FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


私が中学生あたりの頃の保科洋の吹奏楽作品と言うと

〇交響的断章

〇吹奏楽のためのカプリス

〇カタストロフィー

みたいに陰鬱で暗い曲というイメージがありました。

高校から大学の頃になると、例えば

〇 古祀

〇 愁映

〇風紋(1987年度課題曲A)

〇バストラーレ(牧歌)

などの作品のようにどちらかというと「和の心」というか日本人の心のわびさびに触れるような
作品にシフトしていったような感じもします。
保科洋の作品としては正直知る人ぞ知るマイナーな作品ですけど
「 吹奏楽のための交響的変容《澪明》」という隠れた名曲が実はあったりするのですけど、
この作品は何となくですけど、陰鬱さと和の心の中間的な雰囲気を持っているような気もします。
「祝典舞曲」は、保科さんの作品としては珍しいほど「明るさ」が感じられる作品のようにも
聴こえます。

保科洋の作品は、吹奏楽コンクール全国大会においては、
1970年代から80年代前半まではかなりの人気邦人作曲家だったと思いますけど、
1991年の「祝典舞曲」を最後になんと20年近くも全国大会で保科洋の名前を耳にする事は
なかったのですけど、
2010年にヤマハ浜松が、委嘱作品である「復興」を演奏して以来、
この曲は大変な人気曲となり
本年度2014年も実に4チームがこの曲を自由曲として演奏する事になっています。

20年近くも全国大会はおろか支部大会でその作品が中々演奏されていなかった保科さんの
作品がこうして 現在「ひそかな保科ブーム」(?)が起きていることは
何かオールドファンとしては嬉しい気持ちがします。
「復興」というと、どうしても東日本大震災を連想しがちですけど、実際は震災前に既に作曲&初演は
終わっています・・・
単純に曲だけを聴くと、確かに「大震災後の復興」みたいなイメージは伝わる部分もあったりします。
ちなみに「復興」は管弦楽にアレンジもされています。

保科さんの作品と言うと以前に「愁映」をこのブログでも取り上げた事がありましたけど
やはり「吹奏楽のためのカタストロフィー」も少し触れたいと思います。

この曲は、正直「陰鬱」です・・・・
決して楽しい曲ではありませんし、
金管・打楽器が咆哮しどんちゃん騒ぎするような曲ではなくて
内省的な曲です。
「カタストロフィー」とは元々「悲劇的結末」という意味らしいのですけど
純粋にこの曲をBGMとして聴くと確かに「悲劇性」みたいなストーリーは伝わってきます。
だけどこの曲、前述のように決して派手な曲ではありません。
むしろ相当地味な曲です。
打楽器も、ティンパニー・大太鼓・小太鼓・シンバル・シロフォーン・タムタム・チャイムぐらいです。
タムタムもチャイムも静かな部分で使用されるため
ほとんど目立ちません。
静かで陰気な序奏、そして展開部、静かに揺れ動く中間部、クライマックスで一時盛り上がるものの
ラストは静かに陰鬱に閉じられるという構成を取っています。
ラストも決して「すっきり」と終わるような感じではなくて
微妙に「後味の悪さ」を感じさせてくれます。
気分が乗っていない時にこの曲を聴いてしまうと、
「ああ、何のために自分はこの世に生を受けたんだ・・・・」と何か「原罪」みたいなものも
思わず考えてしまうような曲でもあります。

後半のクライマックスでティンパニーの乱打がありますけど
あの部分はかなりインパクトがあったりします。

「カプリス」ほどではないけどこの「カタストロフィー」も本当に陰鬱な世界ですよね・・・
地味に「厭世的」なものを陰々鬱々に語られているような錯覚も覚えたりもします。

うーーん、正直、「復興」と同じ作曲家という感じはあまりしない・・というのが
率直な感想です。
だけど保科さんの初期の頃の厭世的な感覚を堪能されたい方には
うってつけの作品のような気もします。

演奏は・・・
地味だけど1981年の東海大学第一高校、1977年のヤマハ浜松がいい味を出しています。
83年の日大豊山と84年の浜松商業は
「やっちまった・・・」みたいな演奏です・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

カタストロフィー

こんばんは。田舎にいた頃他校でやってました。とてもいい曲で、好きなのですが、他の人からはなかなか賛同が得られません(笑)

Re: カタストロフィー

sankichi1689 様

カタストロフィーは「悲劇的結末」という意味の通り
何か陰鬱な曲でしたけど、味わいものはありました。
自分でも決して嫌いな曲ではありませんし、地味ながら印象に残る曲だと思います。

そう言えば、以前函館北高校も自由曲に演奏していましたね。

おはようございます!

保科先生ネタで……

私が大学生の頃、岡山大学の交響楽団の指揮で、何度か演奏を聴いたコトが有ります。

ブラームスの交響曲第四番をよく覚えているのですが、オーソドックスな指揮、ただし、スゴイ先振りで、よくアレでタイミング合うなぁ…という感想です。まぁ、コンマスがしっかりしていれば、演奏は続きますが…(^^;;

演奏内容、解釈はさすがに一流の音楽家のそれでした!オケは上手いし。

また聴きに行きたくなりました…

保科先生

がみ 様

保科洋先生ですか・・・
私も以前何度か吹奏楽コンクールで審査員を務められている保科先生を
お見かけした事がありますが
カタストロフィー・カプリスみたいな陰気な作品を書いたとは思えないほど柔和な雰囲気が
ありましたね。
保科氏の指揮ぶりが「先振り」とは何か意外だけど面白い感じはしますね。
何かとても興味深いお話です。

似たような話ですけど、最近ご逝去された藤田玄播先生の指揮は、
誠に申し訳ありませんけど、とても「下手・・」でしたね・・・・
バトンテクニックが無いから、異常に演奏がギクシャクしてしまう・・・
都留文科大とか三和銀行という下手なチームだったから、こうした指揮&演奏になったのかも
しれませんけど、
東京佼成で編曲&指揮された「海」も何か印象薄の感じでした・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1524-296bd912
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |