FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇八戸北高校

 Ⅳ/管弦楽のための協奏曲(三善晃)

 このチームのこの年の演奏を聴くと、どうしても前年度のこのチームの演奏と対比して
 思い出してしまいます。
 前年度の1992年のホールジンガーの「春になって、王達が戦いに出かけるに及んで・・・」の
 とてつもない雑で粗野で荒削りのとんでもない演奏なのだけど、
 奏者と指揮者の「熱い気持ち」がひしひしと伝わってくるある意味怪演をね・・・
 だけど翌年のこの年は、三善晃の「管弦楽のための協奏曲」という難曲中の難曲を
 まるであたかも「精密な設計図」に基づき緻密に組み立てているような感じの演奏を聴かせてくれ
 「え・・・、これ本当に昨年と同じチームなの・・・・??」と絶句した記憶があります。
 この時の指揮者の佐々木先生の事は
 このブログの吹奏楽カテゴリの中の「1981年~82年の東北大会」で色々と書いた記憶が
 ありますけど、あの時のシベリウスの1番とかマーラーの1番のように
 比較的この先生は「内向的な演奏」を好む傾向にあるのかなと思っていたから
 92年の「春になって・・」の若者のエネルギー大爆発の演奏は極めて意外で
 何かそのギャップがとても痛快に感じたものでしたけど、
 改めて93年の「管弦楽のための協奏曲」の演奏を聴くと、
 「なるほどね・・、やはりこの佐々木先生にはこうした緻密な演奏がよく似合う・・・」と感じたものでした。

 だけどこの辺りは、スクールバンドらしい話だと思いますね。

 指揮者の先生が、「学校のチームカラー」とか「これまでの伝統」にばかりにこだわって
 毎年毎年生徒たちに同じような「型」をはめこんでしまうよりは、
 このチームのように、その年の生徒さん達の「個性」とか「カラー」に合わせて
 演奏スタイルとかを変えていった方が、むしろ高校生にとっては自然体なのかもしれませんよね。

 何か92年と93年のあまりにも極端な演奏スタイルの違いから
 ふとそんな風に感じてしまった次第です。

 だけどこの三善晃の「管弦楽のための協奏曲」は大変な難曲です。
 実はこの曲、オケの演奏でも聴いたことがありません。
 CDでは聴いたことがありますけど、8分程度の短い曲なのですけど、原曲のオケでやっても
 相当技術的にてこずりそうですね・・・
 この難曲をここまでクールに緻密に組み立てた八戸北もすごいけど、
 それ以上にすごいのは、この曲を1978年に全国大会で演奏した秋田南高校かな・・・
 確かに八戸北も凄いのだけど
 秋田南の完成度の高さにプラスして「演奏に対する熱さ」には凄まじいものがあります。
 この曲に関しては、今後恐らく、78年の秋田南を超える演奏は絶対に出ないと自分自身は
 今でも確信しています・・・

 そうそう、話は違うのですけど、
 このブログで何度か1982年の屋代高校の松村禎三/交響曲第三楽章の演奏を記事にしたことが
 ありますけど、
 その演奏から2年後の東海大会では、屋代高校はこの三善晃の「管弦楽のための協奏曲」を
 自由曲にしています。
 この演奏、一度知人からトラヤのカスタムテープを借りて聴いたことがあるのですけど、
 確かに音量過剰の部分があるものの、そのホットな感じは中々印象深いものがありました・・・

 蛇足ですけど、私、生まれが青森県八戸市という事もありまして、
 中学とか高校の部で何度か八戸市内の学校が全国大会に出場していましたけど
 聴くたびに何か「頑張れ―――っ」て応援したくなるのですよね・・・

 やはりこれも一つの「郷土愛」というものなのかな・・・・??


〇愛工大名電高校

 Ⅱ/ローマの祭り

 名電というと、どうしてもプラハのための音楽とか交響的断章の世界をついつい連想してしまうだけに
 この年名電が吹奏楽コンクールのアレンジ物ではすっかりお馴染みの「ローマの祭り」を
 演奏すると聞いて少し驚いたものです。
 名電は、1979年のラヴェルの「道化師の朝の歌」以降実は一度もクラシックアレンジ物を
 演奏したことが無く、すっかりアレンジ物から遠ざかっていたので
 「大丈夫かな・・・」という不安感も多少はありました。
 (厳密にいうと、88年と90年は矢代秋雄/交響曲を取り上げていましたけど、ま、あれは一応「邦人」
 扱いとい事で・・・)
 だけど聴いてみて少し驚きました・・・

 課題曲Ⅱ/スターパズルマーチも、
 こうしたくだけた楽しい曲をこのチームが演奏すること時代驚きだったのですけど、
 何か「ミュージカル」のBGMみたいなゴージャスで楽しい雰囲気に溢れていてとても良かったです。
 圧巻は自由曲・・・
 吹奏楽コンクールではスタンダードなこの名作を
 ごく普通にスタンダードに演奏し、
 特に奇抜な表現も無く、正攻法のスタイルで正々堂々と演奏をしてくれ、
 豪快さと堅実さがミックスした本当に素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

 やはり元々技術的にしっかりとしたものを持っているチームは
 オリジナル曲でもこうしたアレンジ物でも
 問題なく聴かせてくれるという事を見事に立証してくれたと思います。

 だけど・・・・

 名電はこの3年後に同じく「ローマの祭り」を演奏するのですけど、
 これはコンクール史上でも歴史的な名演+迷演+珍演を聴かせてくれます・・・
 だってあと一歩間違えば演奏が破綻する寸前のところでグッととどまり
 これ以上やったらまずい・・・・というスレスレの所で抑えた非常に「スリリング」な演奏を
 聴かせてくれました・・・

 いやー、あの時の演奏、私も生で聴いていたけど
 冷や汗と絶句と感動が止まらなかったですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

たまたま、見つけましたが、
八北OBで、
ホールジンガー、三善オケコンともに、
演奏に参加しました

記載内容に関し、感謝いたします

ホールジンガーの
春になって
で、東北大会の審査員をされた、秋山紀夫先生からコンクール用カットを絶賛されたことや、

三善先生のオケコンを選曲した時の
秋田南を指導されていた高橋紘一先生とのやりとり、
全国大会出場時に三善先生からいただいた手紙などの
エピソードを鮮明に記憶しています

記事を読ませていただき、
当時のことを思い出し、
感傷に浸っております

ありがとうございます

OBの方よりのコメント、ありがとうございます!!

八北OB 様

1992~93年当時の八戸北で実際に演奏された方から貴重なコメントを頂けたことに
心の底から感謝申し上げます!!
本当にありがとうございました。
当時の私の記事でもしも不愉快にお感じになる点があれば申し訳なく思っているのですけど
ま、あれは、実際に普門館で聴いた人間の「たわいもない感想」という事で何卒ご容赦下さい・・
それにしても、高橋紘一先生とか三善晃氏とのやり取りは本当に羨ましい限りです。
特に「管弦楽のための協奏曲」の世界は、おそらくは三善晃氏も大満足の演奏だったと
思いますし、私も当時の八戸北の本当に精密で知的な演奏に驚いた記憶があります。
私自身も、生まれ自体は八戸ですので、その辺りも共感する要素があったのかな・・と
思います。

でも、本当に素敵なコメントをありがとうございました!!

いえいえ

このように、取り上げていただき、
また、実際に聴いていただいた方のコメントを拝見でき、嬉しさしかありません。

管弦楽のための協奏曲は、
変拍子の連続で、ハーモニーを聴かせる部分も少なく、コンクールの自由曲としては不向きなのかもしれませんが、高校生が春から秋まで取り組む曲として適していると考えました。
全ての楽器がほぼ、カブリなく、一つのピースとなり、三善先生の緻密な音楽というパズルを作り上げる。
裏方にまわる、コントラバスやチューバ、ホルンなど、曲に取り組む期間中、誰一人として飽きることなく、臨みました

普門館では、結果として不完全燃焼ではありましたが、
あの曲のもつ、雰囲気が少しは表現できたと思っています

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1462-25c4e5c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |