FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


私が中学3年の時の吹奏楽コンクールの課題曲Dだったのが
この斎藤高順の行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」(銀河を超えて)だったのですけど
この課題曲は当時から「あ、この課題曲いいな・・・、こういう曲を吹きたいな・・・」と思ったものです。
ま、実際は当時の指揮者の先生は、課題曲C/北海の大漁歌を選曲し、
結果的に半年近く、来る日も来る日も「ソーラン節」を練習する羽目になったものです・・・・(苦笑・・)

1980年の吹奏楽コンクールは、私的には「一つの頂点」というか
そのレベル、音楽的表現が一つの「最高水準」に達した年にも感じますし、
特に高校の部の異常なレベルの高さにそれがよーく表れていると思います。
その年の課題曲四曲は、今にして思うとかなりバラエティーに富んでいて面白かったですよね。
特にA~Cは、日本の祭り・民謡をモチーフに書かれていて、
Aの「花祭り」は日本の古き良き伝統を、Bの「南の島から」は沖縄の民謡を、
Cの「北海の大漁歌」は北海道の民謡をベースにしてあり、
三曲ともに「日本古来のもの」をテーマにしているのが面白いと思います。
このように課題曲の大半がこうした「日本古来の素材」をベースにしている年というのもあまり例がなく
その意味でも大変面白い試みだと今でも感じる事があります。

その中でこの年の課題曲D/「オーバー・ザ・ギャラクシー」はマーチなのですけど、
そのリズムの面白さ、魅力的なメロディーライン、ハイハットシンバルのユニークな使用方法など
大変斬新な面が感じられる一方、
聴くだけで気持ちが「ノリノリ」になってしまう大変楽しい課題曲であり
私は大好きでしたね。

前述の通り、自分の学校は当時課題曲Cを選曲したので、この曲をコンクールで吹くことは
出来ませんでしたけど、
毎週月曜日の全校朝礼の入退場のBGMとしてこの曲を吹くことはしばしばあり、
聴くだけではなくて、実際に何度かこの曲を演奏する機会があった事は、今にして思うと
幸いな事だったと思います。
私は小学校から吹奏楽に関わりを持ち、結果的に大学を卒業するまで
楽器はずっとクラリネットだったのですけど、
1980年の一年間だけは、唯一違った楽器を経験できました。
この年は、それまでのクラリネットからアルトサックスにコンバートされ、一年間だけアルトサックスを
担当したのですけど、以前このブログでも書いた通り、
実はアルトサックスほど音が出やすく簡単にヴィヴラートを掛ける事が出来る楽器はないせいか、
アルトサックスを吹くのが楽しくし楽しくて仕方が無くて
その一年間は本当に楽しかったものです・・・・
この年は課題曲C/北海の大漁歌にもわずか4小節ですけど、アルトサックスにもソロがあり、
私も当然そのソロを吹いたものです。
ま、後にも先にもコンクールでソロを吹いたというのはこの時だけです・・・・
この課題曲D/オーバー・ザ・ギャラクシーのメロディーラインはトランペットが多いのですけど、
トランペットと共にメロディーラインを担当し、場合によっては裏メロを担当しているのが
このアルトサックスであり、
この曲のメロディーラインをアルトサックスで吹いている時ほど
「ああ、マーチって楽しいものだな・・・・」と感じた事はありません。
翌年高校に入ってからは引き続きクラリネットに戻ったのですけど
クラリネットでマーチを吹いても「ああ、しんどい・・・」という感じばかりで
正直、「楽しい・・・」と感じる事の方が珍しい感じでしたね・・・・

あ、何か話が全然それてしまいましたね・・・

この課題曲の作曲者の斉藤高順は、非常にユニークな経歴を持ち、
民間人でありながら、航空自衛隊と警視庁音楽隊の隊長を務めあげています。
作曲家としては、この方は後世にまで必ず受け継がれる素晴らしい作品を一つ残していて、
それが、「ブルー・インパルス」であり、
東京オリンピックの開会式で上空に五輪の輪を描いたアクロバット飛行チームのテーマ曲でも
あります。
タイトルは聞いたことがなくても、この曲を耳にすると、
「あ、どっかで聴いたことがある・・・」と感じると思います。
それほど実は日本人の多くに馴染みがあるマーチなのです。
また、斎藤高順は、小津安二郎監督の映画の映画音楽を担当していた時期もあり、
名作である「東京物語」とか「早春」・「彼岸花」・「秋刀魚の味」などの小津監督の作品の映画音楽を
作曲しています。

「オーバー・ザ・ギャラクシー」は感覚的にはやはり「ブルー・インパルス」に近いかな・・・・
あの独特の切れ味鋭いリズム感と
トムトムとハイハットシンバルを取り入れたリズム楽器の使用方法はかなり大胆で
面白いものがあります。
例えば瑞穂青少年吹奏楽団のように
打楽器パートの中に「ドラムセット」として組んだチームもありました。
冒頭は少し唐突と言うか、序奏なしにいきなりメロディーラインから開始されるのですけど、
メロディーラインがリズム感の表現がかなり難しいものの
やはりこのメロディーラインには相当惹かれる魅力が満載ですよね。
トリオの部分もいかにも「夢見るような」うっとりとした部分があり、
これは吹いているだけで当時うっとりとしたものでした。

余談ですけど
1980年当時、アルトサックスで吹いていて演奏中に思わず我を忘れるほどうっとりとさせられた曲って
この「オーバー・ザ・ギャラクシー」のトリオの部分と
「西部警察」のあの勇壮なメロディーと
当時沢田研二が歌っていた「TOKIO」のメロディーと
当時のバンド名「シャネルズ」(後にラッツ&スターに改名)の「ランナウェイ」
などがありましたね・・・
あ、この辺りは既に「懐メロ」の世界なのかな・・・・??

この課題曲のベスト名演は、やはり阪急百貨店かな・・・・
阪急のマーチは昔から定評がありますけど、この曲も「王道的」なものを感じさせてくれますよね。
メリハリと切れの良さでは天理高校がベストかな・・・
だけどこの年の天理は課題曲に関して言うと、トランペットの音が少し硬い上に
前半のメロディーラインで、トランペットの一番の音が伝わりきれておらず二番と三番の音ばかり
伝わってくるのが少々難点かな・・・・
面白い演奏としては、広島の基町高校の演奏があげられます。
ものすごーく正統的で端正な音楽なのだけど
部分的に若さが炸裂し、特にトムトムがなぜかむき出し状態のソロみたいになっている部分があり
これはかなり斬新なものを感じさせてくれます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

西部警察

あ〜、なんて懐かしい。
西部警察のテーマって、ⅠとⅡでちがいますよね。私はテーマ曲で言えば、断然「Ⅱ」のほうが好きです。

ついでにいうと、「太陽に吠えろ」のテーマも挿入歌もかなりカッコ良かったですよね。
また民放で再放送してくれないかな?

ちなみに、私が中3のときの課題曲は、「吹奏楽のためのインヴェンション第一番」だったと記憶しております。あれも、わかりやすいかっこいい曲でした。

インヴェンション第一番


ゴーヤーサンド 様

いつも素敵なコメントをありがとうございます。
「西部警察」のⅠとⅡの違いが分かって下さる方からのコメントは、書いている身としては
非常に嬉しいものがありますね!!
ちなみに私はⅠの方が好きです。
「太陽に吠えろ」ですけど、実はここテレビ埼玉では、マジに現在でも再放送中です。
テレビ埼玉は、「必殺!仕事人」とか「ガンダム」とか「天才バカボン」とか「未来少年コナン」とかを
普通に何気なく再放送していますから
結構すごいものがあったりします・・・・(苦笑・・)

1983年課題曲A/吹奏楽のためのインヴェンション第一番は素晴らしい課題曲でしたね。
何かゴーヤーサンド 様のコメントに触発されて
ついつい自分のブログでこの課題曲の記事も書いてしまいました・・・
何か「ヒント」・「ネタ」を頂き、ありがとうございました!!

えー、再放送してるんですか?

いいなぁ〜、いいなぁ〜。
ゴリさんや、山さん、殿下、テキサスがすきでした。
もうすでに他界された方もいらっしゃいますが、、、。

西部警察は、あのテーマを聴くだけで、宙を舞う車、ド派手な爆破、カーチェイス、銃撃戦、、、アクション好きの血が騒いで仕方ありません(爆)
今は、もうああいう番組は作れないでしょうね。
リアルタイムで見ていた私は、幸せ者です。
全国ロケをした時に、「静岡・浜名湖編」があったと思いますが、学校のすぐ前が浜名湖で、すぐ近くまでモーターボートで疾走してきたりして、みんな授業にならなかったのを覚えています。

「インヴェンション」、ブログで取り上げて頂き、ありがとうございました。ぬくぬく様のブログは、吹奏楽に造詣が深く、驚かされるのと、深い吹奏楽愛を感じます。
またお邪魔しまーす。

Re: えー、再放送してるんですか?

テレビ埼玉では、毎週水曜日の午後19時からの何とゴールデンに
この「太陽に吠えろ」を再放送しています・・・
ちなみに次回は第78話「おやじにまけるな」という回みたいですけど
この頃はまだジーパン(松田優作)がいましたね・・・
亡くなった方では地位さんが印象的でしたね・・・
あと追記しておきますと、この太陽に吠えろが終わると午後20時からは「傷だらけの天使」の
再放送が始まります・・・これは若き日の水谷豊を堪能できます。
でも一体テレビ埼玉ってゴールデンの時間に一体何をしているのでしょうかね・・・・
よほど予算が無いのかな・・・・(笑)

※インヴェンション第一番の記事もお読み頂きありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1530-ce1595f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |