FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


前回、都立永山高校の「この地球を神と崇める」の演奏について
かなりグダグダと長文を書いてしまいましたけど、
この年の高校の部の全国大会は、自分自身は、正直に書くと
都立永山の緊張感漲る演奏をもって、自分自身の「緊張の糸」がプツンと切れてしまったような
感じもします・・・
だから永山の次の演奏団体の天理高校とその次の福岡第一の演奏は
ほぼ「爆睡」状態だったと思います。
天理は半分夢の中で
「すごく透明感溢れるサウンドだけど、少し感情を抑制し過ぎ・・・」みたいな感じはしました。
福岡第一の自由曲、ブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲は
あまり演奏されない曲でとても楽しみにしていたのですけど
肝心の本人が爆睡状態では仕方ないですね・・・・(苦笑・・・)
そしてプログラム23番の山形南で意識を回復し(?)
プログラム25番の高岡商業のスピード感溢れる切れのある演奏で完全復活という感じ
でしたけど、
プログラム27番の兵庫をもってこの年の全国大会・高校の部は終了してしまいました・・・

全国大会で「爆睡」というのはあまり記憶にないだけに
少し勿体ない感じはしましたね・・・・


〇山形南

 Ⅳ/ローマの祭り

 87年の「ローマの松」以来の出場で、指揮者の先生も変わっていました。
 演奏の感想は、一言で言うと「並以下の演奏・・・」
 よく全国大会に出場できたな・・・というレベルの演奏だったと思います。
 この年の東北大会は、花輪高校の小林先生が秋田南に異動され、
 花輪は県大会落ち、秋田南は小林先生が求める音楽がまだ十分伝わりきれていないせいか(?)
 この年は東北大会・スカ金止まり・・・
 何か漁夫の利みたいな形で山形南は全国に来れたのかな・・・・??
 だけど、一つ素晴らしかった点があります。
 何かというと、小太鼓奏者の技術力の高さと抜群のリズムの切れは、高く評価されるべきだと
 思います。
 特に主顕祭の前半部分の小太鼓の撥さばきは、聴くだけで惚れ惚れとするものがありました。
 チルチェンセスの部分は、何かサウンドがこもり気味で、そのモヤモヤ感にすっきりしないものを
 感じていましたけど、
 主顕祭で一気に「スカッ」とした感じになりましたけど
 それは小太鼓奏者の力量によるもの大みたいな印象を受けました。
 たった一人の奏者の印象で全体の雰囲気が変わることもある典型例みたいな演奏でした。

〇高松第一高校

 Ⅳ/トッカータとフーガ二短調

 サウンドが濁っている訳ではないけど
 何か「もっさりとした」演奏なんですよね・・・
 一言で言うと「重くてだるい演奏」・・・・
 普通の県立高校の先生と生徒が一生懸命手作りした音楽という素朴さは伝わったものの
 やはり技術的なマイナスと言うか、
 特にアピールするものが無いというのは、
 既にこの時代のコンクールでは致命的だったのかも・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1500-e38dedaa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |