FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プロ野球は結構好きなのですけど、
高校野球はあまり見ないですね・・・
でも高校野球って普段あまり意識しない「郷土愛」みたいなものを感じる瞬間もあるのですよね。
私、何度か書いている通り、高校までは仙台で育ち
大学以降は埼玉→都内、そして社会人になってからは千葉・山梨・都内・埼玉を行ったり来たりして
現在は埼玉にすっかり落ち着いています。
先日、埼玉県代表の春日部共栄が、まさかまさかの予想外の初戦突破(相手は春の選抜の優勝校)という
大番狂わせを演じてくれた際は、何か「埼玉愛」に瞬間的に燃えてしまいましたね・・・(笑)

でもそれでも何となくですけど
毎年宮城県代表の出場チームも気にはなったりします。
ま、もっとも宮城の場合は、
公立が圧倒的に弱くて、自分が現役高校生の頃から今に至るまで
毎回毎回、仙台育英と東北の「私立の2強」ばかり目につき、
正直「どこが出てもあまり興味ないな・・・」という感じでしたね・・・
私が高校の時も、東北と育英ばかり抜きんでて強く、
しかもこの私立の2強は、結構県外から優秀な生徒をスカウトして引き抜いてくるので
あまり「地元のチーム」という意識も低く
何となく「どっちらけムード」が昔も今も漂っていると思います。

だけど今年度は状況が違いましたね。
今年は公立チームとしては久しぶりに県立利府高校が夏の大会を制し、
甲子園初出場を成し遂げ、しかも8/13の初戦を見事に勝利で飾っていましたね。
何かこのニュースは結構嬉しかったですね。
ニュースでは、
「宮城県の公立高校としては実に31年ぶりの甲子園勝利」と出ていましたが、
これを聞いて
「はっ」と思い出しました・・・

そう、31年前の夏の宮城大会の甲子園予選を・・・

今から31年前の夏、私は高校3年生・・・
丁度大学受験を控えながらも、
「高校生活最後の吹奏楽コンクール」にうつつを抜かしていた時期でもありましたが、
野球部も、まさかまさかの「快進撃」を続け、
準々決勝で、仙台育英を撃破し
準決勝で東北高校を撃破し、
あと一勝で「待望の甲子園」というところまでいったのですけど、
決勝戦で、同じく県立高校の仙台商業に完膚なきまでに叩きのめされ大敗し
甲子園出場は「夢」と散りました・・・

そう、ニュースの「31年前の公立高校」とは仙台商業であり、
その仙台商業に決勝で敗れたのが
自分の出身高校だったのです・・・

その決勝戦も大敗だった上に、確か9回裏まで相手投手に「ノーヒットノーラン」までさせられ
9回に幸いヒットが一本でたから最悪の屈辱まではいかなかったけど
そのせいか決勝で負けてもそれほと゛「悔しい」という気持ちはなかったですし、
むしろ「よくやった!!」という爽やかな印象の方が強かったです。
同時に、
「あーあ、これで甲子園出場が幻になると、あとは自分自身の受験が焦点か・・・」と
むしろ今後の事の方が憂鬱になったのも何か
いい思い出というものですね・・・

何か利府高校の初戦突破のニュースが、31年前の「夏の思い出」を思わず
呼び覚ましてくれました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

やったね!

見ましたよ~!
おめでとうございます(笑)
初めてお目にかある校名でしたが(失礼)。

やっぱり、地元愛って特別でしょ?

Re: やったね!

mama.ikuko 様

広陵は何か残念でしたね・・・
印象としては広島県が初戦敗退何て極めて珍しいなーと思います。
宮城県の公立校が初戦突破というのは確かに「地元愛」を感じさせて嬉しいのですけど
「利府高校」は自分の母校ではないし、
高校生当時の自分から見ると
「利府・・・??、えー、あんなド田舎の新設高校」みたいな感覚がいまだに残っていますね・・(苦笑・・)
自分の母校が甲子園に行くとなると、「地元愛」は100倍にもなるのでしようね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1442-2c887a5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |