありがとうございます。
1991年から93年の大学の部の中国代表の方ですよね・・・・(笑)
この大学の演奏は少人数でもクラリネットパートが全員゜しっかりとした音を出されていたので
大変印象に残っています。
92年のバーンスタイも良かったけど翌年のパーシケッティーも素晴らしい仕上がりでしたよね。

バーンスタインの「ディヴェルティメント」のスタンドプレイについて
教えて頂きありがとうございます。

なるほど!、金管の他にピッコロにも求めているとは
案外「星条旗よ永遠なれ」を多少意識しているのかもしれませんね。

正解です

 練習の時に金管軍団が突然立ち上がったので驚きました(席の位置の関係で、丁度Trpの末席が見えた)。
 その後、楽譜を見せてもらったときに、スタンドアップの指定があったことに気がついた訳です。
 コンクールの時にも、客席のどよめき(?)が起きたのも何となく記憶にあります。
 ただ、ピッコロを吹いていたメンバーは何故か立ち上がりませんでしたが・・・。
 クラリネットにフラッタートリルの指定があったり、パーカッションにサンドペーパーやマラカスがあったり、チューバやユーフォにミュート指定があったりと、遊び心満載の曲で、今まで演奏した曲の中で最も好きな曲した。
 今吹けと言われても、多分吹けないと思います。
 あと、後述の「ぐるりよざ」ですが、偶然にも15〜6年位前に社会人バンドに在籍していた時、コンクールで演奏ことがあります(県予選で敗退ですけど)。
 人数の関係で(楽譜上、第1楽章で6人必要な箇所があったが5人しかいなかった)クラ・バスクラを曲中に5回位持ち替えました。
 ストラップにバスクラを引っ掛けたまま、クラを吹いたり、2小節の休符の間に持ち替えと譜めくりを一気にしたり(笑)
 ディベルティメントとぐるりよざ、どちらも難しい曲でしたが、今となっては良い思い出です。

ディベルティメント

 パーシケッティの時はCl3人、Sax5人、Trp4人、Trb4人、Hr2人、Euph1人、Tuba3人、打楽器5人と言う編成でした(記憶に間違いが無ければ)。
 クラのうちの一人がEsクラと持ち替えでピッコロ・フルートパートを吹いたり、課題曲に至っては、Es・B♭(1st・2nd)だったので、実質クラが2人の状態ではありましたが(笑)。
 2年続けてディベルティメント形式の曲を選んだのも、編成上のアンバランスさ(木管が少なく、金管が多い)をカバーするための策だったのかも知れませんね。
(編成上のバランスが良かったのは91年のパンチネロの年だったと思います)

パンチネルロ

某大学の卒業生です 様

コメント頂きありがとうございます。
パーシケッティーの「ディヴェルティメント」の楽器の持ち替えは大変そうですね・・・
確かに分厚い金管の響きに対して木管、特にクラリネットの絶対的数量不足はかなり
シビアそうでしたね・・・
だけどパーシケッティーの第一曲のソプラノサックスの音色は抜群に素晴らしかったような印象が
あります。
でもこのチームの演奏は、91年のリードの「パンチネルロ」が素晴らしかったですね。
正直あの演奏の銅賞は、「銅という評価だけで片づけるにはあまりにも惜しまれる」素晴らしい演奏だったと思います。この年は確かクラリネット奏者が4名だったと思いますけど、この4人の方が全員素晴らしい
音色を聴かせてくれていたのは大変印象に残っています。

色々記憶がよみがえりました

 第1楽章のソプラノのソロ、そういえばありましたね。
 その部分ですが、本来はオーボエなのですが、オーボエ吹きはおろか、学校にオーボエそのものがなかったので、アルト吹きがソプラノで吹き替えたものです。ちなみにその裏で対旋律(?)のように動いているEsクラがピッコロ・フルートの吹き替えだったりします。
 地味に大変だったのが第2楽章だったと思います。
 ほぼピッコロ・フルートがメインだったので、Esクラが大活躍。伴奏系でホルンが3本必要なのに2本しかいなかったので、ユーフォがホルンの音を取り、途中のファゴットのソロをテナーサックスが吹き替え、最後の締めくくりにバスクラの下降系の連譜があったので、当然のことながらバリサクで対応(バスクラもなかった)。
 実はすごくツギハギだらけで、オリジナルとはずいぶんかけ離れた(?)演奏なのです(音色上では)。

 あと、おっしゃるとおり、パンチネロのクラリネットは4人(2年生3人・1年生1人)ですね。
 誰とは言いませんが、2年生のうちの1名は大学で始めたばかりの素人さんだったりします。
 楽譜に音名(ドレミ)やリズム(ヤパパンパ-ン)が書かれていた状態で吹いていました(笑)

Re: 色々記憶がよみがえりました

某大学の卒業生です 様

色々と内輪の興味深いお話をありがとうございます!!
小編成の場合の楽器の持ち替えは大変ですけど
(私自身、クラリネット五重奏のアンサンブルコンテストでは、クラリネットとバスクラの
 持ち替えでした・・・)
実際こんなに持ち替えをされていたとは・・・・!!
当時の奏者のご苦労が偲ばれますね・・・
でもこのチーム、オーボエ・ファゴットはおろかバスクラすら無かったのですね・・・・
パーシケッティーの原曲は、オーボエ・ファゴットはかなり大事な役割を担っていますので
この楽器が無い状態での演奏は大変でしたよね・・・
だけどそれを十分補って余りある素晴らしい演奏を93年は聴かせて頂いたと
思いますよ!!
91年~93年のサウンド全体の「透明感・すっきり度」は
かなり高度なレベルだと思いますし、
小編成のお手本みたいな演奏に私は感じます。

本当に当時の貴重なエピソードを教えて頂きありがとうございました!!

関係ないですけど
このチームは、1983年にも宮城県民会館で開催された全国大会にも
交響的舞曲第三番「フィエスタ」でも出場されていますけど、
誠に申し訳ないのですけど、この演奏はちょっと・・・
それから10年後の演奏は、当時から見るととてつもない飛躍があり素晴らしいですね!!
そういえぱ最近秋本先生の名前を耳にしませんね・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1539-c458cb01
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |