FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


トゥリーナ→アルベニスとスペインの作曲家を取り上げてしまうと
「何かものはついで」と思ってしまい、
「次はファリアか・・」と思ったものの、ファリアは一度「恋は魔術師」で既に取り上げていましたので
マイナーな作曲家ですけど、エンリケ=グラナドスについても
簡単に取り上げたいと思います。

グラナドスは、前回取り上げたアルベニスの7つ年下なのですけど、
アルベニスが早熟の天才で、かつ放浪癖があったのとは対照的に
バルセロナでじっくりと腰を落ち着け、若い頃に2年間パリ留学した以外は
このバルセロナで作曲活動と後進の育成に尽くすことになります。

グラナドスの残した曲って何があるかな・・・

一番有名なのは、ピアノ曲集の「スペイン舞曲集」なのかな・・
この中の一曲「アンダルーサ」は本当にいかにも「スペイン」という感じが濃厚で
中々いいと思います。
他には、ピアノ組曲「ゴイェスカス」かな・・・
この曲、なぜかは分かりませんけど、その後歌劇に改編されています。
よくオペラから管弦楽用の組曲を作るという話はありますけど、
ピアノ曲をベースに、ここから歌劇を作ったというのは極めて珍しいケースだと思います。

この歌劇「ゴイェスカス」なのですけど、
よく単独でCDで取り上げられたり、オケの演奏会のアンコールでも演奏されることも
あるのですけど、「間奏曲」が実に素晴らしいと思います。
一言で言うと、
「短いけど実に抒情的で、青春の光と影というか、酸いも甘いもというのが実に
巧みに表現されている・・」という感じだと思います。

だけどこの歌劇「ゴイェスカス」は結果的にグラナドスの生命を奪う一つの要因になってしまうのですよね・・
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場から
この歌劇の初演に立ち会って欲しいと依頼を受け、夫婦で渡米し、その初演に立ち会った後で
帰国する際に、
当時は第一次世界大戦の真っ最中で、
ドイツ潜水艦の無差別攻撃に巻き込まれ、
無念の死を遂げています・・・
目撃者談では、
グラナドス自身は救命ボートに拾われたものの
妻が波間に漂っている光景を目の当たりにし、そのまま再度海に飛び込み
そのまま夫婦ともども海の藻屑となってしまった・・・というエピソードが
残されています。

この歌劇「ゴイェスカス」~間奏曲は、
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮の演奏が実に印象的ですね。
この曲のカップリングは、ファリアの「恋は魔術師」とアルベニスのスペイン組曲ですから
「スペイン音楽」の入門編としてはまさにうってつけの一枚だと思います。

そうそう、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスは先々月に逝去されましたね・・・
日本ではよーく読響でお見かけし、
読響/マチネーコンサートの「三角帽子」が印象に残っています。
確かこの時のアンコールが
1979年の就実高校の吹奏楽コンクール自由曲でお馴染みの
「アロンソの結婚」間奏曲だったと思いますが、こちらも素晴らしい演奏を聴かせてくれましたね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1438-91acebaf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |