FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


過去に何度か書いたことがあるのですけど、
元々なぜ自分がこうしたブログを始めたかと言うと、
今となってはすごーく古い話になって誠に恐縮なのですけど、

〇1981年・東北大会 大曲高校 三善晃/交響三章第二楽章

〇1982年・東北大会 花輪高校 ウォルトン/交響曲第一番終楽章

〇1982年/全国大会 仁賀保高校 矢代秋雄/交響曲

〇1982年/全国大会 就実高校 トゥリーナ/幻想舞曲集

などの名演を何か目に見える形で残しておきたい、伝えておきたいという思いから
始めたものでありまして、
ま、そうした意味では、このブログの「目的」はほぼ達成できたと思っていますので
あとは、気軽に綴っていきたいと思っています。
ま、何か最近は我ながら「プリキュア」の記事ばかりだな・・・と苦笑していますけど、
プリキュアだって恐らく「10周年」というキリの良いところで多分放送完了となると予想していますので、
これも何か目に見える形で残しておきたいという気持ちもありますけどね。


〇就実高校

 D/コッペリア

 これまで何度もこの学校の80年の「ル・シッド」、82年の「幻想舞曲集」の素晴らしい演奏を
 書いてきましたけど、
 私が高校卒業後に上京し(ま、厳密には埼玉ですけど・・・)
 最初に全国大会を聴きに行った年と翌年は
 残念ながら就実は、支部大会どまりで全国には進めず
 結果的に私が就実の演奏を初めて聴いたのとはこの年という事になります。
 就実は、コンクールの場では学校の制服を着用しているのですが、
 なぜかこの年は、アンサンブルコンテスト時に着用しているチェック柄のユニフォームでしたので
 何か妙に印象に残っています。
 
 演奏の印象というと、
 うーーーん、微妙だな・・・
 一言で言うと、「薄い響きで、サウンドがすごーく柔らかい」という感じです。
 良く言うと「優雅な演奏」
 悪く言うと「覇気に欠ける演奏」という感じかな・・・・
 音が何か妙にフワフワしていて、
 この当時放映されていたフジテレビの「夕焼けニャンニャン」に出てくる女子高生みたいな
 何か「お菓子系」みたいな演奏だったと思います。
 うーーん、何が原因かな・・・
 ビートが決まっていないというか、リズム感がカチッと決まっていないから
 何か全体が締まらないという感じがありました。

 ま、3年ぶりの出場ということで、
 メンバーにとっては初出場みたいな感じもありましたし、
 これまでの「伝統・実績」といった重圧に少し負けてしまったのかな・・・??

 これはこれで悪くは無い演奏だったと思いますし、
 違う表情の就実も見れて、その意味では良かったと思います。
 翌年の「ルーマニア狂詩曲第一番」は一転して攻める演奏になったのは
 中々興味深いですね。
 就実は、この後、86~88年・90年・95年と村松先生の指揮で全国に出ていますけど
 18番の「スペイン音楽」は90年の「セビリア交響曲」だけというのは
 少し寂しかったですね・・・
 何か、自分としては、就実=村松先生=スペインというイメージが濃厚でしたからね・・・
 でも95年の「キューバ序曲」は、このチームの無限の可能性を感じさせる素晴らしい演奏だったと
 思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1406-bd4a074e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |