FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ベルリオーズというと「幻想交響曲」というイメージがクラシック音楽の上では
強いと思います。
よく言われる話ですけど、この「幻想交響曲」はクラシック音楽史の上では「一つの大変な奇跡」と
言えると思います。
だって、「古典派」の絶対的な象徴であるベートーヴェン大先生が亡くなってわずか三年後に
この型破りで現代でも十分その「異端さ」が感じられる「幻想交響曲」が作曲されている訳ですから・・・・

だけど、あまりよく知られていない話ですけど、
実は「幻想交響曲」は姉妹作というか続編みたいな作品が存在し、
これが叙情独白劇「レリオ、生への回帰」という作品なのです。
あまりにも有名な「幻想交響曲」の作品番号が、14-aとなっていますが
「レリオ、生への回帰」の作品番号は、14-bとなっています。
ベルリオーズ自身は、スコア上では、
「出来れば幻想交響曲とレリオは続けて演奏される事が望ましい」と指示を出していますが、
実際にこの2曲がセットで続けて演奏される事は、まずありません・・・
というか、無いです・・・
だって、日本でこの「レリオ・・・」が演奏されたのは、
何と平成に入ってからであり、小林研一郎指揮/大阪フィルが多分初演だと思われます・・・

というかこの「レリオ、生への回帰」は、ヘンと言うか「おかしい」作品です。
だって、55分の演奏時間の内、半分以上は、音楽ではなくて
ベルリオーズ自作の「テキスト朗読」によって費やされますから・・・・
この「テキスト」というのも、当時のベルリオーズの失恋体験をベースに書かれたものです。
「幻想交響曲」は、当時の人気女優、ハリエット=スミソンに対する苦しい片思いの恋から作曲されていますけど、
(ま、後に一応この二人はめでたく結ばれるのですけど・・・・)
「レリオ・・・」は、ピアニスト、マリーとの婚約解消という大変シビアな体験から生み出されています。

この曲、一度だけ、東京文化会館5階の音楽資料室でレコードを借り、
聴いたことがあるのですけど
(確かブーレーズ指揮だったような記憶が・・・)
テキスト朗読は外国語でさっぱり分からないし、
印象としては「二度と聴きたくもない・・・」という感じでした。

「幻想交響曲」という音楽史に残るメジャーな曲で、現在でもオケのレパートリーとして定着し続ける曲の
姉妹作というか続編にこんなヘンな曲があるという事実は
ベルリオーズ自身も意外と「過去のこっ恥ずかしい思い出」とか「若かりし日の駄作」という
認識は無かったのかな・・・

だけど、ベルリオーズは、「幻想交響曲」を含めて、
交響曲の分野では、いわゆる「古典的形式」には全くとらわれない自由な形式の作品ばかり
残しているのは、さすが・・・という感じですよね。

例えば・・・・

〇交響曲「イタリアのハロルド」 ⇒ 実際はヴィオラ協奏曲みたいな側面がある曲・・・

〇劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 ⇒大規模合唱を伴い、実際は「カンタータ」に限りなく近い・・・

〇葬送と勝利の交響曲 ⇒なんと、「吹奏楽」のための交響曲・・・ オプションとして「弦五部」が入る・・・


そうそう「レリオ・・・」なのですけど、

この曲は下記の6曲から構成されています。

第1曲 漁師
第2曲 亡霊の合唱
第3曲 山賊の歌
第4曲 幸福の歌
第5曲 間奏曲
第6曲 嵐による幻想曲

第6曲の開始までは語り手のみが舞台の前に立ち、
オーケストラ、独唱者、合唱団は舞台に下ろされたカーテンの裏で演奏をし、
第6曲を演奏する時に初めてカーテンが上げられます。

やはり相当ヘンな曲ですね・・・

だけど、このヘンな曲は一度だけ、
吹奏楽コンクールの自由曲として演奏されています。
1989年の東海大学第一中学校が、この「レリオ、生への回帰」を演奏しているとのことですけど、
一体どの部分をどうやって演奏したのでしょうか・・・・??
何かすごく気になります・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

幻想交響曲の相棒ですか、知りませんでした。そんなのをコバケンが振ってるんですね朗読は誰がどんな言葉でやったんでしょうね。こうやってお話として聞かせていただくと興味深いですが、演奏を聴きに行く殊勝さはないです(笑)
でも少しだけ興味があります。

レリオ、生への回帰

MK 様

コメント頂きありがとうございます!!

実は「幻想交響曲」にはこうした姉妹作と言うか「続編」があるのですよね・・・
ま、演奏時間の半分以上は、
ベルリオーズの「誇張まみれの告白劇」みたいな朗読ですからね。
自分もレコードで聴いただけなのですけど、多分言語はフランス語なので
中身はちんぷんかんぷんです・・・
たとえ、幻想交響曲とのセットの演奏会が万一あったとしても
聴きに行く勇気はないですね・・・(苦笑)
但し1989年の吹奏楽コンクールの7分程度のカットアレンジ版はなんか興味がありますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1501-6718735c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |