FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽コンクールの長い歴史にとって
大きな「分岐点」だったのがこの年、1993年だったと思います。
この年で何が変わったかと言うと、
一番大きいのは、「課題曲」でしょうね。
西暦で言うと奇数年が「マーチの課題曲」、偶数年がマーチ以外の書下ろし曲という事になり、
この年は早速、課題曲が4曲ともマーチになりました。
吹奏楽のある意味ひとつの「基本」はやはりマーチ・・・
吹奏楽の名門チームほどマーチを取上げず、難しい曲ばかり取り上げる傾向がありましたけど、
吹連としては「基本・原点に回帰せよ・・」みたいな事を意図したのかな・・・

個人的には、何となくですけど
奇数年のマーチの年は、コンクールを聴きに行きたくなるけど、
偶数年の時は、何か足を運ぶのが億劫になる・・・
何かそういう傾向が自分の中に出てきたような感じもします。
というのも、翌年の最初の「マーチ以外の課題曲」が「饗応夫人」みたいなウルトラ難解な曲だったみたいな
トラウマがいまだにどこかに残っているせいなのかもしれませんけどね。

それと今までは「5年連続・全国大会金賞」の場合は
翌年は全国大会は「特別演奏でお休み」という規定でしたけど、
この年以降は「3年連続・全国大会金賞」の場合は、特別演奏がなくなり、
単にお休みだけという規定に変更になりました。
ま、この規定は後に「三年連続全国大会出場の場合は、翌年は休み」という規定に改正され
最近この規定が撤廃されたようですけどね。
結果的に栄誉ある「特別演奏」は、1995年の札幌白石が最後という事になります・・・


〇市立柏

 Ⅱ/ロメオとジュリエット

 そうそう、課題曲の表記が従来のA~EというものからⅠ~Ⅴという表記に
 この年から変更になっていましたね。
 これって誰が決めたのだろう・・・
 1993年は、私は山梨県在住でしたけど、
 当時の山梨県大会のプログラムを見てみると、課題曲の表記はA~Dとなっていて
 例えば、課題曲Ⅱ/スターパズルマーチは、課題曲Bとして表記されていました。
 この辺は、支部とか県レベルではまだ指示が不十分だったのかな・・・?

 この年、関東大会・高校の部も聴きに行きましたけど、
 (会場が川崎の産業会館だったかな・・・とにかくすごく音響が悪いホールでした・・・)
 当時5年連続金賞が掛っていた常総学院がまさかのスカ金になって、正直驚きました・・・
 会場にいた人は恐らく、関東の代表は、埼玉栄・習志野・常総・野庭と予想した人が多かったと
 思いますし、自分もそういう一人でしたけど、
 常総がまさかの代表落ち、そして市立柏が代表に入り、
 内心では「うそでしょ・・・」と感じたものでした。
 というのも常総の演奏(Ⅲ/魔法使いの弟子)は、ほぼ完璧な演奏で、全く文句のつけようがない演奏なのに
 市立柏は、正直音もスカスカ、演奏も表現も冴えないし、ぱっとしない印象で
 当時の記憶では「市立柏、今年は関東大会の金も危ないのでは・・・」と思っていたのに
 まさかの代表でしたからね・・・

 いやいや、やはり「審査」は水物ですね・・・・

 全国大会でも正直柏の演奏は全く冴えませんでした・・・

 勿論プログラム一番という事でコンディションが決して完全ではなかったと思いますけど、
 課題曲の「スターパズルマーチ」の出だしのファンファーレからしいすでによれよれのスカスカ状態・・・
 自由曲のロメジュリも「切れ味」に欠け、躍動感に欠け、スピード感も抒情性も何もなく
 印象としては「ほーけた演奏」・「締りがよくない演奏」・「個性も何もない演奏」という事で
 印象としては正直「良くない」ものでした・・・

 柏が真の意味で化けるのは、まだ数年後でしたね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1439-5be53ef7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |