FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉では、毎週六時半から「フレッシュプリキュア」が再放送されています。
生で見ることは不可能ですので、録画をする事が多いのですが、
間もなく、イースがキュアパッションとして生まれ変わる週が近づいていて
とても楽しみです。

プリキュアシリーズは、本当に名場面の回が非常に多いのですが、
特に大好きな名シーンを三つあげると、

1.初代プリキュア(無印)第8話
 なぎさとほのかの感情的ズレから熱い友情が始まる回
 この回も勿論良いのですが、その伏せんとなる場面が6~7話で盛込まれ
 かなり綿密に計算されている印象があります。
 それにしても、この回は本当に名シーン
 個人的には、全てのプリキュアの原点は、初代プリキュア第8話につながると
 思っています。

2.yes!プリキュア5 第24話
 メンバー間の喧嘩と各人が有する「心の弱み」からの告発によって
 5人が分裂してしまう話。
 それを敵組織につけこまれてしまうものの
 のぞみの強い意志によって再度メンバーの結束を取戻し
 より強い絆が生まれる回。
 メンバー全員の手つなぎシーンは、シリーズ全体の頂点に立つものと
 思えるくらい泣ける場面です。

3.フレッシュプリキュア 第23話
 イースがキュアパッションとして蘇るシーン
 ラブとイースの決闘には熱いものが感じられます。
 泣きながら戦うラブが印象的

プリキュアシリーズの中で、イースからパッションに生まれ変わったように
敵方幹部からプリキュアに生まれ変わったものとして、他にもスイートの
キュアビートの例があると思います。
だけど、あまり目立ってはいませんけど
イースよりはるか前に敵方幹部からプリキュア(に近いもの)に転身した例も
あります。

それが二代目プリキュア(スプラッシュスター)の満と薫です。

スプラッシュスターは、当初2年続く事を前提に構想されたと思われますが、
二年目に突入した際に、元々は、満がキュアブライトに 薫がキュアウィンディーに
なったと予想されます。
だけど諸々の事情から1年でシリーズとしては終わることなり
苦労の末、ブルーム→ブライト イーグレット→ウィンディーへの変身という苦肉の策を
思いついたと思われます。

自分としては、満は結構好きなキャラクターでしたので、是非キュアブライトとしての
活躍は見たかったのですけどね・・・

満と薫はその意味では不遇のキャラクターなのかもしれません。

でも自分としては、スプラッシュスターは大好きなシリーズです。

前作がかなり過激という事もありましたけど、それに比べて大分戦闘シーンはマイルドになり
自然描写が優しくなり、登場人物も普通の中学生らしい素直で伸び伸びとした感じが
よく表現されていました。

スプラッシュスターと言えば、忘れてはいけないのが敵方マヌケ幹部です。

初代の敵幹部は、ウラガノスを別とすると比較的マヌケ要素が少なく、ガチで勝負を
仕掛けてくるパターンが多かったのですが、
二代目になると、敵方幹部もまぬけ要素が増えてきて、天然系の幹部が多く
とても楽しいです。(特にミズシタターレ)
オールスター第二作で、スプラッシュスターから敵幹部が4人も選出されたのは
本当にうなずけます。

でもプリキュアシリーズで、最大のマヌケ幹部は、「ウェスター」でしょうね。

彼のアホっ振りには本当に乾杯!!と言いたいところですね。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/14-1de83626
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |