FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


今年の夏は何か「蒸し暑かった・・」という印象が非常に強いです。
だけど実際は、西日本は冷夏だと言うし
関東だって、例年に比べて日照時間はかなり短いそうですね。
そのあおりでこの秋は「野菜の高騰」が続くみたいで、最近の色々なものの値上がりを考えると
「たまらんな・・・」と言う感じもあります。

ここのところの南関東の陽気は極端ですね。

涼しい日が続いたなーと思ったら唐突に残暑が厳しくなったと思ったら長雨になるし
あまりスカッとした気分ではないですね・・・

こういう時は、「スカッとした爽やかなマーチ」でも聴きたくなってしまいます。

吹奏楽コンクールで何かスカッとした爽やかなマーチってどんな曲があったかな・・・

思いつくだけでも

〇1987年課題曲E/マーチ「ハロー! サンシャイン」

〇1990年課題曲D/行進曲「マリーン・シティ」

〇1993年課題曲Ⅳ/マーチ「エイプリル・メイ」

〇1995年課題曲Ⅱ/「スプリング・マーチ」

〇2001年課題曲Ⅳ/行進曲「SLが行く」

などがありますよね。

つい先日このブログの記事の中で中沢けいの小説「楽隊のうさぎ」を掲載させて頂きましたが
このお話の中で、行進曲「ラ・マルシェ」が出てきますが
あれは実は1997年の課題曲Ⅳなのです。

その年の課題曲Ⅲが、「五月の風」なのですけど、
この曲、本当に爽やかで聴いていて実にうっとりする曲なんですよね。
気品があるし、行進するマーチとしてもコンサートマーチとしても両方に適している
素晴らしい課題曲でした。
「五月」というと一年で一番気分がウキウキするというか、
厳しい冬が終わって何かとバタバタする四月が終わって、
「さあー、これから何か楽しい事が待っているぞー」みたいな「期待感」とか「楽しい予感」に
溢れた季節というイメージがあるのですけど、
そうした季節感をまさに「音楽」で表現したとても素敵で爽やかなマーチだと思います。

実はこの課題曲とてつもなく人気があるのですよね・・・・

調べてみると、1997年に全国大会に出場した全96チームの内、実に半分以上の52チームが
この課題曲Ⅲ/五月の風を選曲しています。
また大学の部では、出場12チームのうち、何と11チームがこの課題曲Ⅲを選んでいます。

クラリネットとサックスによるゆったりとした主旋律に、
フルートとピッコロが奏でる装飾的な旋律が小鳥の囀りを想起させてとても素敵なのですけど、
この部分はラストでも再現され、
この時はフルート・ピッコロの他に木管高音楽器も加わり
高らかに曲を終了させます。
このフルートとピッコロをかなり強調した演奏が、高校の部の常総学院でしたね。

この課題曲Ⅲで一番印象に残っているのは
洛南高校の演奏かな・・・
男子校特有の骨太の演奏なんだけど、木管セクションが実にたくましく歌い上げているのか
印象的ですし、
クラリネットセクションが大健闘をしています。
序盤で、大太鼓がズドンと一発唐突に叩き込んでいるのは、かなりインパクトがありました。

先ほどの「楽隊のうさぎ」なのですけど
小説の上では主人公の学校は課題曲Ⅳを選んでいるのですけど
実際は、1997年の中学の部は、やはり課題曲Ⅲが大人気で
課題曲Ⅰを演奏したチームは一つもありませんし、
課題曲Ⅳはわずか一団体のみでしたね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

宮本先生らしい

解釈ですね(^^)
ラストのコーダ前のいきなりテンポ落とすかんじとか如何にも宮本先生らしい解釈ですね(^^)
これはこれで五月の風の新しい解釈だなってかんじますね(^^)
自由曲のくじゃくも繊細かつ豪快で中々面白いですね(^^)
そういえばこういうギリギリの路線を狙った解釈ってもう出て来ないですね(>_<)💦
ある意味冒険してる感じ、洛南らしくて好きです(^^)

確かに宮本先生らしい雰囲気が漲っていました!!

esakui69 様


「五月の風」ですけど、そうそう・・・確かにコーダ直前で唐突にテンポを落としていましたけど
いつの間にか元のテンポに戻っていました。
少し硬質に感じられるクラリネットの音色がとってもこのマーチに合っていたようにも感じられます。
この年の自由曲の「くじゃく」もとっても素晴らしい演奏でしたね!!
豪快さと繊細さがうまくミックスされていましたし、他校かフルートで吹く箇所をあえてクラリネットで
吹かせたりと独自の解釈が際立っていました。

ああいう個性的な先生は・・・当分出ないかもしれないですね。

私はとっても大好きな先生でした!!

急逝されたのが

本当に惜しいですね(>_<)💦
亡くなられる直前まで吹奏楽と洛南高校の指導に明け暮れておられたのが不思議に感じますね(>_<)💦
初めて洛南高校の演奏を聴いたのが約15年前、高校1年の時ですけど、えらく感激したものです(^^)
それから関西のコンクール常連バンド(淀川工業、天理、大津シンフォニック)と聴かせて頂きましたが、個人的には洛南高校のサウンドが1番好きですね(^^)
洛南、全国大会に是非復活して欲しいですね(^^)
(逆に明浄学院、大阪桐蔭のサウンドは人工的な感じ、大量生産の感じがしてあまり好きでは無いですね(>_<)💦
人間臭さをもう少し出して欲しいなって感じますね(>_<)💦)

初めて知りました・・・

esakui69 様


宮本先生、既にご逝去されていたのですね・・・・
すみません、これは知らなかったです。
本当にまだお若いのに、とっても残念でなりませんね・・・
洛南の豪快さと繊細さがうまくMIXされた演奏は本当に素晴らしかったし、
初金賞時のダフニスとクロエは本当にガッツに溢れた演奏でした!!

私も全く同感で、明浄学院、大阪桐蔭は、少し審査員を意識し過ぎた演奏で人工的な香りがしますね。

宮本先生のご冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います。

逝去といえば

原町第一中学を指導されておられた北野先生も宮本先生と同じ動脈瘤性解離で亡くなられてますね(>_<)💦
突然の逝去で当時はかなり驚いたものでした(>_<)💦
男子高校生が幾つもの楽器を次から次へと持ち替える姿は田舎の高校生から見れば凄く斬新に見えたものでした(^^)
もう宮本先生の様な指導者はもう現れないと思うと残念で仕方ないですね(>_<)💦

洛南/ローマの松

esakui69 様


北野先生も早すぎる突然の死でしたよね・・・
「海」の演奏が大変印象的でした。

洛南の宮本先生の場合、1989年の「ローマの松」にて
トロンボーン奏者がフルートに楽器を持ち替えて演奏した事は、あれはまさに「ぶったまげ」ものでしたね・・・
ローマの松をコンクールでカットは当然ありますけど、全楽章演奏しちゃうなんて発想は
宮本先生=洛南以外は絶対にありえないと思います!

海といえば

そういえば93年のコンクールでも洛南は普段は取り上げられない第二楽章を演奏してましたね(^^)
普段は大体第一楽章か第三楽章が取り上げられる海に第二楽章を取り入れたのは後にも先にも洛南だけだと思いますね(^^)
固定概念に囚われないこの感じがなんか宮本先生らしいですね(^^)

Re: 海といえば

esakui69 様


全く同感です!!

93年の洛南の「海」はⅡの波の戯れも演奏していましたけど、Ⅱで使用したソプラノサックスの音色が
かなりⅡのイメージともマッチしていて、武骨なんだけどとっても繊細な「海」を大変立派に
表現されていたと思います。
翌年94年の「リバティファンファーレも」関西大会ダメ金でしたけど、あれはまさに・・・
勿体無いダメ金でした!!
是非あの華麗な出だしは普門館で聴いてみたかったですね!!

コンクールの評価

確かに勢いがあっていい演奏でしたし、課題曲の饗応夫人もyoutubeにアップされていたので試聴してみましたけど、変わらず洛南らしい解釈ですね(^^)
ある意味自分たちのスタイルを貫き通していますね(^^)
こうしてバンドの歴史を調べてみたら中々面白いですね(^^)
洛南=宮本サウンドはずっと変わって無いなって感じますね(^^)
でもこの海とリバティー・ファンファーレが普門館で演奏されていたら、ある意味どんな評価がなされていたかって感じですね(^^)
そう言う意味では94年の普門館では淀川工業よりも洛南の方が聴きたかったかも…(>_<)💦
ある意味記録に残らなくとも記憶に残る、そんな演奏ですね(^^)

リバティファンファーレ

esakui69 様


そうなんですよ!!
94年の洛南の「リバティファンファーレ」は本当に素晴らしいまさに「圧巻」のウルトラ名演だと思いますし、
演奏終了後の声援とかブラボーコールは半端ないものがありました!
私、普門館で淀川工業の「大天使・聖ミカエル」を聴きましたけど、課題曲を含めてらしくない演奏であり
やっぱり洛南に是非全国大会に出て欲しかったです!!
洛南と言えば、大好きなのは銀賞なんですけど「アメリカの騎士」が本当に素晴らしいと思います!!

これまた名演

アメリカの騎士は確かこの年、市立柏とのダブル初演でしたね(^^)
でもフタを開けてみると、市立柏は優等生っぽい地味演、可もなく不可もないあっさりした演奏、対する洛南はジャスの乗り満載のパワフルな演奏、凄く対象的な演奏でしたね(^^)
でも市立柏はまだこの年は覚醒しきれてなくて、翌年のコンサートバンドとジャスアンサンブルのためのラプソディー、2004年のアフリカの典礼の頃が最骨頂だった様に感じますね(^^)
(2005年のサバンナはアレはアレで面白いのですが、少し大げさにやり過ぎだ感が勝っているのがかなり残念ですね(>_<)💦)
コンクールを勝ちに行く為の大会と捉えているバンドが多い中で、新しい曲に挑戦するバンドがいるってのも事実ですね(^^)
(丸谷先生は何時になったらダフニスとクロエと大阪俗謡以外の曲をコンクールで演奏するのやら(>_<)💦)

アメリカの騎士

esakui69 様


そうですねーー、「アメリカの騎士」に関しては私も洛南の方が大好きです。
市立柏は洗練し過ぎていかにもコンクールの優等生みたいな香りがします。
だけど柏のベースギターはパンチが効いていて面白いのですけど、ベースギターは現在のコンクールでは
使用禁止ですので、ウイルソンのコンサートバンドとジャスアンサンブルのためのラプソディーと共に
演奏効果はかなり減りそうな感じもします。
洛南の「アメリカの騎士」はあの武骨な感じがとっても大好きですし、
あれこそまさに「宮本=洛南ワールド炸裂!!」という感じでしたし、ラスト近くのティンパニの高音の響かせ方が
とっても大好きでした!

淀工ですか・・・(苦笑・・)

俗謡・ダフクロ・スペインのたらし廻しは続くよどこまでも・・という感じですね・・・(苦笑・・)

確かに

洛南が演奏した自由曲の中には後に演奏されてヒットした自由曲も幾つかありますけど、洛南以上に記憶に残った演奏ってあまり無いですね(>_<)💦
(アメリカの騎士、華麗なる舞曲、ハリソンの夢は特にその傾向でこの3曲は洛南以上の記憶に残る演奏は無いですね(>_<)💦)
コンクールで良い結果を求めるよりも記憶に残る演奏、その想いが強く残りますね(^^)
確かに近年のコンクールは結果と賞を求めるだけの出来レースになりつつあるのが残念ですね(>_<)💦
一生懸命練習してきたのが伝わる、そんなコンクールがもう一度見てみたいですね(>_<)💦
(生徒達は一生懸命練習してるけど、なんかそれが伝わり難いのが少し虚しいですね(>_<)💦)
選曲も年々難易度が上がってレベルも上がりつつありますが、マンネリ化してるのも事実ですね(>_<)💦
稀に新しい分野に挑戦(高輪台のブルックナーの第8番)や、
懐かしい選曲(習志野のシェヘラザード、出雲第一の寄港地)
も嬉しく感じますね(^^)
記憶に残る演奏、それをもう少し見せて欲しいですね(^^)

Re: 確かに

esakui69 様


「ダンス・フォラトゥーラ」というとどうしても現在の視点では精華女子というイメージが大変強いけど
私は個人的には・・・87年の洛南の多分ですけど日本のコンクール初演でのあの豪快な演奏の印象が
強いですね。
「渚スコープ」との静と動との対比も素晴らしかったです!

そうですね・・・

ご指摘の通り最近のコンクールは聴いていてあんまり「ときめき」は感じないです・・・

マンネリ化&マニュアル化されたばかりの演奏が多いのが気がかりですね。

ブルックナー8番とかマーラー5番とか、うーーん・・正直賛否両論はあるけど
チャレンジとしては面白いと思います。
だけど・・・
この種の曲の場合「アレンジが命!!」という感じですね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1505-00610039
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |