FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


本日の埼玉も猛烈に暑かったですね・・・
午前中から昼過ぎまではずーーっと外にいたので
結構この暑さは堪えました・・
急に暑くなったから、体がまだ全て「本格的な暑さ」に慣れていないための
体内のズレみたいなものがあるのかもしれませんよね・・・

だけどこうして夏が近づくと
既に自分が出場する訳でもないのに
「さー、夏だ!! 吹奏楽コンクールの季節だ!!! 」と妙に気持ちだけは張り切ってしまう自分自身が
いたりもします・・・

だけど、私自身も中学から大学まで何度も「吹奏楽コンクール」に出場しましたけど
後から振り返ってみると
みな「いい思い出」です・・・
確かにコンクールにむけての練習の過程では、
「あーあ、もー、やってらんない・・・」
「どうせ頑張ったって東北大会(都大会)には行けないのだから・・」
「なんだよー、あの指揮者、無茶な要求ばかりしやがって・・」
「自由曲のクラリネットパートのスコアは何なんだ・・・・16分音符ばかりで、しかもハイトーンの
連続じゃん・・・こんな難解な曲出来る訳ないでしょ・・・」
みたいな愚痴と怨念(?)の連続みたいな感じもなくはなかったけど、
終わってみると
「あー、あの時は頑張ったな・・・」という「爽快感ある思いで」の方が印象が強いです。

これから地区予選、そして県大会と大会が続くわけですけど
どうか演奏者、指揮者、OB父兄等関係者の皆様は、皆さん全員頑張って欲しいものです。

だけど、「音楽」は生き物ですから
コンクールみたいな「本番」では上手くいく時もありますし、練習の成果を発揮できず不本意な感じで
終わる場合だってあります。

だけど「結果」のみにこだわらず
コンクールの練習期間中という短い間ですけど、
課題曲と自由曲というわずか2曲にここまで長い期間深く掘り下げて「音楽」に真剣に
向き合える時間と言うのも
中々ありそうでないもの・・・
だからこそ、練習中も決して気を抜かず
そして本番では、普段の練習の成果を自然体で発揮して頂きたいと思います。




本日の「朝日新聞」の埼玉版に
吹奏楽コンクールの特集記事が掲載されていました。

そういえば「全日本吹奏楽コンクール」の主催は吹連と朝日新聞社でしたね・・・


CIMG7271_convert_20140725231507.jpg


女優の「常盤貴子さん」も昔は吹奏楽部に所属されていたのですね・・・

知らなかった・・・

しかもこの方は、上甲子園中学校といって、常盤さんが在籍されていた頃は
関西大会では吹奏楽の名門チームの一つでありましたから、
さぞかし相当厳しい練習の日々を過ごされていたのでしょうね。
インタビュー記事にももそうした事が出ていました。
中々興味深い話ですね。
常盤さんのインタビュー記事の中で
ウェルディーの歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲がずっとあこがれの曲だったとありますが、
考えてみると、この曲を自由曲に上甲子園中は1981年に全国大会で金賞を受賞していましたね。

CIMG7272_convert_20140725231536.jpg

でもこうした暑い日々の中
「音楽」に集中的に向き合う事が出来るのは、長い人生においても滅多にない事でありますから
是非生徒さん達は、
これをきっかけに生涯「音楽」を何か少しでも今後「心の糧」として
触れ合って頂きたいと思いますね。

別にコンクールだけが「音楽」ではありませんし、
コンクールは勝ち負けだけではない「何か素晴らしいもの」が必ずありますから・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

コンクールの季節ですね。毎年、夏になると吹奏楽の響きが懐かしくなります。やり切った感が大事ですね。

常盤貴子さんのお話は初めて知りました。シチリア島の夕べの祈りや運命の力など周りでは結構演奏されていたように思います。私はヴェルディには縁がありませんでしたが、演奏したら楽しそうですね。

吹奏楽コンクール

sankichi1689 様

コメントありがとうございます。

そうですね、私も常盤貴子がかつて吹奏楽部に所属し、普門館を目指していたなんてのは
初めて知りましたし何か意外な感じもしたものです。
最近のコンクールは、既に「運命の力」序曲等ヴェルディー自体あまり演奏されなくなりつつあり、
何か時代の流行の波を感じますね・・
運命の力というと、やはり1977年の今津中のウルトラ名演なのかな・・・?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1397-4673cdc0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |