FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ヴェーベルンという作曲家は、
正直クラシック音楽マニアの方には「たまらない・・・」名前なのかもしれませんけど、
ま、ほとんどの人は「誰、それ・・・・??」みたいな方なのかもしれません。

音楽史的に一言述べると、
ベルク・シェーンベルクと共に「新ウィーン学派三羽ガラス」とも言われ、
20世紀前半のマーラー亡き後の「前衛音楽」を切り開き、
無調音楽・十二音技法を確立させ、後の時代のブーレーズ・シュトックハウゼン等に多大な影響を残した
と言えるのかもしれません。
正直、作風は極めて難解です・・・
というか、いかにも「現代音楽・無調音楽」らしいというのか
曲そのものに「メロディー」とか「ストーリー」とか「人間らしい感情の波」はほとんど伝わってきません。
感覚としては限りなく「モノトーンの世界」に近いと思います。
「密度の薄い音響体と冷たい情感が特徴的ですけど、緻密に構成され、凝縮され、それでいて明晰な構造を
持っている」というのが教科書的な最大限の褒め言葉かもしれませんけど、
少なくとも一般の方々、
特にクラシック音楽にそれ程詳しくない人が耳にしたら
「拷問」・「退屈」以外の何物でもないかもしれませんよね・・・

ま、そういう自分もウェーベルンの曲はよく分かりません・・・
あまりにもメロディー性が皆無のため、
そしてあまりにも機能的過ぎる曲のため、
例えば、ウェーベルンの「交響曲」という曲を聴いても
それがいつ開始され、いつ終わったのか、途中でどんな展開があったのか説明しろと
試験問題に出題されても
「白紙回答」以外術がないという感じです。
ま、もっともウェーベルンの「交響曲」は、ポーとかポポーみたいなぶった切りの音の羅列という感じが
すごいしますし、
フィラデルフィアでの初演も、散々な失敗に合い、聴衆に哄笑され
失意の中で演奏会場を後にしたというエピソードまであるそうです。

ウェーベルンという作曲家は大変な寡作家で、
生涯で出版された作品はわずか31曲で、
生きている間に作曲されたすべての曲をブーレーズが「全作品作品集」という事で発表したのですけど
それでもCDに6枚のみで収まったそうです・・・
ウェーベルンの生前の写真を見ても
「何か気難しそう・・・」とか「いかにも寡黙そう・・・」とか「どういう会話をすればいいのだろう・・」と
思わず考え込んでしまいそうですけど、
ベルクのヴァイオリン協奏曲とかマーラーの6番「悲劇的」を指揮している写真が残されていますし、
自作自演のレコードも残されているとのことです。

ウェーベルンというと絶対に忘れる事が出来ない曲が一つ自分の中にはあります。

何かと言うと、
「六つの管弦楽曲」なのです。
ウェーベルンの作風は、比較的静かなものが多く、オーケストラを極限まで鳴らすという曲は
極めて少ないと思いますが、
その数少ない例外が、この「六つの管弦楽曲」、その中でも特に第四曲なのだと思います。
いやいや、あの第四曲のラスト近くのfからffffffに極度にクレッシェンドしていく様相は
ホント、尋常ではない「何か」を感じさせてくれます。
この曲の第四曲は、
小太鼓・タムタム(ドラ)がすさまじいロールをしながらクレッシェンドする中、
金管楽器がとてつもない咆哮を響かせ、この世のものとは思えない「大音響・大絶叫」を轟かせ
そうした曲想をバックに一対の鐘が
ゴーン・ゴーンと狂ったようにチャイムを響かせている曲なのですけど
あれは「物は試し・・・」という事で生涯に一度ぐらいは聴いておいた方が良いかもしれないですね・・・
「現代音楽」・「無調音楽」なのに、なぜこの曲だけ
こんなにも「何か」を感じさせるのだろう・・・

その意味でも不思議な曲です。

元々なぜ自分がこの曲を知ったかと言うと
またまた吹奏楽コンクールネタになってしまいますが、
1983年の花輪高校のベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲」という無調バリバリの曲に
思いっきり惹かれてしまい、
その盟友のヴェーベルンに「六つの管弦楽曲」と似たような曲が存在していることに気が付き
たまたま図書館にあったカラヤン指揮/ベルリンフィルのレコードで
この曲を聴いたのがきっかけでした。

だけど、この曲、色々な指揮者の演奏をその後聴いたのですけど
このカラヤンの演奏を超える演奏はいまだに出てこないですね・・・・

「六つの管弦楽曲」は、自身の母親の死が色々な意味で影響を及ぼし、作曲する上での
動機付けになっていると思います。
ヴェーベルンの手紙とかコメントによると・・・・

第1曲:母親がまだ生きていてくれたら、という希望を持ち続けつつも、すでに痛ましい不幸と破局を予感している。
第2曲:ケルンテンへ向かう列車の中で真実を悟る。予感が現実となる。
第3曲:母親の棺に置いたエリカ(ツツジ科の植物)の花の香り。
第4曲:葬送行進曲。棺とともに墓地へ向かう。
第5曲、第6曲:葬式の日の夜の不思議な気持ち。追憶と諦観。

という事が背景にあるようです。

でもなんといっても第四曲の金属的な響きと鐘の無機質な響き、そして凄まじい音のカオス・・・
これはやはり「内面の葬送行進曲」、「別れと慟哭」を意味しているのでしょうか・・・

この曲一度だけ生で聴いたことがあります。
確か新日本フィルの定期演奏会でマーラーの「大地の歌」とのセットでしたけど、
かなり不満でした・・・
というのもこの曲は実は後に改訂版が作られ、
元々四管編成で例の第四曲は打楽器奏者8人だったものが
改訂版では二管編成となり、第四曲の打楽器奏者も半分程度に減らされたのですけど
新日本フィルは確かこの改訂版の演奏でしたので
あの第四曲の「凄まじいカオス」が自分が望むものとはほど遠いものだったからです・・・

うーーん、この曲の元々の原典版を
生で聴いてみたいものですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1463-638d0141
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |