FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報では、日曜に比べてそれほど暑くはならないと言っていたような気がしましたが、
何の事は無い・・・
相変わらず暑くて外に出るだけでテンションが下がる感じです・・・・

でもそんな中、うちの奥様は、普段家の中にいる時は
「暑いのは嫌い!!」とか言って駄々をこねるくせに、こうした買い物時になるととたんに元気になったりします・・
まさにお子ちゃまですね・・・(苦笑)





本日のうちの奥様とのお買い物時に
彼女が「これを一度使ってみたい、買って、買ってー!!」と駄々をこねたのは
ボールドの「ジェルボール」という柔軟剤入り洗剤なのでしたけど、
これって確かに一見すると「洗剤」には見えませんよね。
メーカーの宣伝文句として「第三の洗剤」と謳われていますが、
確かに第一を固形、第二を液体というならば、
これは確かに「第三の洗剤」というのは妥当性があると思いました。


CIMG7298_convert_20140729231312.jpg


中を見た印象としては、
ビニールに包まれたゼリーとか羊羹、またはスーパーボールみたいな感じもしました。
最近ニュースで、この商品を見て、小さいお子さんが、これを食べ物または玩具として認識し
うっかり口に入れてしまったという事故がかなりの件数報告されたとのことですが、
何となくそれは理解できる気がしますね。
ホント、見た目が綺麗だから、確かに口にしてみたくなる気持ちも非常によく分かりますね。

これって、薄いビニール膜に包まれた中に柔軟剤入り洗剤が入っているのですけど
洗濯時には、別にこのビニール膜を破る必要はないとのことです。
洗濯漕の一番下にビニール膜ごと置いておけば、洗濯時にこの薄い膜は自然に流失するとのことです。

実際に先ほどこれを使って洗濯をしてみたのですけど
香りも仕上がりも良く、
洗濯時に計量をする必要も無く、ただ開始時にこの包みを一個置くだけですから
確かに便利ですよね。
何よりも遊び心が感じられますし、見た目が非常に綺麗なので何か面白いものがあります。

やはりメーカーも色々とアイディアを絞って商品開発をするものなのですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これの洗剤版(青い)を
興味本位で買ってみようかと思ったのですが、
これ、考えてみたら量の調節が出来ないのですよね。
一人暮らし=洗濯物の絶対量が少ない身としては
「無駄かなぁ」
と、見送る事にした次第です。

面白いけど・・・

けうけう 様

コメントありがとうございます。
確かにこれは商品としては見た目が綺麗だし面白いものがあるけど、
機能的には普通の洗剤+柔軟剤で、量のコントロールが出来ないのが
少し玉にキズですね・・
ま、自分も一回買えば「次回はいいや・・・」という感じですね。

こんばんは、
子どもが誤飲してしまう事故があったとニュースで言っていましたね。

確かに色も綺麗だし可愛らしいので使ってみたいのですが、量はどうやって調整するんだろう?いや、きっと出来ないんだろうな?なんて考えている間に買いそびれておりました。
でも、この記事を読ませて頂いて、やはり一度使ってみたいな~、と思いましたので、近々買ってみます。

見た目は綺麗ですけどね。

メグ 様

そうですね、確かに見た目は綺麗で何か可愛いのですよね。
欠点は、確かに量を調整できない事とこれを見たら多分小さいお子さんたちは
いたずらをしそうという所ですね。
子供さんの手の届かない場所への保管は必須ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1405-eb778e93
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |