FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


シンバル

クラシック音楽や吹奏楽で使用される打楽器の一つの「シンバル」は、
楽曲のクライマックスや激しく盛り上がる部分で「ガシャーン」と鳴り響く事が多いのですけど
あれってかなりの演奏効果があると思います。
この楽器は、結構登場も早くて、事実、旧約聖書の中にも
「ヘブライの民は歓声を上げ、シンバル・角笛・ラッパを鳴らした・・」との記述がみられます。

シンバルと言うと、イメージ的には
打楽器奏者が両手に約40㎝程度の黄銅色の円板を激しく打ち合わせるという感じがしますが、
これは一般的には「クラッシュ・シンバル」(または合わせシンバル)と
呼ばれています。


シンバル


これは「クラッシュ・シンバル」ですけど、
基本的には、片方を上から下へ、もう片方を動かし、こすらせるようにして打ち合わせます。
非常に小さな音から一打ちでオーケストラ全体をも制するほどの大きな音まで出すことができる表現力が
あります。

非常に小さい音の代表的例としては、

〇ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」第四楽章

〇ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番第三楽章

があると思います。


21idZCDi+oL__SL500_AA300_.jpg


こらちは、「サスペンダーシンバル」と呼ばれるものですけど、
1枚のシンバルを吊すかホルダにゆるく固定して小太鼓や木琴、鉄琴のバチで叩くのが一般的です。
この楽器の場合、
例えば、マーラー/交響曲第1番「巨人」第四楽章冒頭のように
撥で激しく叩きつける事もありますし、
ドビュッシーが多用しているように、マレットによるトレモロ奏法で
徐々にクレッシェンドしていく方法もあります。

こうやって見ると「シンバル」も色々と無限の可能性を秘めている楽器なのかもしれませんよね。

ちなみに「ハイハットシンバル」と呼ばれるものは、
2枚のシンバルを水平にホルダに固定して、1枚を上下に動くようにしてペダル装置で操作するものであり、
「ドラムセット」で多用されていますし、
ジャズ・ポップス・ロックと幅広く使用されています。


「シンバル」と言うと個人的には
芥川也寸志の「交響管弦楽のための音楽」~第二楽章の冒頭をついつい
想起してしまいます。
この曲の第二楽章冒頭で、
シンバルが単独で「ジャーン」と打ち合わせられる所から開始され、
金管楽器の大変印象的なファンファーレ風なメロディーへと連なっていくのですけど
あのシンバルは本当に格好いいです!!
というか、この曲、吹奏楽アレンジ版ですけど、高校三年の定期演奏会で吹いたことがあるものでして
余計にそうした印象があるのかもしれませんよね。
(芥川さんの「交響管弦楽のための音楽」については、以前このブログでも
 詳しく書いたことがありましたね・・・)

吹奏楽で印象的な曲というと、二つほどあるかな・・・・

〇天野正道/交響組曲第2番「GR」

 浜松交響吹奏楽団の演奏に馴染みがあるせいか、
 この曲のラスト近くでシンバルがソロ的に「ジャーン」という打ち鳴らしが
 なぜか大変印象的です。

〇リード/オセロ

 1987年の札幌白石高校の演奏が大変印象的でした、
 クラッシュ・シンバルの場合、奏者によっては余韻とか視覚的効果を意図して
 打ち鳴らしと同時に腕を上にあげて、シンバルを頭上で左右に開くという事も結構多いと
 思います。
 札幌白石のシンバル奏者のお兄さんは、
 シンバルを打ち鳴らした次の瞬間に、両手のシンバルを頭上にはあげずに、
 シンバルの裏面を左右の手に持ったまま、手の向きを逆にし、
 シンバルの表面にさっと替えるという「ハイテクニック」を披露してくれ、
 裏面から表面にさっと替える際に、楽器がキラリと金色に光り輝いていたのが
 会場の客席からもはっきりと分かり、
 「何か格好いい・・・」と思ったものでした。

クラシック音楽で、クラッシュシンバルが活躍する曲って何があったかな・・・

少し上げてみると・・・・

〇チャイコフスキー/交響曲第4番第四楽章

〇   同      /交響曲第6番「悲愴」第三楽章

〇   同      /幻想序曲「ロメオとジュリエット」

〇ビゼー / カルメン組曲より、トレアドール(第一幕への前奏曲)

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第5番

サスペンダーシンバルとしては、ハチャトゥーリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞が
特に目立っているかな・・・・


 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

大変…。

これ、大変ですよね。
マーチングの練習時、見てて可哀想だった…。
結構、手首痛めるし。

やっぱり、パーカッションパートって大変(笑)

シンバル奏者

パーカッション奏者は見た目は華やかだけど、見えないところで「密かに練習」を
しているものなのですよね・・・
個人的に一番難しい打楽器は、タンバリンとカスタネットと思っています。
この楽器ほど「リズム感」が求められるものはありませんし、リズム感が欠如している方が
奏でると、リズムに明らかなズレが生じたりもします。
でも「シンバル」って暇なときはヒマでして、
有名な話では、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」は、全45分近い大曲の中で
シンバル奏者の出番はppでのわずか一か所のみ・・・
しかも指揮者の故・岩城宏之氏は、音大生時代にこの曲のシンバルを担当し
あまりにも待ち時間が長い為、ついつい出番を忘れてしまったという「都市伝説」が
あるようです・・・

「新世界より」好きだけど…

シンバル…、ありましたっけ?
CD持ってるのに、記憶にないよ…(笑)
シンバル奏者の方に、心からお詫びを言いたい…。

お初です。

クラシックには詳しくないのですが今までは漠然と聴いておりました。
貴兄の「シンバル」の書き込みは非常に興味深く読ませていただきました。
アレコレ語りたいと書き始めましたが、言葉が浮かびません。
まぁ、これからもよろしくです。

Re: 「新世界より」好きだけど…

mama.ikuko 様

シンバルの出番は第四楽章の一か所のみで、すごーく弱奏で演奏され、
他の楽器に混ざってしまうと埋もれてしまうから気が付かないのは無理もない事ですよ・・・
ちなみに第四楽章の冒頭のあのあまりにも有名なメロディーが展開され、少し収まりかけ
全体のサウンドが薄くなったあたりでシンバルが登場します。
大体第四楽章の2~3分目あたりかな・・・??
このシンバルの部分は生の演奏会で聴くと分かりますけど、
叩き方は二通りあり、
一つが、両手にシンバルを持ち先端部分を互いにさっと擦り合せる奏法と
二つ目が、左手にシンバルを持ち、右手にマレットを持ち、マレットでシンバルを
コーンと叩く奏法の二つがあります。

Re: お初です。

Yuusuke320 様

コメント頂きありがとうございます。
私の場合、小学から大学まで吹奏楽をやっていただけでそれほどの専門性は
ないのですけど、
聴いている本人が「何か」を曲から感じ取ることが出来ればそれでいいのかなと
思っています。

こんなしょーもないブログですが、今後とも宜しくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1412-0fa447fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |