FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


「パガニーニの主題による変奏曲」というタイトル、又はそれに近いタイトルの
クラシック音楽の作品は、結構色々と存在しています。
この場合の「パガニーニの主題」とは、
ニコロ・パガニーニの『24の奇想曲』の第24番の主題を示すのですけど、
この主題をモチーフにした曲をあげてみると、やはり一番有名なのは、
ブラームスの曲なのかな・・・・

タイトルは微妙に異なりますけど
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」も素晴らしい名曲ですね。
特にあの第18変奏はいつ聴いても何か「じーん」とくるものがあります。
また、リストの「パガニーニによる大練習曲第6番」もピアノ独奏作品としてはかなり名が
知られていますよね。

自分にとって「パガニーニの主題」をモチーフにした作品と言うと
やはり上記のラフマニノフの作品が一番大好きなのですけど、
吹奏楽オリジナル曲としては、
バーンズの「パガニーニの主題による幻想変奏曲」は絶対に外すことは出来ない作品です。
バーンズというと、私のように1980年代に吹奏楽に関係した人間ですと、
やはり、「アルヴァマー序曲」・「呪文とトッカータ」・「アパラチアン序曲」は絶対に外すことは
出来ない作品ですね。
特に「アルヴァマー序曲」は、A-B-Aの簡単な三部構成で、その親しみやすくどこまでも明るい曲想は
とても大好きですし、そのあまりにもバカバカしいほど単純で突っ走る曲のイメージは
永遠に吹奏楽作品として後世にまで受け継がれていってほしいなーと思います。
というか、この曲今でも吹奏楽コンクールの小編成で聴かれる事がありますので、
やはり分かっている人には分かって頂けているんだな・・・としみじみ感じる事もあったりします。
「呪文とトッカータ」の現在の表記は「祈りとトッカータ」になっていますけど、
私のようなオールドファンはどうしてもこの曲は「呪文とトッカータ」とついつい呼んでしまいますね・・・・(苦笑・・)
最近ですと、バーンズの作品は、
交響曲第2番とか交響曲第3番もしばしば全国大会でも演奏され続けていて
バーンズ大好きの私としては大変嬉しい限りです。
第3番は、バーンズの娘さんのナタリー逝去の「レクイエム」的な意味合いもあるせいか、
その感動性は大変なものがありますし
第2番の「エネルギーの爆発」もまた素晴らしいものがあります。
バーンズは、かなりの親日家で、
頻繁に来日し、委嘱作品の指揮・指導のために自作の普及に自ら貢献しているのが
すごいです。

バーンズの「パガニーニの主題にわる幻想変奏曲」は
残念ながら演奏される頻度も少ない方で、
吹奏楽コンクールでは全国大会ではまだ1チームもこの曲を演奏していません。
というか17~18分程度の長い曲だし、
そのカット方法が意外と難しいから、コンクールではパスされているのかな・・・?
この曲は、
冒頭25秒でいきなりパガニーニの主題が全合奏で提示され
その後は第一変奏から第二十変奏まで色々と主題が変奏・分裂・拡張・変容されていき
ラストのコーダで華麗に閉じられます。
ま、このあたりはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」と構成は大体同じです。
ラフマニノフの曲では、第18変奏で大変美しくゆったりと盛り上がる泣かせる部分もありますが、
バーンズの作品も、後半にかけて大変美しく抒情的にしっとりと盛り上がる部分があり
この辺りは何度聴いても「うるうる」するものがあったりします。
そしてこのうるうる感を過ぎると
打楽器だけでアンサンブルが展開される部分になるのですけど、
この打楽器セクションの掛け合いがとても面白いと思います。
シロフォーン・トムトム・トライアングルなど様々なパーカッションが登場し、生で見るだけでも
「打楽器紹介」みたいな感じにもなっていて大変ユニークです。

この曲を生で初めて聴いたのは、いつだったかな・・・
結構早かったような・・・
そうそう、1990年の都大会の東京正人吹奏楽団だったと思います。
全曲を生で聴いたのは
確か、1991年あたりだったかな・・・・(全然記憶にない・・・・苦笑・・)
東京文化会館での東京佼成WOの定期演奏会だったと思います。
確かバーンズのこの曲と伊藤康英の交響曲とレスピーギの「ローマの松」と
ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」(ソリストは山下洋輔)が演奏曲目だったと思います・・・

コンクールでは中々この曲を選ぶチームがないし、名演に中々お目にかかれないのですけど
その中でも良かったのは、
1992年の関東大会・高校B部門の国学院栃木高校の演奏かな・・・
やはりカットは少しというかかなり強引だったけど、
後半の謳い方と打楽器セクションの掛け合いは中々お見事でしたし
曲のタイトル通り「ファンタジー感」はかなりよく表現されていたと思います。
プログラム一番の演奏でしたので、その意味ではかなり大変だったと思いますけどね。

この曲をCDで聴く場合、やはり自作自演というか
バーンズ指揮/東京佼成WOが素晴らしいと思います。
このCDに収録されているバーンズの「秋のひとりごと」も地味だけど大変素晴らしい曲です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

パガニーニの変奏曲、うちの県大会のA編成でも、2校演奏してましたね。ウィルビー版とバーンズ版です。

このブログを拝読して、改めてプログラムを見てみたら、バーンズの高校の方に、私のメモ書きで「かなりいいかも!」と記してありました。
実際に東海大会へは進めなかった高校ですが、とてもいい演奏だったことを思い出しました。

バーンズの「アルヴァマー序曲」大好きです。わかりやすくて、ノリもよくて、いまでも、時々YouTube探してきいてます。
あえて、年齢は明らかにしませんが、ぬくぬく先生とは同世代なのですね。

バーンズ

ゴーヤーサンド 様

バーンズの曲の事を褒めて頂きありがとうございます!!

というか現在でもこうやって県大会でも「パガニーニの主題による幻想変奏曲」が
演奏されていて嬉しい限りです。
埼玉県大会・西関東大会でも小編成の部を含めて、この曲最近ではコンクールではあまり演奏されない
だけに東海支部で演奏されている事は何かほっとするものはあります。

多分、同世代なのかもしれませんね・・・(笑)

バーンズの「祈りとトッカータ」を「呪文とトッカータ」と呼ぶ方は
多分80年代にスクールバンドの経験がある方と思った方が良いかもしれませんよね・・・
「アルヴァマー」と同じ頃流行した、インヴィクタ・春の猟犬・リード/第三組曲「バレエの情景」なども
中々捨てがたいものがあります・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1517-a792b8ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |