FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回かなりグダグダとラブリーの「幸福の掴み方」みたいなものを
書きましたけど、
要は、今のままでもいいけど
更なるハピネスを求めるためにも場合によっては「自分自身」をほんの少しだけ変えるだけで
相当の「成長」が期待出来るプリキュアという事なのだと思います。
昨年の「ドキドキ」のマナなんかは、初登場時から既に「完成されたキャラ」であり
劇的な「伸びしろ」はあまり無いような感じの歴代でも珍しいタイプだったと思いますけど
今年の「ハピネスチャージ」のメンバーは、ゆうゆう以外は、まだまだ「伸びしろ」があるし
特にめぐみの「伸びしろ」はまだまだ相当なものがありそうで、
その意味では「恐ろしいほどの未知数的要素」を内在したタイプなのだと思います。

反面、「自分自身をほんの少しだけチェンジさせる」というのは、
一年かけてそれをやっとどうにかこうにか成し遂げたハートキャッチの「花咲つぼみ」の事例が示唆するように
実は大変難しい事だと思います。

だけどめぐみの場合、そうした事が可能な要素も実は持ち合わせていると感じます。
一つが自身の性格の「大変な素直さ」がありますし、
めぐみ自身が現時点でいおなのように「既に固まったキャラ」を持っていないというせいもありますけど
特に色に染まっていない分だけ、何か外部から「良い影響」があれば
すんなりと受け入れることが可能なタイプのような気もします。
二つ目が、幼馴染の「誠司」の存在ですね・・・
正直こちらの方がより重要度が高いような気もします。






めぐみは元々「イケイケタイプ」で、
自分が「正しい」と感じたことは、比較的相手の気持ちを考えずに突っ走ろことも
これまでしばしば見受けられました。
それに対するフォローをいつも適切に行っていたのは、「誠司」である事は
言うまでもありません。
ひめが転校時に、その「コミュニケーション障害」により周囲になじめず、めぐみが強引に煽っていたのを
諌めたのも誠司ですし、
プリンセスとフォーチュンの仲を取り持つために、半ば強引に押しかけた氷川道場にても
いおなに対してさりげないフォローを行ったのも誠司です。
この他にも暴走気味のめぐみに対しても
「もっと相手の気持ちを考えろ」と的確なアドバイスを行うのも毎回誠司なのです。

現在は「単なる昔からの幼馴染」という事で、異性としての誠司を全く意識していない状態なのですけど
これが今後もしも異性としての誠司をめぐみが意識した時、
めぐみは一体どのような「変化」を成し遂げるのでしょうか・・・??

「あの誠司がここまで言ってくれるのだから・・・」とか

「誠司は自分にどういう変化を期待してくれるのだろう・・」とか

「誠司の思いに応えるために自分に何が出来るのだろう・・・」と

少し考えるだけで、めぐみはかなりチェンジできるような要素もあると感じられます。

何となくですけど、ハピネスチャージの物語は、
ブルー-ミラージュの和解と誠司-めぐみの恋の芽生えは
対になっているような感じもあります。

ハピネスチャージの「淡い恋物語」とは、
誠司という存在を意識することによって
「自分自身を何か変えてみよう」と気が付く一人の女の子の物語と言う見方も出来るかな・・・と
現時点でふと思う事もあります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

個人的にはオレスキーとホッシーワとの間にも恋が芽生えてほしいと思う今日この頃。

まあ今の放映ペースでは、その暇もなく瞬殺でしょうが……。

ありがとうがいっぱい

ぬくぬく先生こんにちわ


ファンの皆さんが言ってるように

ハピプリ前までのシリーズは
プリキュアは伝説の戦士
(家族に正体を打ち明けたシリーズもありましたが)

そしてハピプリは、みんなのプリキュア

ぬくぬく先生の言われるように
めぐみ他、個々の成長を
見守っていきたいですね

更新しました
http://blog.livedoor.jp/kozakurasp/

オレスキーはじめ三幹部は何とか救済されて欲しいですね・・・

ポール・ブリッツ 様

なるほど!!

「オレスキー将軍とホッシーワ」の恋の組合せですか・・・
ハピネスチャージは歴代では珍しい程「淡い恋」の要素もありますから、意外とそういうのも
ありなのかもしれませんよね。
昔、スプラッシュスターでも最後の最後で、キントレスキーとミズシタターレの
まさかの「告白」がありましたからね・・・(笑)
最終的には、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイルの時のように
「マヌケ三幹部」にも救済の手が廻ってくれるといいですね。

素敵なブログタイトルですね!
受け継がれるべきもの。
感慨深い言葉です。

Re: ありがとうがいっぱい

桜 舞 様

今回もコメント頂きありがとうございます。

そうですよね・・
確かにドキドキまでは、プリキュアは伝説の戦士で選ばれた戦士
ハピネスチャージは、「みんなのプリキュア」ですよね。
映画では「女の子はみんなプリキュアになれる」というフレーズがありましたけど
今作はまさにそうした感じになりましたね。
元々めぐみは前作のマナと違って「伸びしろ」がはるかに見込めるタイプですので
ラスト五か月での「成長」が楽しみです。

ブログ拝見しました・・
やはりめぐみがいつの間にか中三になっていたのは「奇跡」ですよね・・(苦笑・・)
フォーチュンのスカートは、「ごちそうさま」という感じなのかな・・??

タイトルと中身が不一致ですけどね・・・(苦笑・・)

spiricyu 様

コメント頂きありがとうございます。
タイトルについてお褒めの言葉を頂き、ありがとうございます。
ま、実際はタイトルと中身の不一致ばかりで
お恥ずかしい限りですけどね・・・

8/15の「開設3周年」記事で書いた通り
元々は、1980年代の吹奏楽コンクールの数々の名演をこのまま埋もれさせてしまうのは
勿体ないという事で始めたものでしたけど
いつのまにか、音楽関連よりも「プリキュア」関連ばかりになっていました・・・(苦笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1506-88ff6f0c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |