FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1986年の全国大会と翌年の全国は、1980年代の高校の部の「一つの頂点」に達したようにも
感じます。
それ程大変レヴェルの高い大会でありましたし、
素晴らしい金賞、実に惜しい銀賞、銅賞という評価だけでは語り尽くせない演奏、
少し気の毒な銀賞など
本当に素晴らしい演奏の連続でした。
1988年の大会を聴いてしまうと
「うーーん、さすがに高校の部もこのあたりがレヴェルの上限かな・・・
さすがにこれ以上はもう伸びないかな・・・」と思っていたら
80年代の最後の1989年に突如「常総学院」という新しい時代のエースが関東に突如現れ
「吹奏楽の新しい方向性」を示唆してくれたのが大変印象的でしたね。


〇富山商業

 B/ロデオ

 関係ないですけど本日の夏の高校野球一回戦で
 富山商業は勝利を収めましたけど、吹奏楽も野球も強い学校って本当に羨ましいですよね・・・
 だって部員の皆様は、
 普門館にも行けるし甲子園にも行けるし
 まさに「両手に花」ですよね・・・
 高校時代、普門館はおろか支部大会の東北大会にも行けず
 甲子園にも行けなかった田舎の県立高校の男子高生としては羨ましい限りです・・・(苦笑・・)

 この年の富山商業は、相変わらず金管セクションは大変充実していましたし、
 「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日のトロンボーンソロの見事さに代表されるように
 金管セクションの切れ味は抜群でしたね。
 勿論、ロデオのクラリネットソロも中々ハイレヴェルな演奏だったと思います。
 だけど部分的には好演の連続であっても
 なぜか全体的な印象となると少し希薄になってしまうのが不思議な感じですね・・・
 なぜなんだろう・・・・??
金管が強すぎて聴いている方は「少しうんざり気味・・・」というせいもあったけど
 全体に「強奏」ばかりが目につき、弱奏との対比が今一つ徹底されないから
 音楽としての濃淡と言うかコントラストが少し不徹底と言う感じもしたのが
 少し残念な演奏になってしまった要因なのかも・・・
 課題曲の「嗚呼!」も全体に金管の咆哮ばかりが目立ち、木管・打楽器の響きが
 少し濁って聴こえたのも全体の印象を悪くした一因なのかも・・・・


〇神戸

 B/海

 高校の部のラストを飾るのに相応しい堂々とした演奏でした。
 一言でこのチームを表現すると「骨太」という感じですね。
 とにかくサウンドが安定し音の重厚感が大変印象に残っているチームです。
 多少課題曲「嗚呼!」のサウンドが濁り気味というマイナスポイントはあるにせよ、
 何か「悩み」を力で強引に吹っ飛ばすという印象がありました。
 自由曲の「海」は、大変荒々しい重厚な海でした。
 この年、海はこのチームを含めて3チーム演奏し、3チームともアレンジャーが異なるせいもあり
 三者三様の全く方向性が異なる海を聴かせてくれて
 大変印象的です。
 繊細で自由自在な表現の習志野、機能的な高岡商業
 そして武骨で重量感に溢れダイナミックスレンジの幅が広い神戸と
 それぞれが全く異なるアプローチで「海」に挑戦し、
 結果的に三チームとも個性豊かな「海」を聴かせてくれて
 この年の大会の一つの聴かせどころになってくれたと思います。

 「ダフニスとクロエ」は古今東西色々なチームが自由曲として取り上げていますが
 各チームの色というか「個性」は意外と出にくい感じもするのですが
 「海」はアレンジャーが異なったり指揮者の解釈で随分と幅広い解釈が成立するんだなーと
 思ったものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1433-34cc1b36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |