FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


〇習志野高校

 Ⅳ/スペイン狂詩曲~Ⅱ.マラゲーニャ Ⅳ.祭り

 この年の全国大会・高校の部は課題曲がⅡとⅣに集中してしまい、
 色々多くのチームが、それぞれ素敵で楽しい課題曲Ⅳ/マーチ「エイプリル・メイ」を聴かせて
 くれましたけど、
 個人的な感想では、この習志野高校と札幌白石の課題曲Ⅳが双璧だったような印象があります。
 札幌白石は、少し粗いのだけどメリハリの付け方がはっきりしていて
 ダイナミックスレンジが相当広い印象を受けました。
 習志野の課題曲Ⅳは、一言で言うと大変チャーミングで可愛い演奏・・・
 変な表現ですけど、可愛い女の子を頬でスリスリしたくなるような(?)愛くるしさに溢れた
 大変素敵な演奏です。
 これってやはり音色が大変澄み切っていて透明感に溢れ、サウンド全体に「何とも言えない気品さ」が
 漂っているせいもあると思います。
 だけど圧巻は「スペイン狂詩曲」でしたね。
 このチーム、以前にも海とかダフニスとクロエなどのフランス音楽を自由曲に取り上げていましたけど
 繊細で気品のあるこの習志野のサウンドとフランス音楽は、本当に相性が抜群なのだと
 思います。
 一言で感想を言うと、
 「なんで、吹奏楽という管楽器だけの世界でここまで繊細な音楽を創りだせるの・・・凄い、すごすぎる・・・」に
 尽きると思います。
 勿論、ラヴェルの原曲を超える事は出来ませんし、
 悪く言うと所詮は「模倣」の領域なのかもしれませんけど、
 ラヴェルのこの繊細でもろいこの曲を表現するのに使用した楽器がたまたま「管楽器+打楽器」だった・・・
 みたいな言い方も出来ると思えるくらい
 ラヴェルのけだるく繊細で気品のある音楽を、
 吹奏楽と言う別の表現で聴衆に伝える事が出来た大変立派な演奏だったと思います。

 個人的に、習志野=新妻先生のサウンドと言うと、
 86年・海、87年・ダフニスとクロエ、89年・交響三章 93年・スペイン狂詩曲が四天王ですね。
 だけど特に87年のダフクロとこの年は神かがっていた素晴らしい演奏だったと思います。

 あ、そうそう関係ありませんけど
 このブログでも何度も登場している「就実高校」が、今年の全国大会にほーんと久しぶりに
 戻ってきます。
 その自由曲が「スペイン狂詩曲」ですので、
 習志野の模倣ではなくて、
 なにか現在の就実らしい演奏を聴かせて欲しいなーと思います。


〇都立永山高校

 Ⅱ/この地球を神と崇める~Ⅱ.破壊の悲劇 Ⅲ.終章(エピローグ)

 フーサの「この地球を神と崇める」と都立永山の演奏は、実は8月の記事で散々書きましたので
 今回は省略としたいのですけど、
 やはりこの曲を少しでも誰か一人でもいいから「何か」を伝えたいと思い、
 少しだけ取り上げさせて頂きます。

 ちなみに8月の記事を一部分転用しますと・・・・

....................................................................

 フーサは、「プラハのための音楽1968」という大作で、吹奏楽コンクール等でもすっかりお馴染みの
作曲家の一人だと思いますけど、
「この地球を神と崇める」という作品は、あまりにも難解なテーマ・難しいテクニックと表現方法によって
長らく吹奏楽コンクールでは全く見向きもされない作品でしたけど、
1993年に都立永山高校がこの曲を自由曲として取り上げ、そして歴史的名演を残してくれた
おかげで、この曲が一気に認知されていったようにも思えます。
「プラハのための音楽1968」は、当時の「チェコ動乱」→ソ連軍侵攻とチェコ国民の苦悩と怒りを
音楽として取り上げたものですけど、
題材は「チェコ」というあくまで一国をクローズアップしたものでした。

「この地球を神と崇める」は、チェコ一国という問題にとどまらず
人類全体、いや地球全体の問題提起としてこの曲を作曲し、
「この美しい地球の環境破壊を果たしてこのまま放置して本当に良いのか・・・」という事を
既に1970年代の時点から「吹奏楽作品」という音楽を通して「メッセージ」を伝えた事は
大変意義が深いと思います。
現在の地球環境の激変・温暖化現象・PM2.5・世界各地の公害・異常気象などは
一国政府だけで解決できる簡単な問題ではないはずです。
世界各国が「共通問題」としていの一番に取り組むべき問題なのに
自国の利益・利害調整の壁に阻まれ、
なんら有効な対策を一つも打ち出せていない・・・
こうした事態・現象に、既に40年前から音楽を通して「警告」を発してきたフーサの「先見の明」は
大変なものがあると思います。

全体として25分前後の曲なのですけど
聴くだけでかなり気分は重くなります・・・
決して「気軽」に聴ける音楽ではありません。
だけど作曲者からの「強いメッセージ」は痛いほど伝わってきます。

フーサ自身が、スコア冒頭に、かなり長めの文章を掲載しています。

簡単に記すと・・・

この曲は、いまの人類が直面する様々な問題――戦争や飢餓、種の絶滅、環境汚染などが動機となって生まれた。
この美しい地球の破壊や荒廃が、幻想に終わることを祈るばかりである。

 第Ⅰ楽章 地球は宇宙の中の点として描かれ、次第に大きくなり、悲劇を予感させる。
 第Ⅱ楽章 放射能で破壊され、傷ついた地球が描かれる。
 第Ⅲ楽章 地球は宇宙の彼方に砕け散る。奏者は「この美しい地球」と声に出す。
         そしてこんな疑問が浮かび上がってくる
        「なぜ、私たちはこんなことをしてしまったのだろうか?」・・・

「プラハのための音楽1968」は、具体的な事件に対する「チェコ国民の怒り」をテーマにした
ある意味具体的な内容の作品なのですけど
「この地球を神と崇める」は、非常に抽象的な内容なのだけど、強いメーセッジ性を有しています。
一言で言うと、この曲は「地球の泣き声、慟哭」なのではないかな・・とも思えます。
環境破壊に蝕まれた地球自体からの「悲痛な叫び」を強く感じてしまいます・・・


....................................................................


都立永山の演奏は、都大会でも聴きましたが、
とにかく「衝撃度」がすさまじかったです・・・
確実に自分の中に「何か」を伝えてくれました・・・
「この地球を神と崇める」という曲があるのは随分以前から知識として知ってはいましたけど、
この曲のレコードやCDも見当たらず、
演奏会やコンクールでも演奏される事はまず無い曲でしたので、
都大会の永山高校の演奏で、この曲を初めて聴いたというのが正直なところです。

都大会を通過し、全国大会に進んでも
正直自分の内心では不安な点もありました。
というのも、都立永山は、1990年のプラハ、91年の「火の鳥」、92年の「オード」と
都大会では素晴らしい演奏を聴かせてくれるのに
なぜか全国大会では緊張するのか、「よそいき」の演奏になってしまい、
都大会で聴かせてくれたような「自由さ」とか「メッセージ性」が今一つ伝わりきれていない杞憂が
あったからです。
この日も永山の演奏が始まる際は、心の中で
「どうか彼らが都大会のような演奏が出来ますように・・・普段通りの演奏が出来ますように・・・」と
祈っていましたけど、
全国大会の本番では、
ついにやってくれましたね!!

都大会以上に大変満足できる演奏であり、
Ⅱの衝撃度、Ⅲの静粛さの対比も申し分なく
確実に全国大会での聴衆にも「何か」を伝えてくれていたと思います。

ラストの女子生徒による「This beautiful Earth・・・」の呟くようなボイスもとても良かったです。
(このボイスはソニーの実況盤CDにもしっかりと収録されています)
シロフォーンの繰り返しによるフェードアウトで曲が閉じられていくのも実に効果的でした。

「この地球を神と崇める」は、支部大会でも通算8回しか演奏されないほど
大変な難曲中の難曲ですけど、
その内、4回が全国大会に出ているのですね・・
これは少し意外な感じもしました。
2000年の磐城高校の演奏を最後にどのチームも演奏していませんので
そろそろ別のアプローチの演奏も聴いてみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1494-600492f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |