FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


モーツアルトの「ピアノ協奏曲」って
偶然なのかもしれないのですけど、
初めて生の演奏会で聴いた時のソリストってなぜか「田部京子」さんの場合が多いのですよね・・・
ホント不思議だな・・・

というか、私の場合、モーツアルトの曲って10代~30代前半の頃まで
何か苦手と言うか
「聴いていてつまらない・・」
「単調・・・」
「モノトーンの音楽」という感覚があり
20代の頃は特にショスタコーヴイッチとかマーラーとかウィリアム=ウォルトンとかプロコフィエフみたいな
重厚な音楽を好んでいたせいもあったと思うのですけど
あまりというかほとんど好んで聴くことはなかったと思います。

それが変化するきっかけとなったのは
日本フィルのサンデーコンサートだったと思いますが
未完成・モーツアルト/ピアノ協奏曲第21番・組曲「展覧会の絵」というプログラムで
藤岡幸夫指揮・田部京子さんのソロによる演奏だったと思います。
あの時の演奏会が一つの転機となり
「あれ、これまで何か毛嫌いしていたモーツアルトもなかなか味わいものがある」という事に気が付き
これまでは素通り状態だった
モーツアルトの曲目を含む演奏会も色々と聴くようになりました。

モーツアルトのピアノ協奏曲で言うと、
9番/ジュノム・17番・20番・23番・24番・27番を初めて生で聴いた際の
ソリストは全て田部さんだったと思います。
26番/戴冠式は確か仲道郁代さんだったと思います。

だからその意味では田部京子さんには「大感謝」という感じですね。
だってモーツアルトのピアノ協奏曲を聴くようになってから、あのあまりにも有名な後期交響曲とか
「レクイエム」を聴くようになりましたからね・・・

個人的な感覚ですけど
モーツアルトの「ピアノ協奏曲」の中では
第23番イ長調が大好きです。
この協奏曲は何と言っても第二楽章が本当に素敵なメロディーで
あの深沈とした感覚は何度聴いてもうっとりとさせられます。
第三楽章の一転しての「激しい掛け合い」はこれまた素敵です。

この協奏曲を生で聴いてみて驚いたことがあるのですけど、
この曲、オーボエが入っていないのです。
この時代、木管楽器の王様と言えば、フルートとオーボエで
特にオーボエを外すという事はまずありえないと思いますし、
当時は曲の中に入れる事がまだ珍しい部類だつた「クラリネット」をオーボエの代わりに
使用している点が非常に画期的だと思います。
この曲の特に第二楽章の「あの美しいはかなさ」は、もしかしたら
クラリネットの弱奏で表現される「幽玄さ」と相性が相当良かったのかもしれませんよね。
ちなみにこの協奏曲では、トランペットはおろかリズム低音の重要な担い手である「ティンパニー」すら
使用されません。

うーーん、これはもしかして低音リズム楽器とトランペットを外すことで
「天国的な色彩感覚」を意図したのかもしれませんよね。
意図としては、マーラーが交響曲第4番にて、チューバとトロンボーンを外して
重厚感を回避させた事と同じなのかな・・・・??

ところで話は全然違うのですけど
このモーツアルトのピアノ協奏曲第23番第二楽章をポピュラーソングとして使用した例があります。
何かと言うと、1985年の薬師丸ひろ子の三番目のアルバム「花図鑑」の中に収録されている曲、
「花のささやき」がそうなのです。
この第二楽章の哀しげな旋律に松本隆が歌詞を付け、発表されていますけど
これはなかなかいいです。
ちなみに薬師丸ひろ子のファーストアルバム「古今集」は、1984の発売当時結構私も好きで
竹内まりあのカバー曲でもある「元気を出して」は、竹内さんとは全く別の意味で
この曲の「無限の可能性」を感じさせる大変素晴らしい歌声を披露してくれます。
薬師丸さんの当時のあの「透明感ある歌声」はホント、良かったですよね・・・
ちなみにこの「古今集」で収録されている
「ジャンヌ・ダルクになれそう」・「アドレサンス(十代後期)」の歌詞担当は 阿木燿子さん
「白い散歩道」の歌詞担当は大貫妙子さんなのですけど、
これがまた素晴らしい出来栄えだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1455-f628adcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |