FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


バスクラ

吹奏楽コンクールとか東京佼成WOのようなプロの吹奏楽団の場合
「バスクラ」(パスクラリネットの略)とクラリネットの持ち替えという事は滅多に見られません。
だけど意外かもしれませんが、
プロの管弦楽団の場合、日常的ではありませんが
クラリネット奏者がバスクラを掛け持ちする事もあったりはします。

バスクラは、普通のクラリネットの長さで言うと大体倍ぐらい大きいかな・・・
指使いはクラリネットと同じですので、
クラリネットと持ち替えをしても前々違和感はありません。
特徴はなんといってもあの「重厚な低音」かな・・・
結構このバスクラの低音って深みはありますし、内省的感情を意外と表現しやすい楽器だと
思います。


繝舌せ繧ッ繝ゥ_convert_20140805192137


クラリネットとの違いとして他に何があるかな・・・

リードがクラリネットに比べて1.5倍程度大きいせいもありますけど
「リードミス」が少ないというのは奏者にとっては嬉しいものがあります。
バスクラは結構重たい為、首に「ストラップ」を付け、ストラップと楽器を結ぶことが多いです。

あ、ちなみに「バスクラ」よりももっと重低音が出せる楽器として
「コントラバスクラ」っていうのもありますけど、
こちらの価格は目ん玉が飛び出るほど高価な楽器ですよ・・・(笑)

私自身、バスクラは何度か吹いたことがあります。
うちの高校の場合、毎年秋になると「アンサンブルコンテスト」(略称、アンコン)に出る人もいて
毎年クラリネットパートはこのアンコンに欠かさず出ていました。
私は、クラリネットとバスクラを掛け持ちし、
低音が必要な場合、さっとクラリネットからバスクラに持ち替えし、低音パートとして支える事が
ありましたけど、
前述のようにバスクラはリードミスがあまりない「安定した楽器」なので
掛け持ちはし易かったと言いたいところですが、
逆にバスクラからクラリネットに戻る際の「違和感」が相当残り
こちらの方が苦戦した記憶があります・・・

オケの世界でこのバスクラが使用されるようになったのはいつ頃なのかな・・・

ソロとしてのこの楽器に光を当てたのはやはり19世紀以降の作品なのでしょうね。

このバスクラが効果的に使用されている曲をあげてみると・・・


〇チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」~こんぺい糖の踊り

〇  同       /交響曲第6番「悲愴」第一楽章

〇ワーグナー / 楽劇「神々の黄昏」~夜明けとジークフリートのラインへの旅

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」第二部

 ※吹奏楽アレンジ版ですけど、1977年の駒澤大学のバスクラ奏者はこのソロを
  見事に(?)外してしまい、リードミスのきーーーッという絶叫が普門館をこだましてしまいました・・・

〇グローフェ/組曲「グランドキャニオン」~山道を行く

〇ウィリアム=シューマン/交響曲第3番第二楽章第二部

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第7番「レニングラード」第二楽章


私としてはショスタコの7番のバスクラのソロの扱いは見事だと思います。
あの呟くような陰鬱なソロがあるから次のオーボエの悲痛なつんざくような高音のソロが生きてきますし
次の全体でのffの音響が対比として効果的だと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1422-2f2acb8c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |