FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


最近の南関東は、天候の急変が多く、
午前中は晴れていたのに、午後に突然入道雲が発生し突然の大雨というのも
珍しい事ではありません。
(ま、それは全国的に同じみたいですけどね・・・)

先日もある顧客の所に行く時に
その顧客宅に車を停める場所が無く、そのあたりは繁華街に近いところでもあるので
駐車違反の巡回が定期的に行われている所なので
やむなくバイクで行ったのですけど、
その帰りがけに突然の大雨に遭遇してしまい、
「まずいな・・・カッパも持っていないし、どこかで雨宿りしよう・・・」と思っていたら
幸い目の前がヤオコーでしたので、
そこで一時間程度雨宿りする羽目になってしまいました。

二階の店舗の一つが本屋になっていて、
ブラブラしていると
現在テレビ東京でアニメとして放映されている「月刊少女野崎くん」の原作四コマ漫画が
置かれていたので、
ついつい立ち読みしてしまいました・・・・

だけどこれ、アニメも最高に面白いのですけど
原作の漫画も最高に面白いのですよね・・・・
あまりの面白さに、ついつい我慢しきれず「ムフフ・・・・」などと思わず吹き出してしまい、
それが結構大きな声だったみたいで
近くの人ほとんどの人が一瞬こちらを振り返って見ていましたね・・・(苦笑・・・)

でもそのくらい面白い作品で
アニメ版もいいけど、原作の漫画版も素晴らしいです!!
というか、原作の四コマとアニメって全然違和感が無いというか
原作の世界をそのまんまストレートにアニメ化出来たようにも思えますし、
プロデューサーの方の作戦勝ちという感じもしますね。

だけどアニメ版「月刊少女野崎くん」も次回でいよいよ最終回を迎えてしまうのですよね・・

うーーん、少し残念・・・

だけど是非二期を大いに期待したいと思います。






以前も書いたけど
主人公の野崎もいい味出しているけど
メインヒロインの「佐倉千代」が実にいいですゆね!!

以前も書いたけど、リボンがとてもよく似合うキャラですし、
全体の雰囲気はいかにも「夢見る少女」という感じ・・・・

だけど、全体的に突っ込みどころ満載の「ボケキャラ」が多いこの作品の中で
数少ない突っ込み役がこの千代であり、
時に自らボケをかましたり、
自らの「脳内妄想」の世界に迷走したり
ドジを踏んだりと
ボケも突っ込みも可愛い要素もドジっ娘要素もこなせる中々魅力的なキャラですね。


54118018_convert_20140915204509.jpg


原作でもアニメでも
よくこうやって「バカ、バカ、私のバカー」みたいな自虐ネタとか墓穴ネタとか
自業自得ネタなど
ホント、見ているだけで飽きないキャラでしたね・・・

再来週以降、千代にお目にかかれる事が出来ないとは、
うーーん、日曜深夜の楽しみが一つ減ったかも・・・・

この作品のサブキャラには色々とゆるいキャラもいましたけど
個人的には、瀬尾 結月というキャラが面白かったですね・・・・
この方の無神経振りと空気を全く読めない感は、もはや「芸術品」の領域ですね・・・・


0dbc07da_convert_20140915204313.jpg


今回の話の前半ラストは
珍しくしっとりとした雰囲気で終わり
これが実に良かったですね・・・・

野崎の「お前と一緒に帰りたかった・・」に
ウルウルと反応する千代が、これまた可愛かったですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1533-da47ab7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |