FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


〇高岡商業高校

 Ⅱ/バレエ音楽「ビリー・ザ・キッド」

 高岡商業高校というとどうしても土合先生のイメージが大変強く、
 金管セクションが華麗に鳴り響く「壮麗」な印象がある一方、
 例えば1992年のベルキスのように「知的な印象」を感じさせる年もあり、
 「北陸の雄」に相応しい大変素晴らしいチームという印象が強いです。
 だけどこのチーム、この年あたりから土合先生が指揮をしなくなる年もあったりして、
 飯野氏・村中氏・清水氏・神田氏と指揮者が比較的コロコロと変わるような印象もあり、
 そのせいかどうかは部外者なので不明なのですが、
 21世紀以降は、あまりコンクールで高い評価を受けていないのも何か気の毒のような
 感じもします。
 土合先生も2000年度の「メジャーバーバラ」以降はもう既に勇退されたのかな・・・??

 高岡商業も1993年の一年は指揮者が竹田氏に変わっていて
 そのせいかどうかは不明ですけど、普門館の全国大会を聴いた限りでは
 「確かに技術も完成度が高く、華麗に鳴り響いているけど
 何か今一つ軽い感じがして、あまり感じるものが無い・・・」という感想を持ったのも事実です。

 だけどそうした「軽いノリ」というのも自由曲のコープランドの「ビリー・ザ・キッド」という
 西部劇もどきのチャンバラ音楽みたいなものでは、
 そうした印象を持ってしまうのは仕方がないのかも・・・

 チャイコフスキーの三大バレエ音楽というと、
 白鳥の湖・くるみ割り人形・眠れる森の美女という大変高貴なものがあるのですけど、
 コープランドの「三大バレエ」と言っても
 確かに偉大なるチャイコフスキーと比べると知名度も音楽的完成度の高さも
 全然違いますからね・・・・(苦笑・・・)
 ちなみにコープランドの三大バレエ音楽とは、
 ロデオ、ビリー・ザ・キッド、アパラチアの春を言います・・・

 どうしてもコープランドのバレエ音楽と言うと
 「安っぽい・・」・「うさんくさい・・・」・「大衆迎合・・」・「アメリカ的フロンティア精神みたいな感じの音楽」
 という印象が強いのですけど、
 高岡商業の「ビリー・ザ・キッド」の演奏は、良くも悪くも
 そうしたコープランドの魅力を遺憾なく伝えているという意味では大変良かったと思います。
 特に中盤以降の「銃撃戦」の場面の
 金管セクションの細かい動きと強奏でも決して音が割れない破裂音は大変素晴らしいものが
 ありましたし、ティンパニーや大太鼓、スネアドラム等の打楽器セクションのリズム感の良さと
 打点がズドンと決まった心地よさは「絶品」でした。
 ラストのコラール的な終わり方も
 うさんくさいけど中々感動するものもありました。

 うーーん、演奏は素晴らしいのだけど
 やはり曲があまりにも「アメリカ商業主義的なうさんくささ」を感じさせる曲想なので
 その点が今一つ「感銘度」の点で一歩及ばなかった理由なのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1511-092a73ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |