FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


CDだけで音楽を聴いていると、当然ながら「視覚的効果」が無い訳ですから
生で聴いていると分かることがスルーされてしまう事もあったりします。
その一例が「バンダ」と呼ばれる別働隊なのかな・・・
「バンダ」を専門的に述べておくと、
オーケストラなどで、主となる本来の編成とは別に、離れた位置から「別働隊」として演奏する
小規模のアンサンブルという事になると思いますけど
その小規模アンサンブルはどちらかというと、金管セクションという事が多いです。

「バンダ」の良い事例としては
マーラー/交響曲第3番「夏の朝の夢」第三楽章があるかな・・・
この曲をCDで聴いてしまうと、その第三楽章の部分も
「あれ、何だかラッパの長いソロが延々と続いているぞ・・・」みたいな認識で終わりそうなのですけど
実際は、この部分は「ポストホルン」という楽器が舞台裏で朗々と長いソロを夢心地に
吹いているのですけど、
このソロが終わりかける頃に
舞台上のトランペットが、「起床ラッパ」を吹き鳴らし
「夢の世界」と「現実の世界」の対比をこうしたバンダの活用によって象徴していると思います。

上記は静かな「バンダ」の対比の例ですけど
派手な「バンダ」の活用と言うと
レスピーギの「ローマ三部作」、特に「ローマの松」のⅣ.アッピア街道の松とか
「ローマの祭り」~Ⅳ.チルチェンセスが挙げられると思います。
アッピア街道の松の場合、私が聴いた限りでは、「バンダ」は舞台横とか舞台袖という位置よりは
むしろ客席後方に位置することが多く、
トランペット・トロンボーン奏者が5人程客席後方から吹き鳴らされると
舞台上からの音響と客席後方からの音響と二つの「音響カオス」が一つの音楽ホールの上で
交錯することになり
これはかなり視覚的にも聴覚的にも面白いものがあったりもします。

クラシック音楽の上で「バンダ」を効果的に使用した曲って何があるのかな・・・

思いつくだけでも・・・・


〇ベートーヴェン/レオノーレ序曲第三番

〇レスピーギ/交響詩「ローマの松」

〇 同上  /交響詩「ローマの祭り」

〇 同上  /バレエ組曲「シバの女王ベルキス」

  →第四曲「狂宴の踊り」の中間部でトランペットが舞台裏から朗々とソロを吹き
   ラストでは、トランペット(アイーダトランペット)三本による大変迫力ある別働隊演奏が
   華麗に鳴り響きます・・・

〇ヴェルディ/レクイエム~第Ⅱ曲「怒りの日」

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第7番「レニングラード」第四楽章

〇    同上     /祝典序曲

〇ハチャトゥーリアン/交響曲第3番「シンフォニーポエム」

  →これは金管別働隊というよりは、管弦楽団と金管楽器の二つの音響群のカオスです・・・

〇チャイコフスキー/荘厳序曲「1812年」

 →ラスト近くの大砲炸裂シーンで「バンダ」が乱入するので、意外と目立ちません・・・・

〇マーラー/交響曲第2番「復活」第五楽章

 →金管楽器の他にシンバル・大太鼓も加わっています。

金管が鳴り響く「バンダ」ではありませんけど、
ベルリオーズの「幻想交響曲」第三楽章冒頭では、
舞台上のコールアングレと舞台裏のオーボエが「対話」するように曲が進展するのが
印象的です。

ついでに「バンダ」が乱入する吹奏楽曲を少し列記しておくと・・・

〇ナルディス/宇宙の審判

〇ネリベル/アンティフォナーレ

 →舞台上に七本のトランペット・トロンボーンの別働隊が対峙し、
  かなりの演奏効果があります。

〇アルフレッド=リード/エルサレム賛歌

〇オーエン=リード/交響曲「メキシコの祭り」~Ⅰ.前奏曲とアスティックダンス

 →夜の音楽が続いた後、
  「クラリネット・トランペット・トロンボーン・小太鼓・大太鼓・シンバル」によるバンダが
  夜明けを象徴する音楽を展開し、
  いかにも「あ、遠くから祭りのざわめきが聞こえる・・」みたいな感じを醸し出しています。

やはり音楽は生で聴くとこうした「視覚的効果」が得られるのが面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

粋な演出ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1522-b882d539
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |