FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


デンマークの作曲家のニールセンは日本ではあまり馴染みがない作曲家なのかな・・・
吹奏楽コンクールでは、たまーにですけど組曲「アラジン」が演奏されることも稀にですけど
ありますね・・・
ニールセンというと、一番有名なのは交響曲第4番「不滅」なのかな・・・

この交響曲、実は私は大好きな曲でして、
特にラスト近くのティンパニー奏者二人による「バルト海の冬の厳しさと波の轟音」を
象徴させるかのような叩きつけはまさに「圧巻」の一言に尽きます。
同じような事例としてウォルトンの交響曲第一番第四楽章のラスト近くのティンパニー奏者2名による
壮絶な打撃音もかなりのインパクトがありますけど
ニールセンの「不滅」もそれに勝るとも劣らない壮絶なものがあると思います。

ニールセンの交響曲と言うと
交響曲第3番「ひろがりのシンフォニー」とか交響曲第5番も素晴らしい曲だと思います。
いやこの曲はニールセン最大の傑作と言っても過言ではないと思いますので
こんなに素晴らしい曲が日本では全然知られていない事を踏まえて、改めて別の機会に
取り上げたいと思います。

今回簡単に紹介したいのは、交響曲第6番「素朴なシンフォニー」という
ニールセン最後の交響曲です。
というかこの交響曲、傑作の誉れ高い交響曲第5番以上にマイナー扱いというか
CDの数は少ないし、いまだにこの曲を生で聴いたことがありません・・・
最後の交響曲というと、例えばマーラー/交響曲第9場番とかチャイコフスキーの「悲愴」のように
何か「死」を意識した曲という感じかというと
そういう要素はほとんど感じさせません。
というか、「音楽の楽しさ」・「軽快さ」というものを最後の最後で表現したかったのかもしれませんけど
「重厚感」・「重苦しさ」・「悲痛さ」というものはあまりなく
「気取らない自然さ」みたいな部分が非常によく出ていると思います。
一言で言うと「無邪気な交響曲」という感じなのかな・・・・

この曲は以下の四楽章で構成されています。

Ⅰ.グロッケンで曲が開始され、大変愛くるしいです。

Ⅱ.ユーモレスク

Ⅲ.アダージョ

Ⅳ.変奏曲

この交響曲第6番の最大の特徴は第二楽章かな・・・
この部分は、オケのシンフォニーなのに、なんと使用される楽器は管楽器と打楽器のみで
弦楽器は全く使用されません。
この楽章をCDで聴くと一目瞭然なのですけど、
この楽章だけは(当たり前ですけど・・・)「吹奏楽の響き」のように聴こえます。
いやいや、このアィディア斬新だと思います・・・
第三楽章の悲痛なアダージョも「陰鬱」という感じではなくて「死」を言意識させる要素は
あまりないようにも感じます。
そして第四楽章も、ラストは唐突にファゴットの持続音で閉じられます。

このラストのファゴットの響きを聴くと、
「唐突」という感じもあるけど
一人の作曲家として「何かやり残したものがあった・・・」みたいな何か少し「後悔の念」みたいなものは
何となく伝わってくるような気もします・・・
(そう感じるのは自分一人だけかな・・・・??)

これと同じように管弦楽の交響曲なのに一つの楽章に「弦楽器」を全く使用せず
「管楽器+打楽器のみ」の構成とした作品をもう一つ上げると
それがヴォーン=ウィリアムズの交響曲第8番なのですけど、
やはりそうした部分はニールセンと同様に第二楽章でそうしたスタイルを採用しています。
ちなみに、ヴォーン=ウィリアムズがこの交響曲第8番を作曲したのは
83歳の年です。
だけどこの2年後に更に交響曲第9番を「未完」ではなくて完成作品として最後に残しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1427-20712e7c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |