FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


この年1986年も自分自身の大学の吹奏楽団は、早々と都大会予選落ちとなり、
かなりのガッカリモードの中、仙台に帰省してみると
母校の高校も地区予選をかろうじて銀賞で通過するありさま・・・・
確か課題曲がB/嗚呼! 自由曲がイギリス民謡組曲だったと思います。
久しぶりに母校に顔出ししてみると、
県大会に向けて合宿中という状況でした。
その時、後輩から「たまには泊まっていって東京の事を色々と教えて」との事でしたので
数年ぶりに母校の汚い合宿所に泊まり、
何か懐かしい感じになりましたね。
だけど今現在は、自分の母校は当時の男子高校から共学に変わりましたので
さすがにあの汚い合宿所はもう残っていないでしょうね・・・

私の高校は、昨年創立50周年を迎えましたが、
いまだに野球部は「悲願の甲子園出場」を果たしていません。
(過去に決勝戦に2回進みましたが、いずれも敗退でした・・・)
吹奏楽部も、「悲願の東北大会出場」は創部以来ずっと果たせなかったのですけど
その創部50周年の際に、ついに悲願の県大会代表→東北大会出場を果たせました。
これはOBとしては大変嬉しいニュースでした。
やはり男子校から共学に変わったことが大きかったと思いますし、指揮者の先生が
創部以来初めて過去に何度か東北大会出場を果たした実績のある方というのもかなり大きいと
思います。

OBとしては後輩達の活躍は、本当に嬉しく頼もしく感じますね。
今後とも頑張ってほしいものです。


〇高岡商業

 D/海

 以前も書きましたが、この年の高校の部は計3チームがドビュッシーの「海」を自由曲として
 選曲し、3チームとも編曲者が異なるという
 とても興味深い「海の競演」を聴かせてくれました。
 ちなみに3チームとも、課題曲が全て異なるというのも何か面白かったです。
 高岡商業の「海」は、一言で述べると「人工的な感覚」の海です。
 高機能・メカニックという香りをかなり強く感じたものです。
 同じ曲でも「ひそやかさ」を強く感じさせた内面的な海の習志野とはかなり目指している方向の違いを
 感じたのも事実です。

 「海」の中間部で一旦静寂となってオーボエが美しい旋律を奏でているバックで
 打楽器奏者の何人かが、
 手にコントラバスの弓を持ち、グロッケンの横部をこするように上下になぞり
 弦楽器の高音部分をこうした方法で代用していた「荒業」にも当時度胆を抜かれたものです・・・
 何か共鳴管をコーンと鳴らすと隣の共鳴管がウワーーンという音を立てるような
 感覚の音でした。
 試みとしては面白い表現でしたけど、
 これも何か「人工的・作為的」についつい聴こえてしまうのですよね・・・

 でも全体的には大変高度な仕上がりであり、惜しい銀賞の一つだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1407-99d9e0bf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |