FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


全国各地の吹奏楽コンクールの支部大会で続々と全国大会代表が決まり、
あとは「全国大会」のみという感じですね。
今年の西日本の天候不順と東日本の異常な高温多湿の中、
指揮者の先生をはじめ、演奏者の皆様の「一音入魂」の様子には本当に頭が下がる思いですし、
全国大会に進める方も支部大会・県大会・地区予選で散ってしまった方も
本当にお疲れ様でした・・・!!!

私の母校は東北支部のとある田舎の県立高校ですけど、
私が現役吹奏楽部員の頃は、ひと夏どんなに頑張って練習をして心を込めて演奏しても
せいぜい「県大会金賞」が一つの壁になっていて
「東北大会出場」なんてのは夢のまた夢という感じでした。
ま、当時は音楽の専門家みたいな先生が不在で
(学校自体、芸術系選択科目は美術と書道のみ・・・音楽の授業が無いから指揮者の先生が
 不在になってしまうのですよね・・・)
毎年毎年部員の中から指揮者を選出していましたけど、
どうにもこうしたシステムですと、
たまたま音楽に造詣が深く指導に長けた人が指揮者だと優秀な成績を残せても
翌年はその生徒は卒業していなくなり
毎年毎年新たな指揮者を生徒から選ばざるを得なくて
実力・安定した成績が維持できないというのが実態でした。
ま、毎年「生徒の手作りの音楽」という事で、中学時代一方的に顧問=指揮者の先生から怒鳴られ
叱られてばかりで「言われたとおりにしか出来ない」自分が
手作り音楽の自主性とか音楽の楽しさに気が付いたのは、まさにこの高校時代なのですけどね・・・

自分の母校も、地方の少子高齢化→生徒数減少のあおりを受けて
「学校統廃合」がかなりのスピードで進んでいるようですけど
その煽りを受けて、うちの学校も元々は県立男子高校だったのが
4年前から「共学」となり
現在の吹奏楽部員の2/3近くは女子部員という話は風の便りで聞いたことがあります。
(当時男子校の環境だった自分にとっては、まさに羨ましい環境ではありますけどね・・・・苦笑・・)

だけどそのおかげで
①音楽の授業が選択必修科目となり、音楽の教師を開校以来初めて迎えることが出来た。
②女子部員大量入部のおかけで、これまでの慢性的クラリネット奏者不足が解消
③全体的にサウンドがまろやかになった
等のメリットが生じ
その結果、優秀な顧問の先生のおかげもあり
2012年度に創部49年目にして初めて「県大会突破→東北大会出場」を果たすことが出来ました。
結果的に東北大会は銅賞でしたけど、
OBとしてはこんなに嬉しい事はなかったですね。

だけど昨年は県大会はスカ金止まり
今年の県大会は銀賞に留まり、
全体的なレベルが自分が現役奏者の頃と違って格段に上がっている中、
やはり中々結果を出すのは難しいものですね・・・

だけど来年以降、後輩の皆様には頑張って頂き、
是非二度目の東北大会出場を目指して欲しいと思います。

そんな中感じるのは、全国大会常連チームの「伝統の凄さ」ですよね・・・
ああやって毎年毎年全国大会出場という結果を残し、それを維持しているチームの
やはり部外者にはわからない「必死の水面下の努力」は
本当に敬意を表したいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

吹奏楽は本当に団体競技という側面が色濃くでますよね。上手い人たちが集まっただけで、オーガナイズするひとがいなければ強くならないし。

スクールバンドは指導者次第かも・・・

わんわんわん 様

コメントありがとうございます。

そうですよね、確かに吹奏楽コンクールみたいな場ですと、「団体競技」みたいな側面は
色濃く出ますし、そのあたりが「普門館は高校野球の甲子園と同じ」とかつて言われた理由かも
しれませんよね。
また特にスクールバンドですと、顧問=指揮者の先生の指導力によって全くバンドのカラーも変わりますので
ホント、指揮者しだいですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1509-37f5f0f1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |