FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ジョン=ウィリアムズは、アメリカ映画音楽上の貢献度はすさまじいものがありますよね。
アカデミー賞を5回受賞と言うのも凄いと思いますけど、ノミネート止まり42回と言うのも
ある意味一つの記録ですよね・・

この方が映画音楽として作曲した曲って思いつくだけでも

〇ジョーズ

〇スターウォーズ

〇未知との遭遇

〇スーパーマン

〇インディージョーンズ

〇ホームアローン

〇シンドラーのリスト

〇ジュラシックパーク

〇ハリー・ポッター

など多数の作品が出てきますね。
個人的には、吹奏楽でも自分自身演奏経験がありますけど「スターウォーズ」がとても
印象深いです。
やはりあの音楽の「メインテーマ」を聴くだけで、映画の名シーンが色々と思い出してしまいますね。
知名度はいま一つですけど「11人のカウボーイ」のホルンの雄叫びも極めて印象深いものがあります。

この方は、ボストン・ポップスの指揮者として
自作自演の他に、
例えば、スッペの喜歌劇「ボッカチオ」序曲とかカバレフスキーの歌劇「コラブルニヨン」序曲など
親しみやすい小品の演奏も素敵なものが多く、
その意味でも印象深いものがあります。

このジョン・ウィリアムズの作品で、映画音楽意外なのですけど
忘れられない作品として
「リバティー・ファンファーレ」という大変スケールの大きな小品があります。
式典関係のファンファーレと言うと、
この曲以外でも、
1984年の「ロサンジェルスオリンピック」のテーマ曲であるファンファーレも中々素晴らしかったですね。

この「リバティー・ファンファーレ」ですけど、
「自由の女神」像、建設100周年を記念して元々作曲されました。
「自由の女神」の前での発表は、7月4日にマンハッタンの南西端のバッテリー公園で
夕方から夜にかけて盛大に行われました。
当日はウイリアムズの指揮によるオール・アメリカン・マーチング・バンドと合唱団が
「自由の女神」をバックに、野外ステージで演奏されました。

金管楽器の壮麗なファンファーレに続き、打楽器や鐘が打ち鳴らされ、
ホルン等が厳かな第1主題を提示し、トランペットの華やかな旋律が高鳴り興奮が増し、
最後にもう一度第1主題も現れ、効果的に曲を閉じます。
冒頭の金管セクションによるファンファーレは、本当に豪快で気持ち良く鳴り響き、
その後続く「鐘」は、チャイムというよりは
本格的な教会の鐘というかカリヨンがゴーンと荘厳に鳴り響くのが
極めて印象的です。

この曲残念ながら生で聴いたことは一度もないのですけど
コンサートのオープニングとしては実に相応しい曲だと思います。
夏の野外コンサートにも何か最適の曲ですね。

この曲は、吹奏楽にも編曲され、
1994年の関西大会で、洛南高校がこの曲を自由曲に選び素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
惜しまれることに、この年の洛南は全国大会に進めず、関西大会で散ってしまったのですけど
あの華麗な演奏は是非普門館でも聴きたかったですね。
この曲は、吹奏楽版では、確か
「交響的三章」・「よろこびの翼」・「オーストラリア民謡変奏組曲」でお馴染みのカーナウが
アレンジしていますけど、
吹奏楽オリジナル作品を主に活動対象にされている方がこうやって
管弦楽作品をアレンジしているのも何か興味深いものがあります。
ちなみにカーナウは、確かホルストの組曲「惑星」~天王星も吹奏楽に編曲していましたね。

ジョン・ウィリアムズは今年82歳となりましたが、こうやって現役で作曲活動を続けられている点は
ホント、すごい事だと思いますし、
まだまだ現役で頑張って欲しいものですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

懐かしいですね

お久しぶりです(;>_<;)

この演奏は洛南高校のDVDで観ましたね(o^ O^)シ彡☆
(コンクールの映像ではなくて定期演奏会の映像ですが…(;>_<;))

豪快で勢いのある演奏で個人的には好きなんですが…(;>_<;)

この年は課題曲が長いうえに難易度も高いものが多いので、各団体の選曲も面白味があったように感じました(o^ O^)シ彡☆

でもこうして聞き直してみると、音楽は生き物なんだなって、改めて感じますね…(;>_<;)

Re: 懐かしいですね

esakui69 様

ご無沙汰しております・・・・(笑)

洛南の「リバティ・ファンファーレ」はワールドレコード社の「関西の吹奏楽94」で
聴いたのですけど、
この演奏、本当に輝いていますね!!
正直この年の淀川工業と兵庫が普門館では冴えない感じの演奏でしたので
是非あの豪快な演奏を全国大会でも披露して欲しかったですね・・・
洛南の演奏をCDで聴く限りは、拍手が止まらないという感じでしたね。
この年の課題曲は長いせいか、やたら「キャンディード序曲」が一年限りの流行を
見せていたのは面白かったですね。

確かに…(;>_<;)

この年の代表だった淀川工業と兵庫は?の演奏でしたね(;>_<;)
(逆に天理のスペイン狂詩曲はかなりの名演でしたね(;>_<;))

淀川工業はいつもの豪快かつ丁寧な感じが全くない終始?の演奏でしたね(;>_<;)

90年代前半は淀川工業にとっての低迷期ですね(;>_<;)
翌年から淀工カラーが出てくるのですが、自由曲の使い回しは何か残念ですね(;>_<;)

Re: 確かに…(;>_<;)

esakui69 様

当時普門館で聴いていて、天理の別格の演奏ぶり、というか気品溢れた「スペイン狂詩曲」には
本当に感動したものです。
淀工は課題曲Ⅳの冒頭のトランペットのソロ外しが象徴するように
ホント冴えない演奏でした・・・
ご指摘の通り、最近の淀工の自由曲の使い廻しは目に余るものがありますね・・・
指揮者があまにりも大物になりすぎて誰も何も言えないのか、
新しい選曲の挑戦をする気力すら低下しているのかよく分かりませんが
確かにガッカリですね・・・・(苦笑)

う~ん(;>_<;)

確かに、何かしら言えない暗黙の了解が出来ているのかも知れないですね(;>_<;)

淀川工業はもうちょっと挑戦して欲しいですね(;>_<;)
使い回しで全国大会で金賞とっても何だかなって思いますね(;>_<;)

でもそれを楽しみにしているファンもおられるので、何とも言えないですね…(;>_<;)

Re: う~ん(;>_<;)

esakui69 様

古い話ですけど、1990年に金光八尾高校が「大阪俗謡による幻想曲」を全国で演奏した際、
「淀川工業そっくりのパクリ演奏」とか
「淀川工業のコピー演奏」とか
「鈴とかチャンチキの叩き方まで淀川工業とそっくり」みたいな事を言われていましたけど、
何か最近の淀工が「大阪俗謡・・・」を演奏するたびに
「1980年・淀工最初の全国での演奏のコピー演奏」みたいに感じる事があります・・・

何か自らが自らの過去の栄光にすがっているという感じもします・・・

ま、丸谷先生もいずれ勇退されるでしようから
勇退前に一度、今まで一度も取り上げなかった曲に挑戦されてみても面白いと
思うのですけどね・・・
淀工のカラーですと、ベタな選曲ですけど
ガイーヌとかベルキスとか最近の曲では「ラッキードラゴン」なんか
ドンピシャの曲だと思うのですが・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1475-28a6a32c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |