fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


テレビ埼玉で放映中だった「スイートプリキュア」が高校野球中継のあおりを
受ける形で放映休止となり
せっかく間もなく「キュアビート誕生」という中盤の大きな盛り上がるところで
水を差されてしまった・・・・という話を何度が書いたことがありましたが、
やっと来週から再度放映が始まります。
BSでも先日「ハートキャッチ」の最終回があり、今週から「スイート」が始まるようですね。

「スイートプリキュア」の場合、全然知らない方が第一話から見ると
「なんじゃこれは・・・」と少しドン引きされるかもしれません。
というか、序盤の響と奏の二人を見ていると、
2011年にリアルタイムで見ていた時もそうでしたけど、
「えーー、何で今年のプリキュアは毎回毎回性懲りも無く喧嘩ばかりしてるんじゃ・・」とか
「えーー、特に奏のヒステリーは見ているだけで痛いのだけど・・・」という風に
感じるかもしれません。

だけど後から振り返ってみると
初期の頃の「二人としてのプリキュア」をここまで丁寧に心理描写を含めて描いた作品は
他にないと言えるのかもしれません。
序盤の「すれ違い」ばかりが目立った二人の関係が徐々に強まっていく様子が
誠実に描かれていて、
私は結構好きなシリーズです。
(ま、というかプリキュアシリーズで苦手なものは一つもありませんけどね・・・)
ま、だけど第一話~第三話あたりは、結構「痛い話」が続くかな・・・??
第四話の響のテニス服が抜群に可愛かったことから急に印象度が上がり
第五話と第七話の「すれ違い→ふれあい」あたりで好感度が上がり
響と母親のまりあさんの話辺りで前半の「感動のクライマックス」に達したようにも感じたものです。

出来れば、黒仮面=キュアミューズ=アコちゃんの正体判明とミューズの「スイート」としてのメンバー入りは
もう少し早い方が良かったかも・・・
アコちゃんがやっと慣れてきたと思った頃は既に最終決戦モードでしたからね・・・
その反省点が活かされたのは前作の「ドキドキ」かな・・・
亜久里のメンバー入りは8月でしたので、亜久里=キュアエースと既存メンバーの交流も丁寧に
描かれていたと思います。

それにしても歴代プリキュアの場合、アコちゃんとか亜久里のように
「小学生プリキュア」の方が一部の(?)中学生ポンコツプリキュアよりはるかに大人っぽいというのは
何か面白いものがありますね。
現役のハピネスチャージのひめを見ていると
あのわがまま振りとか幼さとかポンコツぶりは、
少しアコちゃんとか亜久里の爪の垢を煎じて飲んで欲しいと思います・・・(苦笑)




あ、そうそう、先日いつもも中古おもちゃショップを覗いてみると
「キュアメロディ」のキュアドールが108円で叩き売りされていました。
やはり現役の「ハピネスチャージ」で
従来のキュアドールから「プリコーデドール」に仕様変更した影響かどうかは分かりませんが
最近結構いたるところで
旧型の(?)キュアドールの在庫処分的叩き売りされている光景を目にします。

他にも、マリン・ブロッサム・ブラック・ムーンライト・ベリーが108円で在庫処分されていましたが、
何となくメロディが一番可愛らしくかつ何となく「憂い」みたいなものを感じましたので
これを買ってしまいました・・・

「メロディ」は少し男気というか「漢」みたいな感じもしなくはないのですけど、
反面歴代でも屈指の寂しがり屋で意外と繊細でナイーブな面もあったりして
その辺のギャップも魅力なのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1409-41f81397
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |