FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8/31(日)のハピネスチャージプリキュアは、
本当に素晴らしい回であり、
これまでの30回の話の中では、めぐみの「わんわんわんこ」の回と並んで極めて魅力的な回だったと
思います。今回は、あまりにも「アンラブリー」の話が強烈でしたので
ともすればこちらの方にばかり目が行きがちなのですけど、
実は、めぐみの内面をとても幼児番組とは思えないほど抉り出す、ある意味その残酷さにも
心を打たれる面が多々あり、
実に印象的です。

※但し、めぐみの内面とかめぐみの幸福観については、①ではなくて②に譲りたいと
  思います。

細かい突っ込み所なのですけど、
冒頭部分でめぐみの答案用紙をよーく見てみると、
いつの間にか3年生になっていましたけど、
あれ、めぐみっていつから3年生に進級したのでしょうか・・・??
(ま、多分、単なる誤表記だと思いますけど・・・)

まさかプリキュアの世界では、学年最下位の子は「飛び級」で即三年生になるルールでも
あるのかな・・・・??





歴代プリキュアにおいて、
敵幹部が生み出した「悪落ちプリキュア」という事例は、
プリキュア5の映画の「ダークドリーム」とか
スマイルで、ジョーカーが生み出した「バットエンドプリキュア」というのが存在しましたけど、
あれはあくまで鏡を使用して、プリキュア本体から生み出された分身的なもの・・・

今回は、いやいや、まさか本当にファントムが・・・・あの強くて凛々しいファントム様が
まさか本当に「女装」(?)をしてくれるとは、まさに嬉しい(?)誤算という感じでしたね。
ま、女装といっても、ラブリーの影を利用して、ラブリーの表面だけを借りたという感じなのですけど、
どう見てもあれは「女装」ですよね・・・

だけど、あのアンラブリー、すごーく何か魅力がありましたよね。

「可愛い」とは決して言いませんけど、「戦う女戦士」とか「くノ一」みたいな雰囲気はありました。
意外と雰囲気が美人さんなので驚いてしまいましたけど、
あれはあくまで男なんですよね・・・
残念ながら正体は、ファントム以外の何者でもないのですよね・・・(苦笑・・・)

だけど、正体はファントムだけあって、本当に強かったですね・・・・
でもあの戦い方、特に電柱を鷲掴みにして戦うあたりは、
本家本元の「キュ荒プリー」そのものでしたね・・・・(笑)
ま、それは影とはいえ、ラブリーというかめぐみそのものを取り込んでいるから仕方はないのですけどね・・
それゆえ、めぐみの小さい頃からの「内面」とか「精神状態」を全て認識さているゆえに
ラブリーに対する過剰とも思える「精神攻撃」はすさまじいものがありました・・・

あれは小さいお子さんとか「トラウマ」にならなければいいのだけど・・・・

もしもファントムが、ミラージュから授かったという、影を利用して相手に化ける事が出来るというならば
是非、ハニーとかフォーチュンのも見てみたいですね。
特に「アンハニー」とかすごく興味がありますね・・・
それでもってゆうゆうの「心の深層」が判明しそうですし・・・・


fdef6b72_convert_20140902192156.jpg


今回、アンラブリーがあまりにも強烈ですっかり影に隠れてしまいましたけど、
さり気なく、驚くべき過去の事実も判明しましたね・・・
ある程度予想通りだったとえいえ、あの巫女さんも実はやっぱり過去はプリキュアだったのですね・・・

あれ、待てよ・・・
そうなると歴代において、「闇落ち」というか「悪堕ち」というか・・・
まがりなりにも「正義側」のプリキュアだった人が
悪側に闇落ちしてしまったのは、ミラージュが史上初の快挙(??)なのかもしれませんよね。

でも名前が「キュアミラージュ」なんて、なんかいかにもその通りのネーミングで、
キュアサニー風に言うと、「そのまんまやねん・・・」と関西弁で突っ込みを入れたくもなりますね・・・(苦笑・・・)

あ、そうそう関係ないけど次回の「10周年おめでとうメッセージ」は、キュアサニーですね・・・

300年前にブルーとキュアミラージュは手を取り合って戦っていましたけど、
これってシリアスな見方をすれば、
「プルー-ミラージュ」の組合せと「ブルー-ラブリー」の組合せは、本質は全く同じ・・・・
逆にいうと、ラブリーだって一歩間違えると、ミラージュと同じ道を歩んでしまう危険性がある事を
何やら暗示しているような印象もあります。

片方は闇堕ちをしたけど、片方は悪との戦いを繰り広げている・・・
その両者の違いとはいったい何なのか・・・
結論から言うと、別に両者に大きな相違点はないのだと思います。
たまたま「ほんの小さなきっかけ」だったのだと思います。両者の違いを分けたものとは・・・・一体何なのか・・・
今の所、私にもよく分かりません。
ラブリーだって、ミラージュのようになってしまう可能性も秘めている・・・
それは今でも変わらない。
だけど、ミラージュのようになるのも、プリキュアとして戦い続ける事が出来るかどうかは
まさしく「心の持ち方」次第なのだと思います。
そしてそれが本作「ハピネスチャージ」のメインテーマである
「人は心の持ち方一つで変われることが出来る」に繋がっていくようにも感じられます。



a47d72e9_convert_20140902191907.jpg


今回は、色々と見所に突っ込みどころと満載なのですけど、
一番良かったなーと感じるシーンは、
ファントムの精神攻撃によって珍しくかなり凹んでいるラブリーの腕をギューーーッとつねって
ラブリーの気持ちを呼び覚ましているプリンセスの姿勢ですね。

うん、あれはとても見ていて心地よかったです。

ファントムにいきなり格好よく「急降下ダイブ」とかいって突っ込んでいったものの
軽くいなされたプリンセスは相変わらず戦闘面ではポンコツなのですけど、
こうやってラブリーに喝を入れるまで成長が図れたプリンセスがとても素晴らしかったと思います。


d72c08bf_convert_20140902192033.jpg


いよいよ幼児用の「新商品」紹介コーナーですけど、(笑)
アイシャドウや口紅というおしゃれアイテムは、最早プリキュアでは珍しくなくなりましたね。

というか、昨年のドキドキの「キュアエース」の口紅ですっかり免疫が出来たという感じです・・・・(笑)

うーーーん、だけどいおなというかフォーチュンだけは
何かすこし「けばさ」を感じたのだけど、
ま、一番大人っぽいプリキュアだから、これは仕方がないのかな・・・・??



ba848204_convert_20140902192002.jpg


前回の予告も驚きでしたけど、
今回の「予告」は更に衝撃的なものでした・・・・

えーー、もしかしてまさかの展開・・・・??

何かこういうシーンってどこかで見た事があるなーと思っていたら
そうそう、昨年のドキドキでも
落雷に打たれて記憶喪失になったイーラを手当てする六花さんという例がありましたね・・・

ああいう「イラりつ」の展開と同様の
まさかまさかの「ファンゆう」の展開が待っているのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1503-e4126e63
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |